いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
21低血糖症状は変わる
2007年04月
 インスリン治療している皆さんは、一度は低血糖を経験していることでしょう。「なんども、いやになるほど経験しています」という方もいらっしゃるでしょう。

最近の低血糖に関する報告
 低血糖症状が出てきて、低血糖に気づくくらいの低血糖を何回もおこしても、知能や認知機能にまで影響することはないと,最近また論文がでてきました。とんでもない低血糖(故意に大量のインスリン注射をして低血糖をおこすような)でなければ、それも頻回におこすことがなければ、体に影響することはないという結果でした。
 低血糖症状について、今回は考えて見たいと思います。

低血糖症状について
 皆さんには、どんな症状がでてきますか。
 「どきどき」、「手に汗を握るような」、「いらいら」、「空腹感が強くなる」、などが一般に教科書に書いてある症状です。
 皆さんもインスリン注射を開始したばかりのときは、このような症状が低血糖であると教えてもらい、実際、低血糖のときは、どきどきしたり、いらいらしたり、ぼーっとしたり、考えがまとまらなくなったりしたと思います。

大きく2種類ある低血糖症状
 低血糖の症状は主に、2つの種類に分かれます。「自律神経症状」と、「中枢神経症状」です。
 「自律神経症状」は、いらいら、どきどきに代表されるものです。これは、低血糖になったために体が反応して、インスリン拮抗ホルモンをたくさん分泌したために出現する症状です。度に興奮したり、おこったり、緊張したりしたとき、どきどきしますね。このときにたくさん分泌されるホルモンとインスリン拮抗ホルモンは同じものです。
 覚えていますか? インスリン拮抗ホルモンは、インスリンと反対の作用を持ちます、つまり血糖を上昇させようとします。
 ですから、低血糖のときの「自律神経症状」というのは、低血糖に反応して血糖を上昇させようとしている症状といえます。そして、血糖が上昇し始めているということを表しているのですね。「自律神経症状は」、血糖を上げようとしているホルモンの働きによる症状とも言い換えることができます。
 「中枢神経症状」というのは、ぼーっとしたり、考えがにぶくなったり、字が読みづらくなったり、変な行動をしたりする症状です。

初心者の低血糖症状と長く注射している方の低血糖症状
 さて、低血糖の症状は、インスリン治療をし始めの初心者のころと、長期にインスリン治療しているベテランと、出てくる症状は同じでしょうか。どうも、低血糖の症状が最近違うようになったと感じている方はいませんか。
 そうです。年数が経つにつれて、症状が変わってくるようです。
初心者のころは、まさしく教科書通りといっていいかもしれません。汗はいっぱいでるし、どきどきはするし、いらいらはするし・・・。
 ところが、7から8年くらい良好な血糖コントロールのもとにインスリン治療をしていると、このような症状はあまり出なくなります。「汗をかかなくなったし、どきどきもあまりしないのですが」とよく言われます。
 逆に、時計の数字が読みづらくなることで低血糖がわかるとか、経理の仕事をしているが文字が読みづらくなるとか、製図を書く方はまっすぐの線が引けなくなるとか、そんなことで低血糖になりつつあるのをキャッチできると言います。
 また、喉が渇く、トイレに行きたくなるという症状もあります。高血糖のときの症状と似ています(食事前におこってくるのど渇きなので、高血糖と区別はすることができます)。
 また、顔色が青白くなって他人から指摘されてはじめて気づくという方もいます。自分ではどうしてもわからないという方でも、回りの方の方が先に気付くのは、「顔色で!」ということもよくあります。

顔色でキャッチしてみる無自覚性低血糖
 無自覚性低血糖の方は、低血糖の前兆、つまり前駆症状、低血糖のときの症状をキャッチできないために、意識を失ってしまう場合が多いようです。もし、自分の低血糖症状を早くキャッチできていたら、おこさないのではないかと思われる方が多いです。
 こんな場合にも、顔色が青白くなるということを、他人が自分より先に気づいていることがあります。 ならば、工夫しましょう。机など、ちょっとしたところに、自分用の小さな鏡を置いてみましょう。そして、ときどき、鏡を見ることにしましょう。折に触れて、できたら、ちょっと頻回にみることにしましょう。
 特に、食事時間の1時間前くらいにはいつもかならず見ることにしましょう。
 こんなことで、すこしでも無自覚性低血糖が解消されれば、いいですね。

自分なりの低血糖症状を考えてみる
 はからずしも低血糖になったときは、ずっと時間をタイムスリップさせて、数時間前からの状態をもう一度考えてみませんか。
 なにかないか、なにかないか、とさがしてみましょう。意外と症状があるものです。


©2007 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史