トップページ - 糖尿病臨床現場で行う“ロカボ”のすすめ
特別インタビュー

糖尿病臨床現場で行う“ロカボ”のすすめ

北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長
山田 悟 先生

 糖尿病の食事療法はいま、過渡期を迎えていると言われています。糖尿病ネットワークでは、アンケート調査等で指導現場の声を伺う機会が多くありますが、昨今とくに増えているのが糖質制限食に関する相談です。

 糖質制限は危険だというイメージが先に広まってしまい、指導ではどう折り合いをつけていったらよいのか頭を悩ましているという医療スタッフは多く、例えば、「患者さんが自主的に糖質制限を実施しているので、それについてうまくアドバイスをしてあげたいがどうしたらよいか」、「血糖コントロールを安定させるために糖質制限を柱にした指導をしたいのだけど、教科書的なものがなく自信をもって指導ができない」といった声が寄せられます。

 今回、緩やかな糖質制限“ロカボ”を提唱し、その市場開発にも積極的に尽力されている北里大学研究所病院糖尿病センター長・山田 悟先生にご登場いただき、豊富なご経験から、糖尿病療養指導における糖質制限食に関してさまざまな疑問にお答えいただきました。

(2017年2月 公開)

Profile -略歴-

山田 悟 先生  Dr. Satoru Yamada
北里大学北里研究所病院内分泌・代謝内科
糖尿病センター長

略 歴

1970年
東京都生まれ
1994年
慶應義塾大学医学部 卒業
1996年
東京都済生会中央病院
1997年
東京都国保南多摩病院
2002年
北里研究所病院
山田 悟 先生

所属学会・認定・資格

  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医・研修指導医
  • 日本糖尿病協会療養指導医、日本医師会認定産業医

主な著書(編集・共著含む)

  • 『おいしく、楽しく食べて、健康に ロカボバイブル』(2015年 幻冬舎)
  • 『糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て』(2015年 幻冬舎)
  • 『dancyuダイエット ごはんも油も楽しむ糖質制限―基本の和食83レシピ(プレジデントムック)』(2015年 プレジデント社)
  • 『忙しい人こそ知っておきたい 糖尿病がわかる本』(2014年 法研)
  • 『緩やかな糖質制限ハンドブック』(2014年 日本医事新報社)
  • 『北里研究所病院 Dr.山田流「糖質制限」料理教室』(2013年 主婦と生活社)
  • 『糖質制限食のススメ』(2012年 東洋経済新報社)
  • 『外でいただく“糖質制限食”奇跡の美食レストラン』(2012年 幻冬舎)  他多数
↩ トップへ
後援:江崎グリコ株式会社