糖尿病治療研究会の目的と活動

2017年2月 更新

 本会は糖尿病の治療に関する理論と実際について、基礎並びに臨床の双方から追求し、得られた成績を基に、正しい糖尿病治療の確立とその普及をはかることを目的とする。

主な活動

医療スタッフのための「糖尿病情報BOX&Net.」監修・企画協力

2004年7月創刊
医療スタッフ向け/年4回発行
企画・編集・発行:糖尿病ネットワーク
提供:株式会社三和化学研究所

詳しくはこちら ▶

医療スタッフ向け糖尿病医療情報サイト「糖尿病リソースガイド」の提供

2009年9月開設
提供
糖尿病治療研究会
公益財団法人 日本糖尿病財団
日本医療・健康情報研究所

詳しくはこちら ▶

「インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表」の監修

2009年9月開設
提供
糖尿病治療研究会
公益財団法人 日本糖尿病財団
日本医療・健康情報研究所

詳しくはこちら ▶

教育動画資材「糖尿病 3分間ラーニング」の監修

2014年3月開設
提供:糖尿病ネットワーク編集部
制作・著作:株式会社創新社
監修:糖尿病治療研究会
協力:Insulin for Life

詳しくはこちら ▶

糖尿病合併症最前線 「SEASONAL Post」 監修・企画協力

2009年8月創刊
医師向け/年4回発行
企画・編集・発行:糖尿病ネットワーク
提供:科研製薬株式会社
※2015年『DCT』として改題

糖尿病合併症の情報誌 「DCT(Diabetic Complication Topics)」 監修・企画協力

2016年2月創刊
医師向け/年2回発行
企画・編集・発行:糖尿病ネットワーク
提供:科研製薬株式会社

詳しくはこちら ▶

10月8日は、「糖をはかる日」 主催

10月8日を「糖をはかる日」と制定し、「血糖をはかる、知る、コントロールする。」をテーマに、年間をとおして啓発活動を行う。

10月8日は、「糖をはかる日」公式サイト ▶

糖尿病治療研究会の開催

第1回
昭和55年11月22日、世話人:池田 義雄、慈恵医大 高木会館
第2回
昭和56年11月14日、世話人:平田 幸正、東京女子医大 講堂
第3回
昭和57年11月27日、世話人:皆川 彰、日本医科大学 第1臨床講堂
第4回
昭和58年11月26日、世話人:北村 信一、慈恵医大 高木会館
第5回
昭和59年11月24・25日、世話人:金澤 康徳、山之内ホール
ジョイントシンポジウム「糖尿病のマネージメント1984」 世話人:池田 義雄
第6回
昭和60年11月16日、世話人:鈴木 裕也、山之内ホール
第7回
昭和61年11月22日、世話人:阿部 祐五、山之内ホール
第8回
昭和62年11月28日、世話人:佐藤 祐造、山之内ホール
ジョイントシンポジウム「CSII療法1987」
第9回
昭和63年10月21日、世話人:藤井 暁、山之内ホール
ジョイントシンポジウム「経口剤療法1988」
第10回
平成元年12月9日、世話人:浅野 喬、日比谷・プレスセンターホール

糖尿病市民フォーラム開催

共催:アボットジャパン株式会社(旧ダイナボット株式会社)、近畿臨床衛生検査技師会
開催地:神戸市、大阪市

出版活動

昭和58年 「糖尿病運動療法のてびき」
昭和59年 「プラクティス」創刊
昭和63年 「糖尿病の運動療法ガイド」
平成2年 「糖尿病インスリン療法のてびき」
平成13年 新版「糖尿病運動療法のてびき」

医療スタッフのための糖尿病セミナー「We are up for self-care」

共催:アボット ジャパン株式会社

2014年度報告

 2014年度の医療スタッフのための糖尿病セミナーは、「 糖尿病患者の腎臓(キドニイ)をまもる」をテーマに、10月10日(金)、大阪・ブリーゼプラザ ホール&カンファレンスで開催いたしました。

「We are up for self-care」開催一覧

開催年度 開催地 テーマ【演題】 演者1 演者2 座長1 座長2 パネリスト
2014年 大阪 「糖尿病患者の腎臓(キドニイ)をまもる」 柴垣有吾 先生 守屋達美 先生 絵本正憲 先生 難波光義 先生  
2013年 高崎 「糖尿病患者のハートをまもる」 山田 悟 先生 島田 和典 先生 伴野 祥一 先生 阪本 要一 先生 ご挨拶:
小林 功 先生
静岡 清水 一紀 先生 野出 孝一 先生 脇 昌子 先生 佐藤 祐造 先生  
2012年 徳島 「HbA1cの新しい見方と診療報酬を踏まえたチーム医療の推進」 難波 光義 先生 清水一紀 先生 松久 宗英 先生 鶴尾 美穂 先生 ご挨拶:
島 健二 先生
新潟 岩本 安彦 先生 田中 逸 先生 河盛 隆造 先生 八幡 和明 先生  
2011年 福岡 「スポーツアクティビティと糖尿病の運動指導」 勝川 史憲 先生 陣内 秀昭 先生 岩瀬 正典 先生 布井 清秀 先生  
仙台 後藤 尚 先生 佐藤 譲 先生 石垣 泰典 先生  
2010年 横浜 「糖尿病の新しい診断基準と
その療養指導への活かし方」
渥美 義仁 先生 田中 逸 先生 佐藤 祐造 先生 山川 正 先生  
神戸 伊藤 千賀子 先生 難波 光義 先生 横野 浩一 先生 岩瀬 正典 先生  
2009年 東京 「糖尿病の薬物療法と
血糖モニター技術の最新情報」
田中 逸 先生 長坂 昌一郎 先生 池田 義雄 先生 難波 光義 先生  
札幌 清水 一紀 先生 川村 智行 先生 吉岡 成人 先生 森川 秋月 先生  
2008年 東京 「糖尿病の大血管障害と療養指導」
− 脂質異常症とフットケア −
及川 眞一 先生 渥美 義仁 先生 難波 光義 先生 河盛 隆造 先生  
名古屋 住田 安弘子 先生 河野 茂夫 先生 中村 二郎 先生 佐藤 祐造 先生  
2007年 東京 「糖尿病における高血圧の管理」
−基礎データから患者ケアまで−
森 豊 先生 渥美 義仁 先生 難波 光義 先生 河盛 隆造 先生 蒲池 桂子 先生
松山 住田 安弘子 先生 河野 茂夫 先生 中村 二郎 先生 佐藤 祐造 先生 清水 一紀 先生
2006年 東京 「SMBG・健保適用20周年、研究開始から30年」−流れと展望、変化への対応と指導の実際− 武田 倬 先生 足立 きぬゑ 先生 岩本 安彦 先生 佐藤 祐造 先生  
大阪 布井 清秀 先生 杉田 和枝 先生 難波 光義 先生 佐藤 利彦 先生  
2005年 東京 栄養管理の仕方とNSTの役割 幣 憲一郎 先生 船江 修 先生 富永 真琴 先生 河盛 隆造 先生  
広島 久保 敬二 先生 金澤 康徳 先生  
2004年 東京 血糖自己測定が支える
最新のインスリン療法
富永 真琴 先生 吉岡 成人 先生 岩本 安彦 先生 佐藤 祐造 先生  
福岡 難波 光義 先生 浅野 喬 先生 岩瀬 正典 先生  
2003年 東京 2型糖尿病患者の運動療法
− 運動効果のメカニズムと実践的指導法 −
佐藤 祐造 先生 石井 伴房 先生 浅野 喬 先生 河盛 隆造 先生  
2002年 東京 肥満と2型糖尿病の遺伝と治療 吉田 俊秀 先生 岩本 安彦 先生 金澤 康徳 先生 河盛 隆造 先生  
2001年 東京 エビデンスに基づいた糖尿病コントロール− 体重、血糖を中心に − 森 豊 先生 岩本 安彦 先生 池田 義雄 先生 阿部 隆三 先生  
大阪 難波 光義 先生 岸川 秀樹 先生 藤井 暁 先生 河盛 隆造 先生  

   :当研究会幹事、オーガナイザー:池田 義雄 先生