第3回 災害への備え -東日本大震災からの教訓-

Q. 災害時の「非常用持ち出し袋」に入れて役立つと思うもの、入れておいてほしいもの

A. 医師・医療スタッフのホンネ 1(全2ページ)

  • 血糖値の数値・ヘモグロビン数値手帳
  • ぶどう糖、糖尿病手帳、緊急連絡先の一覧表、飲料水、めがね
  • 糖尿病療養状況(治療内容など)のコピー(最低でも1年に1回見直す)。ブドウ糖、アメ、クラッカーなどの食品と水緊急連絡先。防災時の対応病院の連絡先軍手や厚手のくつ下(ケガを防止するため、衛生のため)
  • お薬手帳 糖尿病カード。ブドウ糖。水。非常用食事
  • 処方薬・合併症の有無などが書いた糖尿病手帳。尿のテステープ
  • とにかく薬剤手帳、できれば最近のデータ(病名)
  • 糖尿病手帳、お薬手帳、ブドウ糖、カンパン、水
  • 糖尿病手帳のコピー、もしくは薬剤情報提供書、医療機関の連絡先、水、防寒具、ブドウ糖、お薬手帳、飲料水、かんぱん、
  • 水ぶどう糖や飴カロリーメイト等
  • 糖尿病手帳、かかり付け医・治療薬の控えなど
  • キャンデー、氷砂糖、グラニュー糖、アルカリイオン系のスポーツドリンク、糖尿病手帳
  • 水、懐中電灯、メモ帳と筆記用具、ブドウ糖、非常用食品
  • お薬手帳・直近の臨床検査の結果票
  • 1.水:脱水予防に…救援が来るまでの間保てたらいい。脳梗塞や心筋梗塞などの予防のため。2.クラッカーなどの炭水化物:食物が手に入らないときのために。3.手袋(軍手):作業をするとき、手を傷つけないため。4.靴下:足を守る。防寒。5.タオル:なんにでも使える必需品。防寒にもなるし、日よけにもなるため。
  • 1、糖尿病自己管理手帳。 2、水・糖分を含む飲食物。 3、かかりつけの医療機関名。 4、緊急時の連絡。 5、保険証
  • 1.低血糖用のブドウ糖と、補食用のカロリーメイトやビスケット等。2.ウェットティッシュ。消毒綿の代わりにもなるし、断水した場合、手を拭いたり、体を拭いたりできるから。3.薬局でもらう、薬の情報用紙。服用中の薬の名前と用法用量を書いたメモでもよい。
  • 炭水化物単独でなく簡単に摂れる食品(栄養補助食品)。腹もちがよく血糖変動が少ないぶどう糖(低血糖時対)。水(脱水予防)。靴下(足病変予防)。保険証。お薬手帳のコピー
  • 糖尿病連帯手帳、お薬手帳、低血糖対策、高血糖対策、主治医などの連絡方法
  • 連携手帳 薬剤 グルコース 水 爪切り 
  • 低血糖の時のブドウ糖 あとは一般的な非常食、飲料水など糖尿病患者に限った事は特にない。

(2013年08月 公開)

このアンケート調査は2011年5月に行われたものです。それぞれのコメントにある、HbA1cの表記をはじめ、治療指針、医療制度、保険制度、法令等は、アンケートを実施した当時の状況のものです。現在のものと異なる部分もありますが、ご了承ください。

患者さんのほんね、
医療者のホンネ

第10回 食事療法の継続と実際的指導について

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第9回 糖尿病とインフルエンザ予防

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第8回 血糖自己測定の有効活用

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第7回 使用済み穿刺針の廃棄

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第6回 糖尿病患者さんの熱中症対策

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第5回 高齢患者さんの糖尿病治療

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第4回 糖尿病患者さんの恋愛・結婚・出産を考える

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第3回 災害への備え -東日本大震災からの教訓-

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第2回 患者さんと医師・医療スタッフの相性

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第1回
糖尿病の不便・不満・ストレス

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ