資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病により脳からの神経配線が傷つく 神経障害のメカニズムを解明
2018年01月09日

 糖尿病によって脳と脊髄をつなぐ配線が破壊されることを、健康科学大学の研究チームが解明した。糖尿病により脳からの神経線維の伝導路が傷つくことで、足の運動指令を担当する領域も縮小するという。
 これは糖尿病患者に生じる下肢の筋力低下のメカニズムを明らかにした研究で、脳の障害に着目した新しい治療の開発を加速させると期待されている。
糖尿病は脳内の神経の配線を破壊する
 糖尿病性神経障害は糖尿病患者の30〜50%が発症する代表的な合併症だ。最近、糖尿病神経障害では下半身全体の筋力低下が生じ、これが転倒やバランス障害の原因となっていることが明らかになりつつある。しかし、なぜ、筋力低下が下半身に強く出現するのか、詳しい原因は不明だった。

 健康科学大学理学療法学科の村松憲准教授などの研究チームは、神経障害で生じる下肢の筋力低下のメカニズムを明らかにする研究を発表した。神経障害により足などの下半身を動かすための運動指令を大脳から脊髄に伝える配線(錐体路)が傷つくことを、糖尿病ラットによる研究で世界ではじめて解明した。

 足腰を動かす中枢神経内のシステム障害の原因はこれまで不明だった。研究では、配線(錐体路)の損傷は、足を動かすために脳から腰髄へ運動指令を伝えるものに激しく生じ、これに関連して大脳皮質運動野にある足の運動指令を担当する領域も縮小してしまうことが明らかになった。

 糖尿病患者の下半身に生じる筋力低下の原因は筋肉そのものにあると考えられてきたが、今回の研究により、筋肉に運動指令を出す脳内のシステムに問題が生じることがはじめて示された。

 現在行われている糖尿病の運動療法は脳の機能改善を目的としたものではない。研究結果は糖尿病による筋力低下の考え方を大きく変えるだけでなく、脳の障害に着目した新しい治療やリハビリテーションの開発を加速させるものとなる。

 研究は神経科学専門誌「Brain Research」オンライン版に発表された。
健康科学大学理学療法学科
Effect of streptozotocin-induced diabetes on motor representations in the motor cortex and corticospinal tract in rats(Brain Research 2017年12月19日)
[ Terahata ]
カテゴリー :  医療の進歩  糖尿病の検査  糖尿病合併症  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018「少食」
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!