資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
低カロリーの食事で寿命が延び健康的に サルで実証研究
2009年07月28日
カテゴリー:2009年 

 低カロリーの食事をとり続けると、より健康的に生きられる可能性が高いという研究が発表された。

 低カロリー食と老化の減速は強い関連があり、低カロリー食で寿命が延び、より健康的に生きられる可能性があることが、米ウィスコンシン大学などの研究チームが、サルを対象に20年にわたり調べた研究で分かった。低カロリー食は老化を遅くし、がん、糖尿病、心疾患など加齢と関連の深い病気の進行を遅らせるという。この知見は、科学誌「Science」7月10日号に発表された。
カロリー制限で寿命が延び、脳の老化も防げる
 研究は、研究開始時点で成体(7〜14歳)だったアカゲザル76頭を対象に行われた。制限なく好きなだけ食べさせる群と、カロリーを30%減らした食餌を与える群に分け、その後の経過を観察した。1989年に開始された研究は20年に及んだ。飼育されているアカゲザルの寿命は27年ぐらいで、現在も生存しているのは33匹になった。

 自由に食餌をとった群で生存しているのは約半数で、37%(14匹)が糖尿病やがん、心疾患、脳萎縮など加齢と関連の深い病気で死んだ。一方、カロリーを制限した群では80%が生存しており、加齢に関連する病気で死んだのは13%(5匹)で、制限なしのグループの3分の1にとどまった。

カロリーを制限した食餌を与えたサル(左、27歳)と食べたいだけ食べたサル(右、29歳)
カロリー制限食をとったサルでは肥満が少なく、がん、糖尿病、心疾患、脳萎縮など加齢に関連した病気も減少した。

 米ウィスコンシン大学マディソン校医学部のRichard Weindruch教授は、「カロリー制限食により老化プロセス(aging process)を減速できることが霊長類で示された」と述べている。「低カロリー食が寿命が延ばし、歳をとったときの生活の質(quality of life)も向上する。加齢にともなう病気の発症や生存率の増加をみると、カロリーの制限が強い影響をもっていることは明白だ」としている。

 低カロリーの食餌をとり続けたサルでは、自由に食べ続けたサルに比べ、がんと心疾患の発症率が半分未満に減り、糖尿病や血糖の調節異常も発見されなかった。「カロリー制限は糖尿病の予防になっている」とWeindruch教授は話す。脳の健康状態も制限食を与えたサルでは良好で、脳萎縮や筋力低下が少なかった。サルの作業能力を実験したところ、カロリー制限をしたサルでは脳の領域が働く記憶が必要な作業や、問題の解決能力も比較的よく保存されていた。

 低カロリー食による寿命の延長は早くから着目されており、マウスを対象としたカロリー制限に関する研究は1930年代に始められている。研究者らは「霊長類の老化を遅らせることを明確に示せたのは大きい」として、「ヒトでも同様の効果を得られると予測している」としている。このサルを対象にした研究はさらに15年続けるという。

制限食がサルの老化や病気を減少する(英文、ウィスコンシン大学リリース)

[ Terahata ]
カテゴリー :2009年  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!