いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
07劇症1型糖尿病を知っていますか
内潟安子  東京女子医科大学 糖尿病センター教授
2006年03月
 1型糖尿病というのは、まだはっきりした原因が分かっていませんが、ある時から膵臓のインスリン産生細胞が壊れていく病気です。

 この壊れていく原因として、自己免疫機序が言われています。自分の免疫をつかさどる細胞(リンパ球など)が、どういう理由によるのかはっきり分かっていないのですが、自分の大事な膵臓のインスリン産生細胞を破壊していくのです。その結果、血液中のインスリンが不足しはじめ、絶対的に欠乏状態になると糖尿病性ケトアシドーシスという状態なり、皆さんが糖尿病になって病院に行った時の状態になることになります。
ひ  2型糖尿病というのは、いつからか血糖が徐々に上昇していき、ある程度の高血糖になって糖尿病の症状が出て病院に行くか、糖尿病合併症の症状が出て病院に行き、‘糖尿病です’と言われる病気です。ですから、本人自身も健診を受けていなければ、いつから血糖が上昇してきたか分かりません。

 「小児糖尿病=1型糖尿病」ではないと以前に述べました。そして、もちろん「大人の糖尿病=2型糖尿病」でもないのです。小児期でも2型糖尿病が発症しますし、大人にも1型糖尿病が発症します。

 今回は劇症1型糖尿病についてお話したいと思います。

 劇症1型糖尿病というのはその名前のごとく、あっという間に1型糖尿病を発症するという糖尿病です。どれくらいあっという間かというと、1週間以内です。以下、劇症1型糖尿病調査研究会の報告を基に書いています。

 小児期発症1型糖尿病では通常、1週間以内に発症することはありません。そういえば2、3カ月前から元気がなかった、よく水分を飲んでいた、疲れたとよく言っていたなど、高血糖症状と思われる症状が数カ月前からあったと振り返ることができます。時には6カ月前から、体調がおかしかったということもあります。ところがこの劇症1型糖尿病は、今週人間ドックを受けて健康であると言われた人が、翌週に高血糖(だいだいは異常なくらいの高血糖)でふらふらになって病院を訪れるといった具合に、発症するまでの期間が短いのが特徴です。

 症状が出てから糖尿病性ケトアシドーシスになるまでが短期間なので、病院で測定したHbA1cは高くないのです。6%台、7%台がほとんどです。つまり、高血糖状態に急激になってしまってHbA1cの上昇がおぼつかない状態といえます(HbA1cの上昇は高血糖状態が1〜2カ月つづくことが必要です)。

 いつから体調がおかしかったのかと劇症1型糖尿病の患者さんにお聞きしますと、1週間前から10日前くらい。どのように体調がおかしかったのかとお聞きしますと、口渇が最も多く、次に感冒様症状。発熱、咽が痛い、咳もあります。次に多いのが腹部症状。吐気、悪心。腹部痛。そして、ケトアシドーシスも重症なので高血糖による意識障害も起こしてきます。つまり、発症時がとても華々しいのです。病院にこのような患者さんが来院されると、数日はてんてこ舞い状態になり、多くの医師の手が必要となります。

 劇症1型糖尿病の患者さんは、小児期にも発症するのでしょうか? いえ、小児期に発症するのはとても珍しく、通常は20歳以上の大人に多いのです。これまで健康であった60歳、70歳の方が急に発症してしまったという例もあります。

 患者さんの割合はどれくらいかというと、糖尿病性ケトアシドーシスを伴って発症する小児・大人すべての1型糖尿病患者さんの約20%が、この劇症1型糖尿病です。

 もちろん、治療はインスリン注射が中心になります。思春期発症1型糖尿病の患者さんではまだ自分のインスリンが残っていることがありますが、劇症1型糖尿病は短時間にインスリン産生細胞がほとんど破壊されてしまうのが病態なので、反対に全くインスリンは残っていません。しっかりと血糖値をみながらインスリン注射をきめ細かく行っていくことが必要となります。

 1型糖尿病、と一口に言ってもいろいろなタイプがあるのです。

©2006 内潟安子


新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史