資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
震災で発症が急増 エコノミークラス症候群を防ぐための6つの対策
2016年04月21日
カテゴリー:  糖尿病合併症 

 熊本県などで発生した一連の地震で、多くの人がエコノミークラス症候群とみられる症状で病院に搬送された。この病気は災害時でなくとも、健康だった人が突然に発症することがあるので注意が必要だ。
座って長時間を過ごす時には注意が必要
 長時間座ったまま過ごしたあと、歩きはじめたとたんに、急に呼吸困難やショックを起こし、ときには亡くなることもある――これが「エコノミークラス症候群」(深部静脈血栓症・肺塞栓症)と呼ばれる病気の典型的なケースだ。

 エコノミークラス症候群は、肺動脈が血栓によって閉塞することで引き起こされる。長時間狭い椅子に座ったままの状態を強いられると、足の血液の流れが悪くなり、静脈の中に血のかたまり(静脈血栓)ができやすくなる。この静脈血栓が歩行などをきっかけに足の血管から離れ、血液の流れに乗って肺に到着し肺の動脈を閉塞してしまう。

 エコノミークラス症候群と呼ばれるので「飛行機でのみ起こる症状」だと思われがちだが、実は飛行機だけではなく、車や列車などで座席に座って長時間を過ごす時や、オフィスでのデスクワーク、長時間の会議などでも起こると考えられている。

 糖尿病や高血圧、脂質異常症などのある人は、血糖や血圧のコントロールが不良であると血栓ができやすい。高齢者、肥満のある人、妊娠中や出産後まもない人、外傷や骨折の治療中の人、手術やカテーテルによる治療を受けた人でも発症リスクが上昇する。エコノミークラス症候群は適切な対策をすれば、100%近い確率で発症を防げる。
エコノミークラス症候群を防ぐための6つの対策
 血液は異物に触れると固まる性質がある。血管の内側は血管内皮という特殊な細胞で覆われており、血液が異物と接触するのを防いでいる。しかし、高血糖や高血圧などが原因で血管が傷つくと、血管内皮の膜が壊れ、血液が異物と接触して血栓ができやすくなる。

 また、足の筋肉は「第二のポンプ」といわれ、筋肉が収縮・弛緩を繰り返すことで足の血液の流れを促す。そのためウォーキングなどの運動をすれば血液の循環が良くなる。しかし座ったまま長時間を過ごし、体を動かさなかった場合は、足の血液の流れが滞り血栓ができやすくなる。

 エコノミークラス症候群の診断や治療に詳しい日本循環器学会によると、エコノミークラス症候群を予防するためにもっとも重要なのは、座ったまま過ごす時間が長引いたときには、立ち上がってウォーキングなどをして足の血行を良くすることだ。

 さらに、▽シートに長時間、座った姿勢で眠らない、▽ときどき足首の運動を行う、▽ふくらはぎのマッサージを行う、▽十分な水分を補給する、▽脱水を招くアルコールやコーヒーを控える――とった点に注意する必要がある。

 「運動などがままならない場合には、弾性ストッキングを適切な指導の下、使用することで予防効果は高まる。歩行時の息切れ、胸の痛み、一時的な意識消失、あるいは片側の足のむくみや痛みなどが出現した場合には、早めの医療機関の受診が勧められる」と、注意を呼びかけている。

 厚生労働省は、エコノミークラス症候群の予防のため「足の指でグーをつくる」「かかとを上下に動かす」といった運動や、水分補給をするよう被災者に呼び掛けており、ホームページにQ&Aなどの情報を公開している。

 つま先を地面に付け、かかとを上下に動かす、ひざを両手で抱え力を抜いて足首を回す、ふくらはぎを軽くもむ――といった軽い運動を意識して行うだけでも、エコノミークラス症候群の予防に効果的だ。

深部静脈血栓症/肺塞栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)の予防について(厚生労働省)
避難所における循環器疾患の予防のために注意すべきこと(日本循環器学会)
知って得するおはなし 血栓症ガイドブック(日本血栓止血学会)
[ Terahata ]
カテゴリー :    糖尿病合併症  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!