いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
19Unite for Diabetes その2
2007年02月
Unite for Diabetesキャンペーンとは
 昨年9月のこのコーナーで、Unite for Diabetesのお話をしました。



unite for diabetes ホームページ

unite for diabetesの署名サイト
この請願書の署名について・・・

私は国際連合の加盟国に、深刻な糖尿病と、世界中での糖尿病の蔓延に対策するための、国連決議を支持するよう願います。
  • 健康を増進するための多国間での努力が、緊急に必要とされています。
  • 糖尿病の予防、糖尿病の治療とケアのための対策を進めることが必要です。
  • 11月14日は世界糖尿病デーとして、国際連合により公式に執り行われます。
 Unite for Diabetesキャンペーンとは、「糖尿病という病気を放置すればサイレントキラーとなること」をしっかりと世界各国が認識し、糖尿病の予防や治療に対して世界各国がこぞって前向きに対策してくれるよう、国連まで話をもっていき、さらに現在糖尿病関係者の中で「世界糖尿病デー」と決めている11月14日を、国連公認の「世界糖尿病デー」として決定してもらおうというキャンペーンです(ちなみに、11月14日というのは、インスリンを発見したバンティング博士の誕生日です)。

 このキャンペーンが成功するように、キャンペーンの原動力の国際糖尿病連合(IDF)をはじめ、IDFに所属している各国の糖尿病学会や協会、糖尿病に関係する製薬メーカーがいち早く賛同の意思を表し、その後だんだんとこのキャンペーンに賛同してくれる団体、国の数が増加するようになりました。
キャンペーンへの署名運動
 このキャンペーンの賛同を募る個人レベルの署名運動もインターネットではじまっています。
祝 国連決議!!
 昨年12月の、南アフリカ連邦のケープタウンで開催された国際糖尿病連合主催の世界糖尿病会議は、まさしくこのキャンペーン一色でさらにパワーアップする機会になりました。

 それが実ったのでしょう。10日あまりの後の12月20日に、国連は11月14日を世界糖尿病デーにする決議を採択してくれたのです。

 これは長い糖尿病予防、治療の歴史、そして世界中の糖尿病患者さんにとって、快挙といえるものでしょう。世界各国の上部に位置する国連がこのキャンペーンに賛同し、そして各国に「糖尿病についてしっかりやってください」と国連から強力なメッセージが発せられたことに他ならないのです。
国連決議とは
 国連決議(UN resolution)、これは国連の決定方法のなかでももっとも重いものです。このため国連決議が採択されるためには国連に属しているほとんどの国の賛成が必要となります。

 日本のように経済力のある国はまだしも、発展途上国などは国の経済もままならないうえに糖尿病患者さんの爆発的な増加があり、今後も爆発的に増加していくことがわかっています。労働人口の低下は目にみえています。さらに国が破綻していく可能性が大きいでしょう。よって、どうしようかと迷っている発展途上国も多かったと考えられるのですが、「事情はどうであれ今の糖尿病人口をくい止める、糖尿病からくる合併症をくい止める、これしかない」と発展途上国各国が真剣に考えて決断を下し、そして国連もそれを評価しサポートするという決議になったといえます。
国連決議がどうして早くに採択されたか
 このキャンペーンの中心的人物はIDF会長シリンク教授です。昨年6月ごろからUnite for Diabetesキャンペーンがはじまり、現在、IDF憲章作成ワーキングメンバーが草案作りを進めていますが、このなかに大森安恵東京女子医科大学名誉教授、糖尿病センター前所長が「糖尿病と妊娠」、内潟が「小児、ヤング糖尿病」にメンバーとして参加しています。

 実は当初、2007年11月14日までに国連決議を!!という目標で行なっていました。しかし、うれしいことに昨年12月20日に国連決議が急きょ成就したのです。これには多くの発展途上国がこのキャンペーンに賛同してくれたことが大きな力になったそうです。
 我々は、各国の行政部署の「糖尿病に関するガイドライン」となる、IDF憲章を立派なものに仕上げる作業に、引き続き邁進します。

 IDF憲章作成ワーキングメンバーは、小児糖尿病、高齢者糖尿病、移民の糖尿病、先住民の糖尿病、糖尿病と妊娠の5チーム(1チーム6名)ですが、「糖尿病と妊娠のワーキングメンバー」が、来る2月28日に、シリングIDF会長同席のもとに、国連本部でランチタイムに会議を開き、そのなかで大森安恵先生は「糖尿病と妊娠」に関するスピーチを担当され、妊娠と糖尿病のグローバルキャンペーンに重要な役割を果たされます。

関連情報
Unite for Diabetes / 糖尿病と妊娠(大森安恵先生)

©2007 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史