資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
成人の27%が糖尿病か予備群 4割は未治療 【国民健康・栄養調査】
2013年03月13日

 糖尿病が強く疑われる人や可能性を否定できない「予備群」が合わせて27.1%と推計され、成人の4人に1人以上が糖尿病かその予備群であることが、厚生労働省の「2011年国民健康・栄養調査報告」であきらかになった。

 調査は2011年国民生活基礎調査から無作為に抽出した全国の8,247人を対象に行われた。3,557人の血液検査結果などから全国民の健康を推計した。

 それによると、糖尿病が「強く疑われる人」は男性の15.7%、女性の7.6%、「予備群」は男性の17.3%、女性の15.4%に上る。合わせて男性の33.0%、女性の23.0%が糖尿病かその予備群であることが示された。

 糖尿病が強く疑われる人の治療状況について、「インスリン注射か血糖降下薬で治療を受けている」と回答した人の割合は男性 54.4%、女性 46.2%で増加しているが、「治療を受けたことがない」という人の割合も依然として高い。

 糖尿病を指摘されたことのある人の割合は、男性 15.7%、女性 8.6%。そのうち、糖尿病の治療を「受けている」と回答した人の割合は62.5%だった。

 一方、治療を「受けていない」という人は37.6%(男性 39.0%、女性 35.4%)に上る。特に50歳代では、半数以上の51.5%(男性55.3%、女性42.5%)が「治療を受けていない」と回答した。

平成23年国民健康・栄養調査報告(厚生労働省)
2013年4月5日訂正
[ Terahata ]
カテゴリー :2013年    糖尿病の検査  糖尿病の予防  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!