資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
透析患者数:導入患者は2年連続で減少 糖尿病腎症も減少に転じる
2011年07月05日
カテゴリー:2011年   糖尿病合併症 

 日本透析医学会が実施している統計調査「わが国の慢性透析療法の現況」(速報値)によると、2010年末までの時点で新たに透析治療を始めた患者は3万7532人で、前年に比べ34人減少した。糖尿病性腎症は原疾患の第1位だが、この数年は減少傾向が続いており、新規透析患者数は約1万6300人だった。
導入患者数は2年連続で減少
糖尿病性腎症が原疾患:全体の4割以上の1万6271人
 調査は日本透析医学会が全国の4226施設を対象に実施したもの(4125施設から回答)。それによると、新たに透析療法を始めた導入患者数は3万7532人で、2009年に続き2年連続で減少した。

 透析導入の原疾患の第1位は「糖尿病性腎症」(1万6271人、43.5%)で、前年度より1.0%減少した。糖尿病性腎症は1998年に原疾患の1位になり、その後も増加を続けていたが、この数年は増加が鈍ってきている。2008年末の調査ではじめて減少し、2009年は1.2%増加したが、今年はふたたび減少に転じた。

日本透析医学会「わが国の慢性透析療法の現況(2010年12月31日現在)」
 原疾患の2位以下は「慢性糸球体腎炎」(21.2%、0.7%減少)、「腎硬化症」(11.6%、0.9%増加)と続く。腎硬化症の割合は年々増加し、慢性糸球体腎炎は減少している。導入時の平均年齢は、糖尿病性腎症で66.1歳で前年より0.4歳増加した。全体でも0.5歳増加しており、高齢化の傾向があきらかになった。
透析患者数29万7126人 430人に1人が透析
 国内で透析療法を受けている慢性透析患者数は29万7126人で、前年度より6465人増加した。これを人口100万人当りに換算すると2320.3人になり、前年度より40.8人増加した。日本で430人に1人が透析治療を受けている計算になる。

 うち糖尿病が原因となり透析をしている患者は10万2788人にのぼる。透析治療を受けている患者のうち、原疾患が「糖尿病性腎症」である割合は35.8%で、前年度より0.7%上昇した。糖尿病性腎症が年々上昇している一方で、原疾患1位の「慢性糸球体腎炎」(36.2%)は減少傾向にあり、その差はわずか0.4%となった。

 日本透析医学会では「降圧薬など治療薬の普及や健診などでの検査が早期発見・治療につながっているとみられる。今後の継続調査によって変わる要素はあるにしても、導入患者の増加一辺倒の傾向に変化が出てきた」としている。透析患者の医療費は年間約500万円ともいわれ、このまま減少傾向が続けば医療費削減の効果も期待される。

 施設患者数の多い上位5都道府県は(1)東京都、(2)大阪府、(3)神奈川県、(4)愛知県、(5)埼玉県。上位9県では患者数が1万人を超えている。透析の治療形態は、昼間血液透析が82.5%で、前年度より0.3%増加した。夜間血液透析は14.1%で0.3%減少、在宅血液透析患者は0.1%だった。

(社)日本透析医学会 統計調査委員会
図説「わが国の慢性透析療法の現況(2010年12月31日現在)」

[ Terahata ]
カテゴリー :2011年      糖尿病合併症  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!