第10回 食事療法の継続と実際的指導について

Q. 食事療法を長く実践するために、あったらいいなと思うサービスや社会システムなど、行政、食品メーカー、スーパー、コンビニ、飲食店などへの要望、アイディア、改善点など

A. 患者さんのホンネ 1(全1ページ)

  • 糖質量の記載
  • 同じ商品だけどカロリー別の商品(500キロカロリー、700キロカロリー、900キロカロリー)
  • もっと安い宅配弁当
  • 栄養士さんからの情報
  • 健康な人であってもより健康な生活を実施出来るので、スーパーや飲食店、コンビニ等かかわらず気を使った食品の提供が有れば良いと思います。
  • できるだけ多くの食品・商品にカロリーではなく栄養成分表を表示してほしい(特にチェーン展開の飲食店)
  • コンビニやデパートのレストランにも、糖尿病患者向けのメニューがあれば助かります。
  • カロリーよりも糖質量の表示をしてほしい。
  • ・一人暮らしですが、夕食で「定食の類」が食べられるお店がすごく少ないです。
     ⇒「大戸屋」みたいなお店。
    ・通常の居酒屋などで「一人夕食メニュー」があれば、少し高くても利用したい。
    ・また、居酒屋などで「糖質ゼロビール」を積極的に導入して欲しい。
     ⇒糖尿病云々もですが、女性にも受けるのではないでしょうか。
  • ボリュームはあるが、カロリーが低い弁当を作っていただきたい。
  • 低糖質のメニューを安価で、豊富にしてほしい。
  • ぜひ教えてほしい
  • とにかく身近で糖尿病食のようなものが、安価であればと思う。通常炭水化物、糖分過多のものが多すぎる。
  • ファミレスでメニューの最後でも、別冊子でも、料理それぞれの具体的な栄養成分一覧表を表記してあるとよいと思います。カロリーや塩分が表記されていても、たんぱく質や糖質量を表記しているものはないので…。1型でカーボカウントをしているので、糖質量が表記されているととても助かります。
  • 各食品・メニューに含まれる炭水化物量を明示して欲しい。(一部では実施。カロリー表示は表示されている場合が多い、等は感じるが、カーボカウント継続者にメリットある表示を考慮して欲しい。)
  • 高齢で介護中、一人暮らしなど、食事を自分で作るのが難しい人が増えている。給食サービスではなんとなく飽きが来る。複数の給食が受けられるようになると良いのだが。(月曜はA、火曜はBなどと業者にとって煩雑で実現が難しいか?)
  • 全ての食品に炭水化物など糖尿病にとって注意を要する含有量表示を義務づけする。
  • 栄養成分表示があると安心。コンビニはだいぶ充実しているけれど、ファミレスはエネルギー、塩分くらいで、カーボカウントをしている者にとっては、糖質量を表示してもらえると安心して食事できる
  • 楽しく、慣れるしかない
  • カロリー表示を必ず行う
  • メニューカロリー、塩分表示
  • カロリー表示。
  • 金を持たないものは、お金持ちでないという意味、この方面での努力が死ぬほどつらい。食いものは金がかかる、安価なものほど高カロリーに作られている。恐ろしいほどの出費がいるので、早く死ぬ方が他に迷惑が掛からないと思う。根性で毎日、この平和な日本で過ごすことは金のないものには生き地獄(的)な試練であることを、持つ人々は「なるべく」考えて見ると良いが・・それとてバカがつくほど彼ら(持つ人)には難しい。センチメンタル面だけが突っ走るのよね。かく言う私も逆の立場(金がある健常者)になったらそんなことは、あっそー程度で人生を全うすると思うし・・・難しいね。
  • 低糖質製品の種類が豊富になればいい。(特に,ご飯,麺類など)糖質量が明示されている製品が増えてほしい。
  • 自分で食べても食欲がわく美味しい糖尿病食を販売してほしい。現在販売しているブランのシリアルなどはまずい食品だけれど、糖尿病食として我慢して食しているが、食欲がわいてくる糖尿病食がほしい。
  • 詳しい成分表・カロリー表示
  • 加工食材やお惣菜にカロリー表示をして欲しい。
  • 糖質制限食を提供するレストラン、食堂が増えると良いと思います。
  • 最近コンビニのローソンでは糖質量を明記した低糖質パンを売りだしたのはとても助かります。
  • カロリー消費表示があれば助かる。今は一部の食品に限られるし外国産、特に中国産は不安だらけです。
  • 安い低カロリー弁当
  • 特にお弁当などのカロリー表示と、糖質がどれくらいか、わかれば助かります。
  • カロリーが少しくらい高くても糖質が少なければ血糖値は上がりにくいので、私はカロリーより糖質重視です。
  • 低炭水化物食品の一般的な普及、妥当な価格。
  • スーパーなどでも、全ての惣菜、弁当類にカロリー表示があると助かる。
  • 栄養成分表示の完全実施!
  • 外食産業では、ホームページにはカロリーや糖質量が載っていますが、手元のメニューに記載がないことがある。糖質量の記載がない店舗もあるので、あると計算しやすい。
  • カロリー表示を全品にして欲しい
  • 見た目の量が分からない場合 カロリー表示が選ぶ基準になります
  • 兎に角、美食に属するものはおいしいが糖尿病には良くないものが多い。
  • 健康を取るか美食を取るかの決断なのだから、自分の今後の人生の在り方をはやめに立てた事。立てた中から各人ごとに対策が出てくる。私の場合は家族に責任を持つことが大きな比重を占めるので、健康が第一となりそのために美食は捨てた。ただご褒美として上期末、下期末に決算慰労として豪勢に食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、吸いたいものを吸う。日頃は酒もたばこもやめた。全て家族への責任がそうさせたし、そうなった。
  • レシピ検索サイト。カロリー、塩分、たんぱく質や、食材名それぞれどれからでも検索できるレシピ検索サイトがあればとても便利に思う。
  • 低糖質の外食が少ない。定食屋では高価で、量も多く残すこともあるが、お店の人に申し訳ないと感じている。
  • 血糖値が安く簡単に確認したい時にでき、記録として残るシステムが必要。
  • 食物繊維を除いた糖質量の表示を飲食店に努力目標または義務にする。kcal表示だけでは不十分。
  • 栄養表示につきます。
  • うますぎない天然国産素材の製品、アカチャンでも食べれる食品開発かな?糖尿病は1型を除けば自業自得な病気です、本人の自覚ですよね、長生きしたけりゃ医師、管理栄養士、看護師のいいつけをも遵守するということで行政は関係ないな、企業が糖尿病食の開発ですよな、塩分のない食品とか?あればいいですね!
  • スーパーマーケットやコンビニで、糖尿病用の低カロリー、低糖質の米飯類の取り扱いアイテムをもっと増やしてほしい。
  • 食事を美味しくする。
  • 低糖質のパン、麺類、お弁当の種類を増やしてほしい、ローソンのブランパンシリーズはありがたい。
  • 飲食店への要望。飲み物を含めた全てのメニューに対して、カロリーと塩分量だけではなく、炭水化物量、たんぱく質量、脂質量といった栄養価表示をして欲しい。血糖値のコントロールがより正確にできるようになると思う。
  • 減塩に配慮した物がもっと増えるとよいと思います。
  • 最近は、コンビニも、スーパーも、エネルギーの表示が呈しているので、参考にできる。30年前よりは、数段と糖尿の人にとっては、暮らしやすい環境にあると思う。
  • すべての商品の成分表示
  • コンビニ弁当などで、栄養成分表示が底に書いてある場合が多い。弁当の底を覗きこむようになるので、不審がられる。表面に記載して欲しい。
  • 低糖質、高カロリー、高脂質、低価格の料理があればなと思います。(少食なのでカロリー不足になりがち)
  • 表示等で、こういう効果があることが明確になれば良いと思う。
  • GIは効果があるというが、私の場合には血糖値と関連しない。それが、何に起因するのか知りたい。
  • 一食あたりのカロリー表示が、あらゆる場面でされていると安心。食品には、100g単位ではなく、一個あたり何カロリーを。飲食店では、メニュー単位のカロリーの表示があるとうれしい。
  • 特になし
  • 栄養成分の記載があると安心
  • 食品には炭水化物などの成分明記をお願いしたい。
  • 「甘さ控えめ」「減糖」「カロリー何%オフ」といった表示が、どの程度身体に影響するか、非常に曖昧な場合が多い。
  • 「糖尿病食」などではなく、「健康維持食品」などと表示してあると、より買いやすいと感じることはある。
  • おいしくて糖尿病に配慮した食品がもっとあるといい。自分が毎食の調理をする立場なので、家族が普通に食べるものを作りつつ、自分はカロリーダウンさせるのがつらい。カーボカウントを実践しているので、糖質量が書いてあると、低血糖や高血糖が避けられてうれしいと思う。
  • スマホを利用した食事内容チェックアプリ
  • 糖質制限を実施中ですが、栄養バランス(おもにビタミン、ミネラル類)を考えるのが難しい。
  • アメリカのようにレストランでもカーボ表示を
  • 加工食品に糖質量を明示してくれる様になると非常に楽(少しずつ糖質量を表示する食品が増えてきてはいるが)
  • 食品メーカーなどの日替わりで弁当やおかずのみの宅配が最近増えているが、契約すると続けて頼まないとならず中止したことがある。
  • スーパー・コンビニ・百貨店など販売している弁当やおかず等に必ず、カロリー表示をお願いしたい。
  • 栄養成分表が分かり難い表示がある。例えば、食パン。1枚当たりの成分表ではなく、100グラム当たりの表記。更に、1斤当たり340グラム以上・・・。袋に『●枚』と、印刷されているなら、その1枚当たりについて表記して欲しい。個包装の菓子類も、同じような表記になっている。
  • 外食産業でもメニューにカロリー、塩分の表示はあるが、糖質表示は無い。
  • カーボカウント実践者には、是非とも糖質表示をして欲しい。
  • 糖尿病患者コーナーを設置し、糖尿病患者にふさわしいお弁当やお総菜を売る。
  • 低GI値食品のデータが欲しい。
  • 家では、こんにゃく麺をネットで購入し、そばやラーメンの代替品として活用しているが、外食ではまだ普及していないので、つゆやスープはそのままで、麺だけが選べるものがあったらいいと思う。また、ハンバーガーなどでも、パンの部分が、野菜から汁を搾り取った後のもの(例えば、トマトジュースの絞ったあとの繊維質を固形化したもの)で代用すると楽しくなるのではないかと思う。このようなものは、糖尿病患者だけでなく、女性のダイエットのニーズにも応えるものではないかと思う。
  • 糖質制限食の販売。
  • アメリカのように食品成分の明記を義務化して欲しい。
  • 満腹感があって血糖値の上がらない食品
  • 自分の意志が重要だと思うのでなるべく低カロリーを購入しようと思っているのでカロリーを知りたいです
  • 弁当などにカロリー数値を明記してほしい。
  • スマホで食品のバーコードを読み取るとカーボ量が表示されるといい。外食メニューにも表記してほしい
  • 栄養・カロリーを考えたお弁当などを置いてくれたら買いに行くかも。毎日お取り寄せみたいに宅配でくると…負担になるので。
  • 総カロリー表示して欲しい
  • 外食メニューの炭水化物量の明記とご飯やパンの重量の指定
  • 低糖質スイーツの開発とそれが手軽にどこでも買えること。
  • 我慢の一言で自分との闘いです。
  • 商品全てに糖質量の記載があると助かる
  • 飲食店で、量の少ないメニュー(特に炭水化物量)があるとよい。
  • レストラン等で糖質無しの献立があると良いと思う
  • 単位別のワンプレート冷凍食品を通販だけでなくスーパーにも低価格で売って欲しい
  • 糖尿病食の値段が可成り高額で、普段気軽に利用できない点など、年金生活者には困難である。
  • トクホの表示だけでは不十分。「糖尿病、糖質制限を受けている人でも安心」等の表記が必要。
  • コンビニの弁当やパン、飲食店の料理にも糖尿病食があってよいと思う
  • 糖尿患者用の献立は、健常者にとっても健康維持のために使える食事だと思います。街中のレストランや食堂で糖尿病患者用のメニューを用意してほしい。(特に糖尿病患者用と明記しなくてもよいが、少なくとも三大栄養素(糖質、脂質、蛋白質)食物繊維、食塩含有量、微量金属、ビタミンの量、総カロリーの数値は明記してほしい)
  • 月に一度程度 糖尿病を忘れた食事をする そのための低カロリ−表示食品を販売する。自分でいつも飲んできる野菜ジュースなど飲料を持ち込み可能なレストランを増やしてほしい。
  • 最近低カロリーの冷凍食品が増えたが種類が少なく、食べ物が偏ってしまうので、種類を増やして欲しい。
  • 安い食材(お総菜)を提供してくれる宅配業者が近くにあれば利用したいと思う
  • 低糖質のパン等の原料の値段が高い。換算して、1斤6〜700円のパンを食べることになる。
  • 夕食の、いわゆる居酒屋料理も原価が高くなる。
  • 飲食店のメニューでのカロリー表示は浸透してきているが、糖質(炭水化物)表示が不十分
  • 個包装してある場合、100g当たりのエネルギー量表示でなく、1個当たりの表示にして欲しい。100g当たりの場合は、摂取したエネルギー量を計算しなくてはならないので、買わないことにしている。
  • 糖質の表記が欲しい
  • とにかく美味しいことに徹した食品を開発してほしい 「美味しい」高カロリーだけだと、我慢して人生を全うしなければならない 食に関するあらゆる業界はすべてこれに対して研究開発すれば 業績は格段に向上するとおもいますが いかがでしょう。人間は動物とは違い よりおいしいものへの欲求が常に存在し 食文化が育ってきたのですから。
  • カーボカウント療法を実施していますが、成分表(炭水化物表示)を表示しているメーカーがまだまだ少ない、表示を商品パッケージの底に貼っているメーカーも多く確認しずらいです。又、出来れば個装にも一袋当たりの成分表を表示していただきたい。
  • 食材を1単位ごとに包装して販売してもらえると、だいぶ手間が減る。
  • 通常のカロリー表示と一緒に、食品交換表での単位やカロリーの表示があると外食時などのストレスが減る。
  • その商品のカロリーが瞬時に表示する器具。スマホや携帯みたいに持ち運べる道具の開発を。
  • 糖尿病患者は「この食品の摂取は要注意」等の表示が欲しい。
  • 食事療法を無理なく出来る環境に成功しつつ有る様だ。即ち、習慣化している気がする
  • 運動と食事のバランスを保つことへのサービス
  • コンビニなどの弁当のおかず改善(揚げ物など脂分が多すぎます)
  • 全ての食べ物にカロリーと糖質量の表示
  • 甘いものに表示がほとんどない
  • カロリー制限食など もう少し安価であったらと思う。
  • 砂糖を使わない調理食が簡単に手に入ると良い。
  • カロリー計算ができない
  • カロリー表示方法の統一(同じような商品と比べられるように)して欲しい。対象の商品がもう少しリーズナブルだといいなぁ〜と思う。
  • 低糖質、低カロリーの間食・主食があればよいと思う
  • コンビニのお弁当は糖質などを考えたものではないので、糖尿病予防、という形でも良いのでそういうお弁当があると、忙しい時に便利です。
  • 飲食店のメニューにカロリー、糖質などの表示をして欲しい
  • 食事のカロリー計算が簡単にできるアプリが欲しい
  • 現在はiPhoneアプリでwelby食事ノートを使い、管理しやすくなった。
  • 飲食店のメニューにカロリー表示があると助かります。
  • もっと野菜や海草主体の惣菜を揃えてほしい。
  • カロリー表記を徹底すること。また100gあたりの熱量等と紛らわしい表記を止めて絶対量を表記して欲しい。
  • スーパの手作り品(惣菜など)にカロリー、塩分表示をしてほしい
  • 該当しないかもしれませんが。食事療法に取り組まねばならない課題などがあると実行に本気で取り組める。たとえば仕事、研究、勉強、趣味(?)など。
  • 成分表示されている食品が多くなりましたが自分はタンパク制限もあり販売食品中にタンパク量の表示をしてほしい
  • ・デパ地下の惣菜など、糖分が多いが一人分作るのは面倒なので、利用頻度が多い
    ・糖分なしの惣菜とかあると、便利!!
    ・炭水化物量・塩分量・カロリーの表示を外食産業で必須にする。
    ・少量での食品販売の拡大
    ・低糖質の食品をもっと開発して欲しい。
  • 糖尿病患者向けの安価な食品。(すべてが高いと感じています。)
  • 出来るだけ、カロリー表示をしてくれるとありがたいです。後から、HPで調べられるものもありますが、載っていないこともあるので…。
  • 糖尿病患者を対象とした商品コーナーや、飲食店では定食などが有れば便利。
  • 宿泊施設で糖尿食の用意が出来ると旅行し易い。
  • 糖類を使わない低糖質の食品を増やす事。ブランパンなども売られているが糖類が多いと感じる。糖尿病を持つ者にとって、低カロリーがうたい文句でも血糖を上げてしまうので。
  • 低カロリーのお菓子(低カロリープリンなど)は、とりわけ不味いので、食べやすいように工夫してほしい。定食などを残すのはもったいないので、ご飯だけでなく、おかずも量が調整できるとありがたい。回転寿司のサイドメニューで揚げ物が多くてバランス良く食べれないから、野菜をふんだんに取り入れてほしい。
  • 糖質制限が当たり前になって欲しい。ただし、腎臓が悪い人などを除くという前提の下で。
  • 糖尿病患者への献立を意識したワントレイみたいなセット食品。
  • 近くのコンビニで、糖尿食が簡単に買えるとよい。通販型など、配達してくれるのが便利。ファミレスでも、そのようなメニューが定番であるとよい。
  • 特別な施設でなく、どこでも、低カロリー、低糖質、食物繊維の多い食事が可能なこと。コンビニ、飲食店に、糖尿病を煩っている人向けの飲食物のメニューを揃えてほしい。
  • ・すべての加工食品に摂取カロリーを表示させる
    ・魚など国内各所で呼び名が異なるので、わかるように表示させる
    ・健常者にとつても食事療法が生活習慣となるよう指導していく
  • 自動計量記録システム
  • やはり、外食時の成分表示でしょう。
  • スマホで撮った写真を転送すれば、大まかな成分表示(カロリー含む)がわかるシステム。
  • 表の単位数で表示してくれるといいな
  • 糖質の種類と量の表示。
  • カロリー別の献立例(材料の使用量の目安がすぐわかる。グラムではなくイラストなどで表示されるような)
  • 一般的なファミレスやコンビニに低糖質メニューが充実して来たら助かります。
  • エネルギー管理した夕食宅配や冷凍食品を試したのですが、毎日エサを貰っているペットのようで空しくなりました。
  • ネットの栄養相談を低価格(保険適応)できたら有難いです。
  • 外出先でも手軽に糖質制限が出来る食事を提供してほしい。
  • とにかく自分のことなのだから、「他人に依頼する」と言う考えでは効果は得られない。
  • 外食や調理品などは栄養成分ごとの80kcal(1単位)があったら便利
  • 血糖値を下げるには、絶食すればよい。しかしそれでは患者が死ぬ。カロリー制限指示は、患者に部分的な絶食をさせて患者の活力を奪う非科学的な方法だ。カロリーと血糖値は直接の関係がない。糖質摂取と血糖値とは直接関係する。
  • 結局は、患者当事者の意識と実行力の問題だから、特に希望などは無い。
  • 単品によるカロリー分け食材。しかも数字として記入してほしい。
  • 薬膳料理店を確立したら。
  • 特に食事療法をやっていないけど、いつも食べている玄米や全粒粉のパン、砂糖の代わりのマービー、そういうものが、悉く白米、白いパン、砂糖などに比べて高いので、安くなったら良いなと思う。
  • カロリー量の表示食品が少ないか、限定的なので全体量が把握しにくい。なので可能な限り表示食品数を増やしてほしい。
  • 最近は多くなってきましたが、お弁当などにカロリー表示をしてほしい。
  • 最近の料理は甘くて、塩辛い。濃い味付けが多くなっている。薄味にして販売してほしい。
  • もっと安価のカロリー調整食
  • LAWSONの低糖食品をどこのコンビニでも取り入れて欲しい。
  • 現時点では、特に感じない。
  • 炭水化物の表示が、全てに記載して欲しい。書いてないと、食べたくても違うメーカーを選ぶ。
  • カロリー制限の宅配を何社か使ったがどれもまずい。献立やサンプル画像はい良いけど実物は違うね。メニューに工夫がない。
  • カロリーとか糖質など詳しく書いてあると便利です。
  • 塩分表示。パンなどの主食について、糖尿病人でも食べられるものが増えるとうれしい。
  • カロリー表示の文字が見にくい。
  • 外食した際に、低カロリーのセットメニューや定食を選択できたら便利。
  • 外食の際カーボ表示があると便利。外食の際、ファミレスのようなお店には栄養素表示が多いがすべてのお店に表示があるわけでないのであると嬉しい。カロリー表示だけではなくカーボ表示をしてほしい。
  • 食品成分明記
  • 行政とか食品メーカーというところに対する希望はないが、ひとえに糖尿ネットワークから発信していただくメール情報に忠実に従っていました。そのおかげで勉強を絶えずつづけ、励まされ、HbA1Cの数値をきわめて良好にたもつことが出来てきました。ほんとに感謝しております。メールが送られてくることがとても楽しみでもありました。ありがとうございます。
  • 簡単に調理できる献立セットなどを手に入り易いスーパーやコンビニに、おいて欲しい。
  • 思いつかない
  • 最近色々とあるようですが、価格が高いです
  • 安くすれば色んなスタイルの食事療法が続けられると思います。継続していくためには安くて続けられる食事療法があれば良いかと思います。
  • すべての食品に成分表の表示を、外食メニューにはカロリー表示をお願いしたい
  • 外食する際、メニューにカロリーが書かれていることはあるが、内容ごとのカロリーまで書いてあるものがあればよいがそこまでやっているところはない。しかし最低でも総カロリーだけでも書いてほしい。
  • 外食のメニューにカロリーだけでなく、炭水化物量も載せて欲しい
  • 市販品は栄養成分表示をつけてほしい
  • 学校給食の栄養成分に、炭水化物の表示だけないのはやめてほしい
  • カロリー計算が良く分からない、書いて有っても信じられない、原材料が国産品で無い食品が多い
  • 低糖質な食事をしようとすると,外食では調味料などによる部分が本当に分からないので,本当のところ低糖質になってるのかどうか,いつも不安になります。もう少し糖質量の表記などがはっきりするといいなあと思いますが,数値自体もどこまで信頼できるのか。これは自宅での食事でも同じではありますが。
  • 外食時メニューにカロリー表示があると良いけど・・・
  • 加工食品のすべてにカロリー表示をする。
  • メーカーから販売されている製品でカロリーオフされている商品や、百貨店等でカロリーコントロールされて販売されているお弁当等は、一般的な物に比べて、値段が高い。もっと、気軽に利用できる料金で提供して欲しい。
  • もっと多くの商品に、炭水化物量を書いてほしい。糖尿病者が美味しく食べられるレストランを増やしてほしい。
  • スーパー、コンビニの加工食品は、必ず、カロリー標示、と塩分標示を義務図ける。又飲食店でも、おおよそのカロリー標示を義務つけて欲しいです。
  • 糖尿病患者の一食の食事が、ワントレーになっているもの。
  • 野菜サラダなどを備えて欲しいし、また安く提供して欲しい。
  • 小遣い(予算)内では、生鮮野菜はほとんど賄えない。
  • 中国製品を使用しないこと。
  • 製品にはすべてカロリーを書いて欲しい。
  • 糖質表示(もしくは炭水化物の表示)をしてほしい。
  • 低エネルギーでおいしいレトルトや冷凍の食品がもっとあればいい。弁当など何種類か試してみたが、満足できるものはほとんどない。また、主菜、副菜の単品が欲しい。自分の状態に合って、さらに好みに合うものでなければ続けることは難しいので、単品がたくさんの種類あれば使えると思う。
  • サラダセットの中に副食(から揚げ1個など)をいれた軽い食事が出来る商品開発を願いたい。
  • 外食が多いのですが、メニューの中に糖質量の表示、低糖質のメニュー(少量ご飯)の追加などがあると良いと思います。
  • 患者は千差万別です、常に患者と向き合えるシステムが構築出来なければ、処方が外れた人は苦労します。
  • 特になし。
  • 糖質量、炭水化物量の表記の充実
  • 独学で糖質制限食をおこなっていますが、医者等に相談できず(医者が糖質制限食を嫌います)限界を感じています
  • 特に無し
  • スーパーやコンビニのレジのレシートに購入品のカロリーや糖質量などを記載できるようにして購入者へ認知させることは簡単にできると思う。
  • カロリー表記されているものが増えてはいるが、必ずしもすべてではないので、表記の強制化等を進めていただけるとよいと思います。
  • 実践開始の頃は奥歯に歯槽膿漏があり生野菜を噛むのに痛みがあり辛かった。インプラント治療を行った結果、しっかり噛める事で生野菜が美味しく食べられるようになり、刻むだけの調理でも充分な量を取ることが可能となり、調理の際の煮炊きが増えず家内の負担が軽くなったのではと考えた。現状インプラント治療は自由診療費であるがせめて病気の治療等に絡む事等の条件付では保険診療が可能になると食事療法による症状の改善が促進され保険負担や患者の負担が軽くなると思います。糖尿病では口腔疾患も多く発症しているのでは?とも感じて居ます。
  • 今では外食産業でどんどんカロリーや栄養成分などを表示してくれるようになったので、これからは糖尿病他疾患を持つ人のためのメニューをどんどん増やしてもらいたい。しかしながら高い値段になってしまうのは困るのである程度リーズナブルな物を提供してほしい。
  • ファミレスのメニューに、塩分、カロリーしか表示されていないので、炭水化物も表示して欲しい。
  • 食品の成分が表示されているのが望ましい。
  • 今、個食家が増えてコンビニとかでも手軽にいろいろ品質豊かに食品が手にできるので便利です。そのうち糖尿病の定食弁当、高血圧の定食弁当と病気の人のコンビニができるかも
  • 糖質の少ないいろいろな食品
  • 特にない。原則的に自分で考え作ることが大切だと思っているので。
  • 糖尿病療法としての市販食品は多種多様で多いが、結果的に高価である。安価と見紛う様言葉巧みに市販されているが、糖尿病は一生の付き合いから、治療者の足元を観る様な事無く、安価に提供できる公共システムを要望したい。如何なる病状の治療者に対しても同様。
  • 食事でW糖質にうどん+ご飯等のものは注文時にあるなしを指定できたらいい。または注文時の糖質の量の指定。注文時、口頭でもいうのですが、できている率が低すぎて困ります。
  •  
  • あまりにも表示が小さかったり見ずらいものもたくさんあるので何とかしてほしいと思います。
  • 低カロリー、低糖食品で美味しいものをもっと販売してほしい。
  • 美味しい糖尿病食の安価な宅配サービス。
  • 甘味料を砂糖程度の価格にする。
  • カロリー制限をしている人に配慮したテレビ放送や糖尿病食のテレビ番組。
  • 利益や売上を追及している企業の下では、自己管理しかないと思います。
  • 外食・弁当類のカロリーだけの表示ではカウントしにくいので、成分別のエネルギーを希望。また、どう見積もっても間違っている表示が時々あるので、正確な表示をも希望する。
  • すべての食品、メニューに、カロリー、炭水化物量を記載してもらいたい。
  • 飲食店で、主食(ごはん、麺類)の量を調整できるようにしてもらいたい。
  • すでにあると思うが、宅配サービスが、地方でも利用できるようになってほしい。調理済みでも、食材でもいいので。
  • 最近は色々なお店で糖質制限食やカロリー制限などを扱う食品が増えてきた様なので助かっていますが、価格が高いのが難点で…。もう少し低価格で作っていただきたい。
  • 食事療法を、本気で毎日長期で実践をする事は非常に難しいと実感しています。手間もお金も掛かります。必要な事だと思っても、医療費の負担が大きく、ほぼ毎週同じメニューで、仕方なく食べてる状態です。食材のみのセットや弁当等が安価に提供されれば良いですが、現実的では無いと思います。また、飲食店等なら、メニュー表示に糖質量の表示が有ると良いと思います。
  • 低炭水化物、低糖質のコーナーの物を増やして欲しい。
  • 熊本には飲食店で提供する「ブルーサークルメニュー」がありますが、条件があり、計量や材料が大変で予約や提供を止めたりとなってるのがとても残念です。普段食事作りに疲れた時に気軽に、安心して食べられる飲食店が増えると心にゆとりができると思います。
  • 「糖尿病食は健康食」の言葉を広めて欲しい。
  • ローカロリーで加熱だけで完成する一食分を販売してほしい。
  • カーボカウントをしているので、外食先のメニューに糖質量の表示が欲しい。
  • 各お店で、糖質制限のコーナーがでかでかとあるとたいへんありがたいです。即、なんらかの品を買います。
  • カロリー表示はよく有るけど、カーボカウントも併記して欲しい。それと塩分も
  • 最近は、カロリーコントロール食といろいろと出てきている面はいいが、どちらかというと、介護向けのイメージであり、仕事柄利用できない(時間帯等生活パターン)環境が多々ある。外食はどちらかというと、肉料理がメインで、カロリーが高いものが多いと感じる。コンビニでいえば、セブンイレブンは、惣菜野菜の幅があっていいですね。

(2017年04月 公開)

このアンケート調査はに行われたものです。それぞれのコメントにある、HbA1cの表記をはじめ、治療指針、医療制度、保険制度、法令等は、アンケートを実施した当時の状況のものです。現在のものと異なる部分もありますが、ご了承ください。

患者さんのほんね、
医療者のホンネ

第10回 食事療法の継続と実際的指導について

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第9回 糖尿病とインフルエンザ予防

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第8回 血糖自己測定の有効活用

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第7回 使用済み穿刺針の廃棄

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第6回 糖尿病患者さんの熱中症対策

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第5回 高齢患者さんの糖尿病治療

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第4回 糖尿病患者さんの恋愛・結婚・出産を考える

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第3回 災害への備え -東日本大震災からの教訓-

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第2回 患者さんと医師・医療スタッフの相性

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第1回
糖尿病の不便・不満・ストレス

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ