糖尿病患者さんの指導の実際 トップページへ メールマガジン無料登録
運動処方:どんな運動を、どれくらい(1)
 糖尿病患者さん(以下、患者さん)の運動療法を安全かつ効果的に指導していくためには、本連載第2回で述べたメディカルチェックを実施し、患者さんの状態を十分に把握し、その結果を踏まえた運動を処方します。

運動処方の内容は主に、
①運動の種類・生活活動(どんな運動が良いか)
②運動強度(どれくらいの強さでするのか)
③継続時間(何分間続けるのか)と実施頻度(週何回するのが良いか)
④実施時間帯(いつ行うのが良いか)
の4点から構成されます。

 運動処方に基づいて患者さんは運動を実施していきますが、運動を実施する際には、低血糖の防止対策などをはじめ、安全に運動を行うための様々な注意点があり、事前の十分な指導が必要です。
 そこで、連載第3回では「糖尿病治療のための具体的な運動処方の内容」と、「運動を実施する際の注意点」について触れていきます。

■糖尿病治療のための運動処方
①運動の種類・生活活動(どんな運動が良いか) 
 糖尿病の運動療法では、運動不足をいかに解消するかということが、指導の基本となります。運動の種類として、有酸素運動とレジスタンス運動(筋力トレーニング)が挙げられ、いずれも2型糖尿病の血糖コントロール状態を改善させますので、両方の運動を併わせて行うことが効果的です。

●有酸素運動
 有酸素運動は、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水中ウォーキングなど大きな筋肉群をリズミカルに収縮させ、一定時間持続する全身運動を指します。
気軽に実践できる有酸素運動は、歩くことです。安静にしている状態より多くのエネルギーを消費するすべての動きを「身体活動」といい、「運動」(体力の維持と向上を目的に計画的・意図的に実施するもの)と「生活活動」(身体活動のうち運動以外のもの)との2つに分けられます。
 通勤や買い物など日常生活で歩けば「生活活動」になり、健康増進を目的として歩く場合は「運動」になります。運動習慣のない患者さんでは、まずは、日常生活で歩く時間を増やすよう指導しましょう。
ウォーキング

●レジスタンス運動(筋力トレーニング)
 レジスタンス運動は、ダンベルやチューブ、自分の体重などの負荷をかけた筋力トレーニングで、筋肉に抵抗をかけることによって、筋力の向上などを目的として行う運動のことです。運動中は、息を止めずに主要な筋肉群を動かすトレーニングを行います。ただし、強い負荷をかけた場合には、急激な血圧の上昇を招く恐れがあるため、注意が必要です。
チューブ運動

 有酸素運動とレジスタンス運動は、以下に示すようにそれぞれ異なった効果が現れるので、組み合わせて行うよう指導しましょう。
運動の効果の比較
代謝・生理面筋肉のエネルギー源
有酸素運動 ・有酸素運動能(心肺機能や持久力など)の向上
・インスリン感受性の改善
・脂質代謝の改善
・糖質(グルコース、グリコーゲン)
・脂質(遊離脂肪酸)
レジスタンス
運動
・筋力、筋量の増加
・基礎代謝の増加
・血圧上昇
※高血圧のある人は症状を悪化させるため注意
・糖質(グルコース、グリコーゲン)
※無酸素運動の場合

●NEAT (ニート)
 また、近年ではNEAT (ニート)を増やすことも勧められています。NEATとは、「Non Exercise Activity Thermogenesis」の頭文字を取った略語で、運動ではない日常生活で消費するエネルギーのことを指します。
 運動をしていない時でも、基礎代謝や日常生活の身体活動でエネルギーを消費しています。日常生活で体をこまめに動かし、NEATが増えると基礎代謝が増える傾向があり、運動をしていない時でもエネルギーを消費しやすい体になります。
 日常生活での立つ、歩く、家事をする、子どもと遊ぶといった軽めの動作でも、頻度を増やすことで、1日の消費エネルギーを増やせます。電車では座らずに立つ、テレビのリモコンは手元に置かず立って取りに行くなど、NEATを増やすための指導をしましょう。

2012年08月 

Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
運動療法情報ファイル