資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
増える1型糖尿病のプロスポーツ選手 レアル マドリードの選手も
2017年03月10日

 1型糖尿病のプロスポーツ選手は増えている。絶大な人気を誇るスペインのプロサッカーチーム「レアル マドリード」で活躍するスター選手の「ナチョ」も1型糖尿病だ。
 「糖尿病は障害にならない」と、選手たちは主張している。

 1型糖尿病は主に自己免疫機序により膵臓のβ細胞の破壊され、インスリンの欠乏が生じて発症する疾患。β細胞が破壊・消失した結果、インスリン依存状態になり、生命を維持するためにインスリン投与が必要となる。

 2型糖尿病が生活習慣や肥満と関連が深いに対し、1型糖尿病は、生活習慣や肥満と関連なく発症する。小児から思春期に発症するケースが多いが、中高年で発症する患者も少なくない。
レアル マドリードのスター選手が糖尿病 「糖尿病はチームメイト」
 「ナチョ」ことホセ イグナシオ フェルナンデス イグレシアス選手は、絶大な人気を誇るスペインのプロサッカーチーム「レアル マドリード」で活躍するスター選手だ。

 ナチョは12歳のときに1型糖尿病と診断された。最初に診療した医師は専門医ではなく一般医だった。その医師に「サッカーはあきらめなければならない」と言われたときは、目の前が真っ暗になったという。

 しかし、その後に主治医となった内分泌代謝専門医から「サッカーをあきらめる必要はない。むしろ運動は非常に重要だ」と告げられ、治療が開始された。その翌月曜日から、ナチョのサッカー人生は始まった。

 「もしもあたなが糖尿病であるなら、そうでない人よりも健康に3倍気を遣わなければならないかもしれない。でも、そのことは必ずプラスになる。食事や休息のとり方に気をつけるようになるし、インスリン製剤や血糖自己測定器などを持ち歩くようになり、自分の体に対し責任感を抱くようになる」と、欧州サッカーを統括する「欧州サッカー連盟」(UEFA)のインタービューに答えている。

 「1型糖尿病を根治する方法がみつからない限り、一生付き合っていかなければならない。それは、自分の傍らに常にチームメイトがいるようなものです」と、ナチョは言う。

1型糖尿病のフットボール選手と野球選手
 アメリカン フットボール チームの「シカゴ ベアーズ」で活躍しているジェイ カトラー選手も1型糖尿病だ。カトラー選手は2008年に25歳のときに1型糖尿病と診断されて以来、スポーツ選手の立場から1型糖尿病に対する理解を広める活動をしている。

 カトラー選手は、全国の病院を訪問し、糖尿病患者や家族と交流する試みを続けている。2009年には米国糖尿病学会などと提携し、糖尿病キャンプの提供プログラム「糖尿病のためのタッチダウン」を立ち上げた。

 「糖尿病の子供たちは、私にインスピレーションとエネルギーを与えてくれる。糖尿病をもつ人たちに、糖尿病であっても大丈夫だと元気を与えたい。やりたいことは何でもできるし、夢を叶えることも可能です」と、カトラー選手は内分泌代謝学の専門誌のインタビューに答えている。

 「1型糖尿病への理解を高めてもらうために、私は自分のできることをしたい。今後は成人で1型糖尿病と診断された人々を支援するプログラムを作りたいと思っています。どの年齢の人であっても、糖尿病への理解を深めることが必要です」と、カトラー選手は言う。

 メジャーリーグの「シンシナティ レッズ」で活躍しているアダム デュバル選手は、23歳で1型糖尿病と診断された。敗血性咽頭炎を発症し、治った後でもひどい疲れを感じるようになり体重も減少、体調が戻らなかった。医師の診察を受け、血糖値が異常に高いことが分かり1型糖尿病と診断された。

 発症してからもプロ野球で活躍を続け、2016年には33本のホームランと103打点を叩き出した。試合に出場している時も、ヘルメットと同じ素材で作られた丈夫なバックポケットにインスリンポンプを入れ、血糖値をコントロールしている。
糖尿病は障害にならない
 「糖尿病は完全で健康的な生活をおくる上で障害になりません」。このことをサッカー選手で元スウェーデン代表のパル ゼッターベリ選手は証明している。

 ゼッターベリ選手が19歳で1型糖尿病と診断されたときは「いつも喉が渇いており、体重が急激に減り、体に力が入りませんでした。病院で検査を受けると血糖値が通常の4倍も高いことが分かりました」と言う。

 ブリュッセル大学医学部のハリー ドーティー教授の治療を受け、「1日4回のインスリン注射を始めてから、すぐに体調が良くなり、怪我をしていた足も治りました。サッカーのトレーニングを妨げないインジェクションルーチンも確立しました」。ゼッターベリ選手は1997年にはスウェーデン年間最優秀選手に選ばれた。

 「糖尿病に邪魔をされたことはありません。むしろ糖尿病は私を鼓舞してくれました」と、ゼッターベリ選手は言う。

Madrid's Nacho on diabetes: 'I was told my footballing days were over'(欧州サッカー連盟 2017年3月3日)
Diabetes: Patients tell their stories(欧州委員会 2013年3月18日)
[ Terahata ]

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!