資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
世界ではじめての「人工膵臓」 最新の試験結果をEASDで発表 
2016年10月07日

第52回欧州糖尿病学会(EASD)
 インスリンを自動的に調整しながら投与する「人工膵臓」の最新の試験結果が第52回欧州糖尿病学会(EASD)で発表された。「人工膵臓」は1型糖尿病患者の血糖コントロールを改善し、ベースライン時に比較して血糖値変動がより少なく、低血糖と高血糖を抑制することが示された。
血糖コントロールが改善、低血糖は減少
自宅で操作できるのも利点のひとつ
 インスリンポンプ(CSII)と持続血糖測定(CGM)を組み合わせた「人工膵臓」として開発された「MiniMed 670G ハイブリッド クローズドループシステム」は、現時点では患者が食事時にインスリンのボーラス注入をする必要があり「ハイブリッド」と呼ばれている。

 第52回欧州糖尿病学会(EASD)で発表された試験では、平均年齢37.8歳、罹病歴21.7年の1型糖尿病患者124人が3ヵ月間、このクローズドループシステムを着用した。

 主要なアウトカムとなった重症の低血糖およびケトアシドーシスのエピソードは報告されなかった。2週間で5人の患者が低血糖を経験したが、原因はインスリンポンプの輸液セットの詰まりだった。

 人工膵臓の着用中にクローズドループのモードに切り替えたのは、全体の87.2%(中央値)の期間だった。結果としてHbA1c値の平均はベースラインの7.4%から6.9%に低下した。目標血糖値を維持できた時間は、ベースラインの66.7%から72.2%に改善した。インスリン投与量は47.5U/dから50.9U/dに増加し、体重は76.9kgから77.6kgへ増加した。

 「人工膵臓は従来の治療に比べ、より少ない血糖値変動を実現する。試験が行われたのは、現在の治療に使われているCSIIとCGMを組み合わせたシステムの改良型だが、より自動化されており自宅で操作でき、患者の負担を軽減できることが確かめられた」と、マサチューセッツ総合病院糖尿病研究センターのSteven J Russell氏は言う。

 ミネソタ州ミネアポリスの国際糖尿病センターのエクゼクティブ ディレクターであるRichard M Bergenstal氏は、「今後30年間で人工膵臓が実用化できるかについて確信をもてなかったが、今回の試験結果を受けて、実現できる日が近いと自信をもった」と述べている。

 Bergenstal氏は今回の試験について「対照群を設けず、血糖コントロールが比較的良好な患者を選び、試験の継続期間も短かった」と限界を認めつつ、「ハイブリッドクローズドループの自動化されたインスリン投与により、深刻な有害事象が起こらなかったことは評価できる。自宅でデバイスを操作できるのも利点のひとつだ」と指摘する。

 現在、小児の1型糖尿病患者を対象とした試験も進行中だ。「ハイブリッドのクローズドループシステムの安全性と有効性を検証するために、より長期のレジストリデータと無作為研究が必要だ」と、Bergenstal氏は述べている。

 インスリンとグルカゴンを自動投与する「人工膵臓」の開発も進められており、「バイオニック膵臓」と名付けられている。第76回米国糖尿病学会(ADA)で発表されたは、22人の1型糖尿病患者を対象とした試験では、ブラセボと比べ低血糖を75%、夜間低血糖を91%減らすことが報告された。

Safety of a Hybrid Closed-Loop Insulin Delivery System in Patients With Type 1 Diabetes(JAMA 2016年9月15日)
第52回欧州糖尿病学会(EASD)年次学術集会
[ Terahata ]

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!