資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
メトホルミンは心血管疾患のリスク低下で有利
2011年05月01日

 糖尿病治療薬としてよく使用されるメトホルミンは、心血管疾患の死亡リスクにおいてSU薬に比べ有利であることが、メトホルミンやSU薬を服用する患者10万人強を対象とした約20年におよぶデンマークの研究で確かめられた。
 グリメピリド、グリベンクラミド、グリクラジド、トルブタミドといったスルホニル尿素薬(SU薬)は1950〜70年代以降、2型糖尿病の治療薬として広く利用されている。一方、メトホルミン(BG薬)も古くから使用されている薬剤で、HbA1c低下とともに肥満のある患者でインスリン抵抗性を改善するとことが確かめられており、肥満の多い米国や欧州では2型糖尿病の第一選択薬となっている。
糖尿病リソースガイド

 「糖尿病リソースガイド」は、糖尿病の薬剤、医療機器、療養指導に役立つ製品やサービスの情報を、医師や糖尿病医療に携わる医療スタッフ向けに公開している情報サイトです。

 3部構成で、第1部の「医薬品・医療機器・検査機器・試薬」のコーナーでは糖尿病治療薬を、新薬からジェネリック医薬品まで分類・紹介しています。各製品を薬価まで含め比較できるようになっており、より詳しく知りたい場合は添付文書も閲覧できます。さらに、医療機器や検査機器、試薬など、糖尿病治療に関わる全般的な情報を公開しています。

 第2部は「食事療法・運動療法・生活サポート」のコーナー。第3部の「関連情報・資料」のコーナーでは、糖尿病に関するさまざまな資料・情報にリンクしています。

[ Terahata ]
カテゴリー :2011年  糖尿病リソースガイド  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!