資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
腕帯の要らない「カフレス」血圧測定を開発 血圧変化を「見える化」
2018年01月12日

 名古屋大学は、腕帯(カフ)を必要としない新しい血圧測定の技術を開発したと発表した。
腕帯を巻く必要のある測定には限界が
 血圧変化は脳心血管病発症の大きな原因となることが知られており、とくに家庭での自己測定血圧は重要視されている。

 およそ120年前に血圧という概念が発見されて以来、血圧測定は診察室で行われている聴診法や、現在の家庭血圧計に応用されているオシロメトリック法により行われてきた。

 従来の方法は、腕に帯状のカフを巻くことが血圧の測定の必要条件となるため、たとえば入浴や運動などの生活シーンでの測定が難しく、カフ締め付けによる睡眠中の不快感や測定誤差の発生などの限界がある。

 カフのない方法での血圧測定が可能になれば、今まで測定困難であった測定条件下で、血圧変化の「見える化」が可能となると期待されている。
患者の負担がなく簡易に血圧を計測できる仕組みを確立
 今回の研究では、脈波から血圧を測定する技術である「カフレス血圧測定技術」が、実際に臨床応用可能な精度を有するかを検証した。

 開発したのは、カフで上腕を締め付けることなく、心電図波形のR波(上向きの幅の狭い波)と、掌や指先で計測した脈波を使って血圧を連続的に推定する方法だ。

 LEDの光を皮膚の表面にある毛細血管に当て、脈波(心拍動に伴う末梢血管系内の血圧・容積変化)をセンサーで感知する。

 開発した血圧測定法であれば、患者への負担が少なく、睡眠時の測定や連続計測などもでき、慢性腎臓病(CKD)での血圧の日内変動の計測も可能になると期待されている。
入眠時のカフによる不快感を有意に軽減
 研究チームは、健常者ならびに循環器内科へ通院中、あるいは入院中の患者を対象に、従来のカフ式ならびにカフレス式により血圧を同時測定する実証実験を行った。

 データ収集を行い、カフレス血圧値が血圧測定の世界標準規格であるIEEE標準規格(IEEE1708-2014)の要求する「安静試験」「血圧変動試験(上昇・低下)」「長期再現性試験」で精度を満たすかどうかを評価した。

 この試験条件の設定方法には先例がないことから、研究ではIEEE1708-2014に準拠する、新たな評価方法を作成。

 検討した結果、カフレス血圧値は要求された全ての試験における精度要求を達成しただけでなく、入眠時のカフによる不快感を有意に軽減することが明らかになった。
血圧のさまざまなシーンでの「見える化」が可能に
 カフレス血圧計の開発は、ウェアラブルデバイスの開発に直結するため、重要な健康指標である血圧のさまざまなシーンでの「見える化」が可能となる。

 開発中の新しい血圧計は、たとえば腕時計のように身に付け、データをスマートフォンに送って、「きょうは血圧が高い」などというときは食事や運動、睡眠に気を付けるなど、患者が自身で健康管理することを促す仕組みも考えられているという。

 現在、日本に2,000万人以上いるという高血圧患者の脳心血管病の予防だけでなく、血圧の自己測定が難しい被介護者の診察室外の血圧測定が可能となり、遠隔医療システムの実現による予防医療への貢献なども期待される。

 研究は、名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学の室原豊明教授、坂東泰子講師、渡邊直樹大学院生による研究チームによるもの。研究成果は「Journal of the American College of Cardiology(JACC): Basic to Translational Science」電子版に発表された。

名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学
Development and validation of a novel cuff-less blood pressure monitoring device(Journal of the American College of Cardiology(JACC):Basic to Translational Science 2017年12月25日)
[ Terahata ]

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!