資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
「CSIIで“糖尿病のある人生”をより豊かに」 陣内秀昭先生
2017年06月29日

糖尿病ネットワークは、「インスリンポンプ情報ファイル」のリレーインタビュー『インスリンポンプ療法の今とこれから』第3回を公開しました。今回は、熊本県の陣内病院理事長・陣内秀昭先生が登場し、「CSIIで“糖尿病のある人生”をより豊かに」をテーマにお話いただきました。
第3回「CSIIで“糖尿病のある人生”をより豊かに」へ

陣内秀昭 先生
陣内秀昭 先生

 2017年4月2日で開院40周年を迎えた陣内病院。歴史あるこの病院でも、インスリンポンプ(CSII)療法の患者さんを20年以上サポートしてこられました。「当院ではCGM付きのインスリンポンプ(SAP)などの最新機器も積極的に取り入れ、患者さんの人生のQOL維持・向上をめざした診療を続けています。但し機械が優秀なだけではだめで、患者さん自身のやる気が必要です。やる気を引き出し、この治療が生きてくるよう導いていく医療者側のサポート体制も肝になる」と語る陣内先生。“糖尿病のある人生”をより豊かにするためのCSIIの選択について語っていただきます。

第3回「CSIIで“糖尿病のある人生”をより豊かに」(本文より抜粋)

CSIIユーザーさんはどのような方が多いですか

Dr. 陣内: 小児からおじいちゃんまで幅広いですね。特徴としてはやはり治療に前向きな方。しっかり自分でお勉強していてインスリンに対する誤解がない方。正確にコントロールするには、習熟さえすればポンプが最善の方法だとよくご存じなので、そういう方が導入へと進まれ、長期的に馴染んでいます。

CSIIで最も有益なことは

Dr. 陣内: ポイントで見るSMBGと違って血糖値のトレンドがわかること。振り返りもできる。なおかつボーラスが楽。そして今までわからなかった夜間の動き、暁現象や低血糖にも対応できる。SAPでは従来のCSIIではできなかったプログラミング、ベーサル調整ができる。今のCSIIは非常に優秀で有益性が高いと思っています。

何より、患者さんのQOL維持が大切

Dr. 陣内: CSIIは、頭からいろいろ思い込まずにまずはやってみて、それがどうworkするかをリアルワールドでみていくことが大切。それが正しい形で誇張・矮小化されることなく皆さんに情報が伝わり、選ばれていくというのが理想です。

“その患者さんにとって正しい治療は何か?”というのは、社会的背景も加味したうえで考えなくてはいけない。私は、患者さんのQOLを維持することが最も大事だと思っています。私の父も「患者さんの人生ありき、そしてその人生の一部として糖尿病がある」と考えています。

全文はこちら...
第3回「CSIIで“糖尿病のある人生”をより豊かに」

もくじ

第3回「CSIIで“糖尿病のある人生”をより豊かに」 ▶

陣内 秀昭 先生(陣内病院理事長・院長) プロフィール ▶

  1. CSIIとの出会い
  2. CSIIを選択すること
  3. CSIIの有益性
  4. CSIIユーザーは?
  5. CSIIの普及を考える
  6. 糖尿病の難しさ
  7. 熊本地震を乗り越えて
[ DM-NET ]

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
更新情報配信中!