資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
腎障害バイオマーカーL-FABPとAKI
2015年06月25日
カテゴリー:2015年 糖尿病合併症  

第79回 日本循環器学会 年次学術集会(ランチョンセミナー51より)

腎障害バイオマーカーL-FABPとAKI
 腎機能評価のデファクトスタンダードとして、血清クレアチニンが古くから用いられてきている。しかしGFRの低下と血清クレアチニン上昇にはタイムラグがあり、急性腎障害(AKI)ではこれが大きな問題となる。一方、2011年に保険収載された新規バイオマーカー「尿中L-FABP」は、AKIの早期診断やリスク評価のみならず、患者の予後予測にも有用との知見が蓄積されてきている。
 本セミナーでは、人口の高齢化に伴い増加が著しいAKIの管理における尿中L-FABPの可能性を、東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科/血液浄化療法部准教授の野入英世氏に講演いただいた。
循環器関連のAKI発生頻度は敗血症性AKIを上回る

 人口の高齢化に伴いAKI(急性腎障害)の増加が海外で報告されているが、国内での実態を示す疫学データは意外に少ない。そこで我々はDPCデータを用いて検討してみた。

 2011年の1年間に全国から収集されたDPCデータから、ICUに3日以上入室しCRRT(持続的腎代替療法)を施行された患者を抽出し、ICU入室前からの末期腎不全と、肝不全や膵炎による症例を除いたところ、6,478例が該当した。やや粗い手法ではあるが、CRRTを要する重症例に限っても国内で毎年この程度AKIが発生しており、臨床でよく遭遇する現象であることがわかる。

 予想外だったのはCRRT開始の原疾患である。ICUでCRRTを行うケースとしては敗血症が多いイメージがあるが、実際には循環器関連の入院が最も多かったのだ。しかも内科的治療の患者が多数を占めており、その死亡退院率も高率であった(図1)。

図1 DPCデータからみたAKI

2011年1年間のDPCデータから、ICUに3日以上入室しCRRT(持続的腎代替療法)を施行された患者は6,478例であり、循環関連の内科患者が最も多く、その死亡退院率は高かった。図中の赤字はその該当患者の死亡退院率を示す。

図1 DPCデータからみたAKI

〔Iwagami M,Noiri E,et al.J Crit Care 30(2):381-384,2015〕

血清クレアチニンによるAKI診療には限界がある

 このような転帰不良のAKIを、腎機能が顕著に低下する前に見出だし積極的介入につなげることが、バイオマーカーの使命だ。腎機能バイオマーカーのゴールドスタンダードは血清クレアチニンだが、不十分な点も多い。例えばeGFRが突然90mL/分から10mL/分に低下しその状態が7日間持続したと仮定すると、血清クレアチニンは第一病日から約1週間かけて1mg/dLから7mg/dL前後へとゆっくり上昇する。これではタイムリーな治療はできない。

 このような背景から、よりearlyなバイオマーカーの探索が続けられた結果、腎虚血に伴い尿中に発現するL型のfatty acid binding protein「L-FABP」が同定された。腎移植時の虚血時間と尿中L-FABPの相関をみた我々の検討では、両者はR 2 =0.9152と極めて密接に相関することが確認された。その後、ヒト型L-FABPのトラスジェニックマウスが開発され、我々を含め多くのデータが報告されているので、そのいくつかを紹介したい。

次は...L-FABPは軽度の組織障害であっても、極めて初期から検出可能

[ DM-NET ]
カテゴリー :2015年  糖尿病合併症    

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

いいね!記事ランキング
更新情報配信中!