資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
世界の糖尿病人口は3億人超 日本は700万人で世界第9位
2013年04月25日
カテゴリー:2013年  

 世界の糖尿病人口は3億を超え、日本でも700万人を超えている。世界の糖尿病人口は2030年には5億1,000万人を超えると予測されている。
世界の糖尿病人口(2012年)
 国際糖尿病連合が昨年に発表した「Diabetes Atlas 2012 update」によると、成人(20〜79歳)における世界の糖尿病人口は2012年時点で約3億7,100万人とみられ、糖尿病有病率は約8.3%に上る。今後も増え続け、2030年には約5億5,200万人、約9.9%に達する。

 世界の糖尿病人口のランキングで、日本は第9位にランクインしている。日本の成人における糖尿病人口は約710万7,700人で、うち糖尿病の診断を受けていない人が351万1,200人と推定されている。患者1人当たりの糖尿病による経済的損失は、約32万円(3,266ドル)に相当する。

世界の成人の糖尿病人口(2012年と2030年の比較)
 世界の成人の糖尿病人口は中国、インド、米国の順で多く、2030年になっても上位3ヵ国の順位は変わらないと見込まれている。中でも中国とインドでは、2030年にはそれぞれ1億人を超えることが予測されている。米国や日本でも糖尿病の増加はとまらず、米国では2,900万人を超え、日本では1,000万人を超える。

Diabetes Atlas(国際糖尿病連合)

[ Terahata ]
カテゴリー :2013年    

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018「少食」
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!