資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病性腎症による透析患者が8万8000人に増加
2009年02月18日
カテゴリー:2009年 糖尿病合併症  

 日本透析医学会が毎年実施している統計調査「わが国の慢性透析療法の現況」によると、2007年12月31日現在、国内で透析療法を受けている患者数は27万5119人で、前年度より1万646人増加した。新たに透析療法を開始した患者(導入患者)の数は3万6,909人だった。
  • 透析療法を受けている患者のうち、透析を始める原因となった疾患(原疾患)が糖尿病性腎症である患者数は、全体の33.4%にあたる8万7835人(第2位)。第1位は慢性糸球体腎炎の40.4%、第2位は腎硬化症の3.8%。
     慢性糸球体腎炎は原疾患の1位ではあるが減少傾向にあり、2007年末では前年より1.8%減少した。一方、糖尿病性腎症は着実に増えており、2007年末は前年より1.1%増加した。

(社)日本透析医学会統計調査委員会「わが国の慢性透析療法の現況(2007年12月31日現在)」
  • 2007年の透析導入患者数は3万6,909人。原疾患の第1位は糖尿病性腎症で1万5750人(43.4%、前年より0.5%増)だった。第2位が慢性糸球体腎炎で8721人(24.0%)。腎硬化症は3631人(10.0%)だった。糖尿病性腎症と腎硬化症の割合が増加する傾向が続いており、慢性糸球体腎炎の割合は減少している。
     糖尿病性腎症による末期腎不全は、1998年に慢性糸球体腎炎と入れ替わって透析導入の原疾患の第1位になった。それ以来、糖尿病性腎症は一貫して増え続け、2007年には43.4%と半数近くを占めるようになった。一方で、慢性糸球体腎炎による導入患者数は年々減少し、2007年では24.0%となり、統計調査開始から最低の割合になった。

(社)日本透析医学会統計調査委員会「わが国の慢性透析療法の現況(2007年12月31日現在)」

関連情報
CKD(慢性腎臓病)は国民病 治療で進行を抑制

[ Terahata ]
カテゴリー :2009年  糖尿病合併症    

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!