糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録
医療関係者対象 - コメディカル対象

 インクレチン関連薬の臨床 Plus

監修:
鈴木 吉彦 日本医科大学客員教授/ HDCアトラスクリニック院長
著者:
佐野 元昭 慶應義塾大学医学部循環器内科准教授
鈴木 吉彦 日本医科大学客員教授/ HDCアトラスクリニック院長


内容紹介

● 2016年12月に刊行の糖尿病新薬であるSGLT2阻害剤の臨床について解説した「糖尿病克服宣言Pro.2」に続く「糖尿病克服宣言」シリーズの第3弾です
● 本書は、インクレチン関連薬である DPP-4阻害剤とGLP-1受容体作動薬について、糖尿病を専門としない医師にも図やイラストを交えてわかりやすく解説したものです。それぞれの薬剤を比較しながらプロフェッショナルの処方を伝授します。
● 加えて、持効型インスリンを最後の章に追加したことで書名の末尾に「Plus」としました。SGLT2阻害剤とインクレチン関連薬という新薬の登場によって、これまでの就寝前持効型インスリン注射についての考え方が大きく方針転換を迫られています。その処方術についてもわかりやすく解説しています。

【目次】

第1章 総論
第2章 DPP-4 阻害剤の比較
1.スイニー
2.テネリア
3.グラクティブ
4.エクア&エクメット
5.トラゼンタ
6.ジャヌビア
7.マリゼブ
8.その他のインクレチン製剤
第3章 GLP-1 受容体作動薬
1.バイエッタ
2.ビクトーザ
3.リキスミア
4.ビデュリオン
5.トルリシティ
第4章 持効型インスリン
1.なぜ本書で持効型インスリンを解説するのか?
2.ランタスXR
3.トレシーバ
4.グラルギン・リリー
5.グラルギン・富士フイルムファーマ
(出版社HPより)
●B5判/128頁/オールカラー/図136点・表4点 本体3,240円+税 2017年発行  医学と看護社
 出版社ホームページ→書籍トップ

 インフォームドコンセントのための図説シリーズ 糖尿病 改訂版

・順天堂大学名誉教授/順天堂大学大学院医学研究科(文科省事業)・スポートロジーセンター センター長 河盛隆造 編
・順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学教授 綿田裕孝 編


内容紹介

● 好評の初版から8年、待望の改訂版発刊!患者の様々な「なぜ?」に対し、豊富なイラストと図表を用いて分かりやすく解説。
● 糖尿病のメカニズムから診断、合併症、治療法に至るまで、なお一層理解が深まる情報をこの一冊に。
● インフォームドコンセントのツールとして、糖尿病診療に携わる医療スタッフを強力にサポート!

【もくじ】

1.糖尿病ってどんな病気?
2.診 断
3.合併症
4.治療法
 1)食事療法
 2)運動療法
 3)経口薬療法
 4)インスリン療法

(出版社HPより)
●A4変型判 88頁 本体4,800円+税 2017年発行  医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→書籍トップ

 血糖値を体型別治療でどんどん下げる

松葉育郎 著


内容紹介
 年々増え続ける糖尿病患者とその予備軍。本書は,その方々の指針となる,正しい糖尿病の知識と治療法をやさしく伝えます。糖尿病患者は,メタボ型,やせ型,小太り型など,いろいろな体型の方がいますが,本書は非メタボ型糖尿病患者特有の治療法などにも言及します。また,普及しはじめた糖尿病患者向けのスマホアプリを取り上げ,その使い方を紹介します。巻末には,糖尿病が役立つ資料編も用意していますので,本書一冊で糖尿病のことがよくわかるでしょう。(出版社HPより)
●A5判/208ページ 本体1,580円+税 2017年発行  技術評論社
 出版社ホームページ→書籍トップ

 糖質量がわかる! 全1600食品ハンドブック

著者:加藤光敏・加藤則子 監修


内容紹介
 ダイエットの主流となっている「糖質オフダイエット」の基本となる、食品の糖質量がわかるムックです。このムックでは1600品目を掲載。A5の判型で一品一品が見やすく、糖質量順に並んでいるので食品同士の糖質量を一度で比べられます。2016年の12月に「日本食品標準成分表」が5年ぶりに改訂され、15年ぶりに掲載食品が増えました。それに合わせた最新の情報で栄養素を掲載、食品も時代に合わせた最新のものを追加しています。

※本誌に掲載した内容は2016年12月現在の編集部調べによるものです。各メーカーの商品は本誌発売後、仕様や価格が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。(出版社HPより)
●大型本: 160ページ (本体\830+税) 2017年発行  宝島社
 出版社ホームページ→書籍トップ

 臨床栄養学I.総論 (Visual栄養学テキストシリーズ)

津田謹輔 (監修), 伏木 亨 (監修), 本田佳子 (監修, 編集)

内容(「BOOK」データベースより)
 臨床にかかわる栄養士に必須の基礎知識が学べる 臨床栄養学の意義や目的,医療や福祉・介護の場面で栄養士がかかわる社会制度などをおさえたうえで,傷病者や要支援者・要介護者の栄養管理のために必要な栄養アセスメントや栄養ケアプランの実施のしかたなど,求められる知識を具体的に解説する.症候や,術後などの特殊な場面での栄養ケアについても本書で学べる. ●172ページ 本体\2,700+税 2016年発行 中山書店
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

現在の掲載書籍数980冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。