いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
3150年間、インスリン治療を続ける
2007年12月
 みなさん、インスリン治療を50年続けた方に賞が贈られる制度があることをご存知ですか。去る11月27日に、リリー インスリン50年賞の第5回目の受賞式が東京でありました。本年は2名の方が受賞されました。

第5回リリー インスリン50年賞を受賞した工藤茂雄さん(右)、中村圀子さん(左)
中央はスペシャルゲストのニコール・ジョンソンさん
 本年の授賞式には、1999年ミスアメリカのニコール ジョンソンさんもかけつけ、お祝いのスピーチをされました。
リリーインスリン50年賞とは
 これは米国で約30年の歴史を誇る賞で、50年以上インスリン療法とともに歩んでこられた糖尿病患者さんを表彰する賞です。米国ボストンにある有名なジョスリン糖尿病センターでは1970年からこのような賞が設けられていて、本賞はこれをモデルにして創設されたそうです。
 パンフレットによりますと、海外では米国を中心に日本人1人を含む約1,500人の患者さんが受賞されたとのことですが、日本では2003年に第1回目の応募がおこなわれました。よって、本年は第5回の受賞式となったわけです。
 受賞者には、ご本人のお名前を刻印した純銀製の特製メダルが贈呈されます。
 また、75年もの長きにわたってインスリン治療してこられた方に、「リリーインスリン75年賞」という賞も海外ではあるそうです。
これまで何名の方が受賞に
 これまで日本糖尿病協会機関誌「さかえ」誌上でも発表されておりましたので、皆様もご存知のことと思いますが、第1回は3人の方に、第2回は3名、第3回は2名、第4回は3名、本年の第5回は2名の方が受賞されました(第1回の1人、第2回の1人、第4回の1人、そして第5回の1人は、受賞時には東京女子医大糖尿病センターに通院されておられます)。
 すでに「さかえ」に掲載された第1回から第4回までの記事が、近々それぞれ別冊として入手できるそうです。受賞された皆様の貴重なお話が、協会理事長清野先生、現在の主治医など、参列の先生方のお祝いの言葉とともに掲載されています。すぐ読んでみたいですね。
ヤングのみなさんもそろそろ
 小児期発症1型糖尿病のみなさんの中からも、そろそろこの賞を受賞する方々がでてくる時期でしょう。
 実は、もうすでにいらっしゃるかもしれませんね。50年以上インスリン治療しているが、晴れがましい場所には出たくないというお考えの方が、私のまわりにもいらっしゃいますので、無理にとはいいませんが、応募してみてもいいかな、と思われる方は是非トライしてみましょう。
 50年もインスリン治療を続けてこられた、ということは、もうそれだけですばらしいことです。合併症があろうがなかろうが関係ない、そう思います。
日本糖尿病学会設立50周年シンポで
 2007年はもうひとつ記念すべき年で、日本糖尿病学会設立50周年にあたります。11月11日に、日本糖尿病学会設立50周年記念国際シンポジウムが開かれました。
 このシンポジウムのために来日された米国のボストンにあるジョスリン糖尿病センターのキング博士は、「ジョスリン糖尿病センターには50年以上インスリン治療を続けた方が250名以上いらっしゃいます」と話されました。
 さすが、米国ですね。

関連ページ
東京女子医科大学ヤングセミナー

©2007 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史