第3回 災害への備え -東日本大震災からの教訓-

Q. 災害時の「非常用持ち出し袋」に入れて、糖尿病の療養生活に役立つと思うもの、必要なもの

A. 患者さんのホンネ 1(全5ページ)

  • お薬手帳、診察券、補食用ブドウ糖、補食用お菓子飲み物
  • 乾パン、ブドウ糖、菓子類 (低血糖対策)
  • ぶどう糖を準備 「私は糖尿病です」とわかりやすく書いたメモを準備
  • インスリン 飲み薬・血糖値測定機
  • 健康保険証のコピー、診察券、栄養補助食品
  • インスリン注射針、ブドウ糖、自己検査用グルコース測定機、保冷袋
  • 水、食糧、PC、携帯、LEDランプ
  • 実は,それが思い浮かばずに,持ち出し袋を作れていません。もちろん,薬剤・針・消毒綿は必需品ですが,あの震災が,夜寝ている間にあれば,持ち出せる自信はありません。そうなると,たちまち困ってしまいます。やはり,経口薬と併用する必要があるのかもしれません。
  • インスリン、飲み薬、血糖測定器、血糖測定用チップ、食べ物
  • 糖尿病手帳(写し)、お薬手帳(写し)
  • 砂糖を含むもの、お薬手帳、病院の連絡先・医師名を書いた紙、携帯充電器(使い捨てタイプ)、アルコール綿
  • 水 下着 ブドウ糖 コップ 折りたたみイス
  • ブドウ糖、カロリーメイト
  • 糖尿病手帳・薬手帳・主治医の名前と連絡番号・お医者さんからの糖尿病に対する注意書・食事制限されている食べ物(緊急時に対応できる情報の確認されるもの)
  • 特に非常用持ち出し袋に薬を入れていない。食事と運動が治療の基本なので
  • 除菌ウェットティッシュ、針入れ
  • 1.ぶどう糖(低血糖対策、ビスケットなど) 2.懐中電灯(明かりがないとインスリンが打てない) 3.携帯充電器 4.ラジオ 5.電池 (インスリンポンプに必須)
  • 処方箋
  • ペットボトル(注射針や、穿刺針や、血糖測定器の電極を入れておく為)、ブドウ糖、お薬手帳、自己管理ノートと筆記用具、糖尿病連携手帳
  • 水:必需品。糖類・食糧:低血糖対策のエネルギー源。清潔な衣類:感染に弱い携帯ラジオ:情報収集。電池・LEDライト:消費電力が少ない・夜間対策
  • 1.現在の病状を示すもの:糖尿病手帳、病歴 2.常備食 3.飲み水 4.糖尿以外の常備薬 5.傷への怪我の応急手当品やタオル
  • 補食用の食料、ブドウ糖、水分、医療用品のゴミ入れ
  • 飴類(低血糖予防)、ブドウ糖、インスリン等、血糖値を上げる食べ物と飲み物。体調の維持。
  • 低血糖対策用の補食 
  • 大規模災害時への備えを全くしていないので、思い当たりません。
  • ・消毒綿・キャラメルや飴
  • ・インスリン注射に関するもの・血糖値測定に関するもの・アルコール綿・お薬手帳・過去の血糖値・血圧・
  • 薬以外では、水・ビスケット等です。市民病院に掛かっていますが、説明は一切ありません。主治医は血糖値の数値だけに執着し、数値によっては嫌味と脅迫めいた言葉だけが投げかれられます。このような不愉快な嫌な思いは私だけかと思っていたら、周りの人も同じで、皆早く担当医師が交代してくれることを患者達が望んでいます。DMに役立つ「非常用持ち出し品」・災害時の備えを、是非メールマガジンで教えて頂ければ嬉しいです。
  • 薬手帳:飲んでいる薬とその量がわかる
  • 水(薬用)、糖尿病薬、自己血糖値測定機、お薬手帳

(2013年08月 公開)

このアンケート調査は2011年5月に行われたものです。それぞれのコメントにある、HbA1cの表記をはじめ、治療指針、医療制度、保険制度、法令等は、アンケートを実施した当時の状況のものです。現在のものと異なる部分もありますが、ご了承ください。

患者さんのほんね、
医療者のホンネ

第8回 血糖自己測定の有効活用

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第7回 使用済み穿刺針の廃棄

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第6回 糖尿病患者さんの熱中症対策

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第5回 高齢患者さんの糖尿病治療

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第4回 糖尿病患者さんの恋愛・結婚・出産を考える

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第3回 災害への備え -東日本大震災からの教訓-

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第2回 患者さんと医師・医療スタッフの相性

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第1回
糖尿病の不便・不満・ストレス

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ