インスリンポンプ情報ファイル
「インスリンポンプ療法」(CSII)は、携帯型インスリン注入ポンプを用いて、インスリンを皮下に持続的に注入する治療法です。従来のインスリン療法で血糖コントロールが難しかったり、血糖コントロールをよりよくしたい場合、あるいは生活の自由度を高めたい場合などに有効と考えられています。平成20年度の診療報酬改定で関連する点数が改定され、ポンプの貸与システムも普及しつつあり、現在、改めてその存在が注目されるところです。しかし、米国をはじめ、諸外国では、糖尿病のインスリン療法の選択肢の1つとして広く認知されていますが、日本においては、まだ認知度は低く、普及率も低いのが現状です。ここでは、インスリンポンプ療法に関する国内外の情報を集め、ご紹介いたします。
(2016年12月 更新)
インスリンポンプ療法 体験談 体験者の声Part2
インスリンポンプ療法
体験者の声 Part1
海外情報

情報が豊富な ADA(アメリカ糖尿病学会)の情報を中心に紹介。

■製品に関する情報
■生活全般に関する情報
インスリンポンプに関する主な研究論文
資料・関連書籍
■資 料
■関連書籍
談話室/BBS掲示板

糖尿病ネットワークの「談話室」では、インスリンポンプに関する多くのスレッドが立てられ、活発に情報交換が行われています。投稿はもちろん、過去の書き込みを閲覧・検索することも可能です。

(2009年9月公開)