資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
中高年の3割が糖尿病有病者か予備群 2005年国民健康・栄養調査 (1)
2007年05月16日

 厚生労働省は「2005年国民健康・栄養調査」(2006年速報を含む)を公表した。

 糖尿病について、2006年調査では1,989人のデータから、該当する人の推計値を出した。2006年調査では、40歳から74歳の中高年男性の32.2%、女性の31.5%が糖尿病有病者か予備群と推定した。

 糖尿病有病者と予備群をあわせた割合は2004年調査では男性 31.9%、女性 27.7%、2005年調査では男性 32.6%、女性 27.5%だった。年を経るごとに増加している。

糖尿病予備群・有病者の状況(40歳以上) *2006年


糖尿病予備群・有病者の判定

 国民健康・栄養調査の血液検査では、空腹時採血が困難なので、糖尿病の診断基準項目である空腹時血糖値およびHbA1cによる判定は行わなかった。判定は以下の通りに行った。

糖尿病有病者
 HbA1c6.1%以上の者、またはインスリン注射または血糖を下げる薬を服用している者。
※有病者のうち服薬者とは、インスリン注射または血糖を下げる薬を服用している者とし、総数に占める比率を示した。

糖尿病予備群
 HbA1c5.5%以上6.1%未満の者。ただしインスリン使用・血糖を下げる薬の服用者を除く。

肥満の増加がとまらない
 男性のすべての年齢階級で、肥満者の割合が20年前(1985年)、10年前(1995年)と比べて増加しており、40歳代が34.1%と最も高い。女性では、40歳代から60歳代で肥満者の割合が20年前、10年前と比べて減少したが、若い世代で低体重(やせ)が増加した。20〜30歳代の女性の22.6%がやせ。
肥満者(BMI 25以上)の割合(20歳以上)


メタボは中高年男性の2人に1人、女性の5人に1人
 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)について、2005年調査では2,575人、06年調査では2,792人のデータから、該当する人の推計値を出した。

 40歳から74歳の中高年男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームの該当者か予備群であることがわかった。厚労省は、男女合わせて40歳から74歳の該当者は約920万人、予備群は約980万人と推定している。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の状況(20歳以上)



男性
メタボリックシンドロームの予備群と考えられる者 (腹囲85cm以上+項目1つ該当)
メタボリックシンドロームが強く疑われる者 (腹囲85cm以上+項目2つ以上該当)

女性
メタボリックシンドロームの予備群と考えられる者 (腹囲90cm以上+項目1つ該当)
メタボリックシンドロームが強く疑われる者 (腹囲90cm以上+項目2つ以上該当)

 参考として公表した平成18年の速報値でも、中高年の該当者と予備群の合計は男性51.4%、女性20.3%で同様だった。

●平成17年国民健康・栄養調査(厚生労働省) 概要 | 報告書

関連情報
子供の肥満とやせが増加 2005年国民健康・栄養調査 (2)

[ Terahata ]

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018「少食」
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!