いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
25血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
2007年08月
改良されて臨床成績が多く積まれてきました

 皆さんもいろんなネットなどの情報や主治医の先生からの情報で、この話は少しお聞きになっているかもしれません。Continuous glucose measurement system(CGMS)と呼びます。今回はこのCGMSの話です。
CGMSとは
 簡単にいえば、細いセンサーを皮下に持続的に刺しておいて、細胞間液の糖分濃度を、センサー間に流れる電流の大きさに置き換えて、それをさらに血液中の糖の濃度(血糖値)に置き換えて一定の間隔で連続的に表示する機器のことです。

 昔からこの方面の研究はされていました。グルコウオッチという腕時計のような機器を覚えている方もおられるでしょう。この機器は測定しても結果が出るのが20分後、血糖値もいまいちで、測定する時間がくるとセンターの刺さった皮膚部位にぴりぴりとした刺激があったりして、その後あまり市場にでなかったと聞いています。
CGMSが広く使用されてきた
 海外では昨今CGMSの機器が実用的かつ実践的な話となってきました。
 もう数年前になりますが岩本安彦・東京女子医科大学糖尿病センター長が会長をした2004年の日本糖尿病学会の時には、企業共催のランチョンセミナーやイブニングセミナーにこの方面の専門家を呼びたいと希望するメーカーがなく、逆にこちらから是非CGMSに精通した先生をお呼びしてほしいとメーカーにお願いしたものでした。
CGMSの良いところ
 皮下にセンサーをほんのちょっといれて、連続的に、自動的に血糖を測定する、というアイデアはすばらしいもので、わざわざ指頭を穿刺して血液を出す必要がありません。

 この機器の実用化により、これまで知り得なかった夜中の高血糖が発見されたり、低血糖が発見されたり、1日血糖4点などの測定回数ではつかめなかった高血糖、低血糖がわかりうるようになりました。たぶん、入院中の1日血糖の動きを把握するのにはとても良いように思います。看護師さんも大助かりでしょう。

 また、自分で測定することのできない乳児に、低血糖をおこすとか高血糖をおこす稀な病気が発見されたときに、入院中の頻回血糖測定として、血液を採取しないのでCGMSの器械は大きな力となるでしょう。
CGMSの限界、問題点
 一方、国際学会や研究会ではCGMSの限界や問題点について討議されるようになってきました。CGMSが「血糖測定の王様」ではない、言い換えるなら「スペードのエース」ではない、ということを知っておかねばならない、という警告だと理解しました。そのうちのいくつかを述べてみたいと思います。

 CGMSは穿刺することが不要と書きました。これは便利でうれしいことですが、血管中の糖分を測定していないということなのです。細胞間液の糖分(濃度)を測定しているに過ぎない。よって、その値を、時々通常の血糖自己測定で血糖測定した値と比べて、較正する必要があるのです。つまり、自宅でCGMSを行うのならSMBGも必要なのです。

 それでは、SMBGの値と良い相関があるのでしょうか。これまでの報告によれば、SMBGの40mg/dL以下、400mg/dL以上はあてにならないようです。40から400mg/dLの間ならば、CGMSとSMBGの値には良い相関があるということです。

 また、細胞間液の糖分を測定しているので、実際の低血糖を感じた時から数分の時差をもって低くなる、また血液内の血糖上昇がおこってきても数分くらいの時差をもってその血糖値を示すことになるようです。

 最後に、CGMSの長期使用がSMBG長期使用(DCCTやKumamoto studyの結果がこれですね)より、ほんとうに有益なのかどうかの報告がまだないことを挙げていました。  そして、まだ費用が高いことも付け加えておきます。
今後の展望
 今後はより精確なものへと、改良が進むと思います。
 しかし、四六時中血糖がわかる、それも自動的に何分間隔かで続けて知らされてしまうのです。このことが日々の患者さんの生活に、どういう良いこととないしは良くないことをもたらすのか、また考える時がくるのではないか、と思います。
©2007 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史