資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病の自己管理や学習ができるゲーム機用ソフト
2008年10月01日
カテゴリー:2008年 

 糖尿病の治療は、正しい知識に基づき自己管理をすることが重要だが、知識を身に付けることや血糖値や食事などの自己管理は、患者にとって大きな負担となる。医師や看護師、管理栄養士などによる指導も容易でない場合がある。


からだサポート研究所 糖尿病編
 アークレイが発売した携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」用の糖尿病患者向けソフト「からだサポート研究所 糖尿病編」を使えば、糖尿病に対する理解が容易になるかもしれない。糖尿病に関する知識をゲーム感覚で学べ、日々の血糖値を記録・管理できる機能をもたせたソフトで、渥美義仁・東京都済生会糖尿病臨床研究センターセンター所長が監修した。

 ソフトには糖尿病の症状、合併症などについて学習できる「糖尿病教室」、クイズ形式で知識の習熟度を確かめられる「糖尿病検定」、料理のメニューやカロリーなど栄養成分を検索できる「料理メニュー辞典」を盛りこまれてある。毎日の血糖値、食事量、運動量、体重などを入力し、グラフなどで表示するデータ管理機能もある。

 販売価格は4,500円、利用するためにニンテンドーDS本体が必要となる。医薬品卸企業を通じて医療機関へ販売するほか、調剤薬局などで糖尿病患者向けに販売する。

 携帯ゲーム機は、川島隆太・東北大学加齢医学研究所教授が監修したソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」がヒット商品になったことをきっかけに、中高年の利用が増えているという。「ニンテンドーDS」本体の国内普及台数は2300万台。

アークレイ(株)

カテゴリー :2008年  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1998-2014 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!