資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
運動に薬物療法と同程度の効果 「もっと運動を」と研究者
2013年10月11日

 運動療法と薬物療法の効果を比べた研究が発表された。運動療法には、薬物療法に匹敵する効果があるという。「薬で治療をしている患者さんも、運動をしっかり続けるべきです」と研究者は指摘している。
運動には心臓病、脳卒中、糖尿病予防の効果がある
 運動療法と薬物療法の効果を比較して検討した研究が、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、ハーバード大学医学部、スタンフォード大学医学部の研究者らによって、英国医師会雑誌「BMJ」に発表された。

 「これまでに発表された研究の多くは、薬物療法が運動療法に対する優位に効果があることを示している。しかし、生活スタイルを改善がともなう運動療法の便益について、十分な検討はされてこなったのではないか」と、研究者は指摘している。

 研究チームは、冠動脈疾患の二次予防や、脳卒中、心疾患のリハビリテーション、糖尿病の予防と死亡リスクの関連について、305件のランダム化対照試験から、33万9,274の被験者のデータを対象に検討した。

 その結果、薬物療法と薬物療法の両方に、死亡リスクを減少する効果があることが分かったが、心臓病と糖尿病前症のある患者では、両者に差はなかった。

 スタチン、β遮断薬、抗血小板薬などで治療を受けている心疾患の患者では、運動を行っていた患者では、そうでない患者に比べ、死亡率が低下したことが示された。

 脳卒中の患者では、薬物療法は際立って効果的であることが示された。薬物療法のみを行っていた患者に比べ、運動療法が伴うと死亡率は大きく低下した。

 糖尿病前症の患者では、ビグアナイド薬で薬物療法を行った患者で死亡率は低下したが、運動療法も効果的であることが示された。全体に運動療法には、薬物療法に匹敵する効果があることが明らかになった。

 「運動には薬と同じくらい、心臓病、脳卒中、糖尿病の予防の効果があることが明らかになりました。運動にはさまざまな効果があります。血圧を下げ、善玉コレステロールを増やし、インスリン抵抗性を改善し血糖値を下げます」と、アラバマ大学のドナ アーネット教授は指摘する。

 ウォーキングのような中強度の有酸素運動を30〜45分、週に3回以上行えば、ほとんどの患者で効果があらわれるという。

 「運動を続けていれば、ストレス解消にも役立ちます。運動療法を安全に行うために、医師のアドバイスが必要なことはありますが、運動そのものは副作用はありませんし、費用もかかりません」(アーネット教授)。

次は...現代人は薬を使いすぎている 薬物偏重に警笛

[ Terahata ]
カテゴリー :2013年  医薬品/インスリン  運動療法  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
更新情報配信中!