資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病性腎症による透析患者が8万人に増加
2008年02月05日
カテゴリー:2008年 糖尿病合併症  

 日本透析医学会が毎年実施している統計調査「わが国の慢性透析療法の現況」によると、2006年12月31日現在の国内の透析人口は26万4,473人で、前年度より6,708人増加し、糖尿病性腎症による透析患者ははじめて8万人を超えた。

 1年間に新たに透析を始めた患者数は3万6,373人で、原疾患をみると、糖尿病性腎症がもっとも多く1万4,968人で、全体の42.9%を占める。第2位は慢性糸球体腎炎で8,914人(25.6%)。糖尿病性腎症により透析を始めた人の割合は、調査が始まった1983年より一環して増え続けている。

透析導入患者における原疾患の推移 日本透析医学会「わが国の慢性透析療法の現況(2006年12月31日現在)」より

 また、新規導入だけでなく透析人口全体でみた場合は、慢性糸球体腎炎が10万5,241(42.2%)と1位を占めるが、2005年より1.4%減少した。一方で糖尿病性腎症は8万543人(32.3%)で2005年より0.9%増加し、ほぼ全体の3分の1になった。糖尿病性腎症の比率が毎年増えており、近い将来に同比率になるおそれがある。

 透析人口全体の平均年齢は高齢化している。全体の平均は64.4歳で2005年より0.5歳増加した。腎硬化症は72.7歳で、糖尿病性腎症は65.4歳。

日本透析医学会 - 図説 わが国の慢性透析療法の現況

関連情報
糖尿病性腎症と予防や治療法について下記で詳しく解説している。
糖尿病による腎臓の病気(糖尿病セミナー)

[ Terahata ]
カテゴリー :2008年  糖尿病合併症    

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!