トップページ - スローカロリーを食事療法に活かす - スローカロリーな食品とは?
スローカロリーな食品とは?
 糖質の小腸での消化吸収速度を"ゆっくり"にするには、薬でいえばα-グルコシダーゼ阻害薬(糖質の消化・吸収を遅らせて、食後の高血糖をおさえる薬)を服用します。そして、同じような効果を持つ食品があることもわかってきました。

パラチノースとは

 同じ食品素材であっても調理の仕方や食べ合わせによって、小腸での消化吸収速度が異なることが知られています。また、食品の中にも、糖質の消化・吸収を遅らせて、食後の高血糖をおさえる作用のある素材が多く存在し、特定保健用食品に配合されているものもあります。しかし、それらの食品の中には、大量に摂取すると下痢を引き起こすものがあるので注意が必要です。

 そのような中、精製された糖質でありながら消化吸収速度が遅い『パラチノース』が注目されています。

 『パラチノース』は、蜂蜜に微量に含まれ、ブドウ糖と果糖から成る天然の二糖類です。工業的には、砂糖を原料にして酵素反応を利用して生産されています。麦芽糖の小腸での消化吸収速度を100とした場合の相対吸収速度は、砂糖は75、『パラチノース』は15で、砂糖の1/5の速度です。そのため、砂糖と比較した場合の血糖・インスリンの変化は、下図のとおり緩やかになります。


砂糖に比べて血糖値・インスリンの変化が緩やか

 『パラチノース』は、小腸での消化吸収速度が遅いのにもかかわらず小腸で完全に消化され、ブドウ糖と果糖として吸収されますので、4kcal/gのエネルギーを持ちます。そのため、大腸まで届くことはなく、大量に摂取しても下痢の心配がありません。しっかりエネルギーのある糖質でありながら、血糖、インスリンの急激な変化が起きないことから、リスクの低い糖質エネルギー源として、医療分野の食品ですでに広く使用されています。これらの食品をうまく利用し、「スローカロリー」を食事療法に活かすことが可能です。

 なお、『パラチノース』の甘さは砂糖の半分程度ですが、砂糖と良く似た良質の甘味質を持つこと、また、虫歯の原因になりにくい糖質であることから、医療分野だけではなく一般のお菓子や飲料にも配合されています。

2010年10月更新
このサイトに関するお問合せはコチラから