資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
高カロリーのアイスコーヒー飲料に注意 英国で調査
2009年07月28日
カテゴリー:2009年 

 コーヒーショップで売られているアイスコーヒーの多くは一般に知られている以上に高カロリーであり、食事1回分に相当するカロリーが含まれる場合があるので注意が必要と、英国の世界がん研究基金(WCRF)が警告している。

 WCRFは英国内の大手コーヒーチェーンであるスターバックスやカフェ・ネロ、コスタ・コーヒーなどが販売しているアイスコーヒー飲料を対象に調査を実施した。英国人が健康的な体重を維持するために必要な1日当たりのエネルギー摂取量は男性が2500kcal、女性が約2000kcal程度。一方で、調査したアイスコーヒーのうち、もっとも高カロリーだったものは561kcalあり、450kcal以上のものも多く、ほとんどが200kcal以上あったという。

 温度が低いと甘味を感じにくくなるので、アイスコーヒーには多くの砂糖を入れ甘味を強くして飲むことが多い。コーヒー飲料そのもののカロリーは多くないが、砂糖や脂肪分を含むミルクを入れると高カロリーになる。販売されているアイスコーヒー飲料には、ホイップクリームやフレーバーシロップを入れ、さらに高カロリーになっているものがある。ホイップクリームを取り除くことで561kcalから288kcalに抑えられた例なども紹介している。

 WCRFはがん予防の観点から、まず「禁煙」を勧め、さらに「肥満の予防」を勧めている。BMI(体格指数)が18.5から25の適正体重を維持することが、がんを予防するうえで重要であり、英国成人の肥満や過体重を解消できれば年間およそ1万9000人のがんを予防できる可能性があるという。肥満は2型糖尿病や脂質異常、高血圧などにもつながる。

 WCRFのレイチェル・トンプソン博士は「こうした飲み物に含まれるカロリーが、女性の1日のエネルギー摂取量の4分の1以上に相当する場合があることを知っておいたほうがよい。コーヒー飲料を飲むときは、クリームや果糖シロップなどの糖質を少なくし、脱脂乳(スキムミルク)を利用するなど、甘くない低カロリーのものにしたほうがよいだろう」と述べている。

世界がん研究基金(WCRF)
  アイスコーヒーが1日のエネルギー摂取量の4分の1に相当(英文、リリース)
  1年に1万9000人のがんに過体重が関連している(英文、リリース)

関連情報
がん予防に肥満対策が必要 世界がん研究基金(日本生活習慣病予防協会)

[ Terahata ]
カテゴリー :2009年  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!