糖尿病と妊娠に関するQ&A 日本糖尿病・妊娠学会
●妊娠中の注意点
Qマーク 7. インスリン治療について教えてください。
Aマーク

 妊娠中は母児の合併症を予防するために厳重な血糖管理が必要になります。食事療法を行っても前述(妊娠中の注意点Q4 )された血糖値に管理されない場合はインスリンを使用し血糖コントロールを行います。通常のインスリン療法でうまく血糖がコントロールできない場合は、インスリンの基礎量と追加量を補充する強化インスリン療法すなわちインスリンの頻回注射療法やインスリン持続皮下注入療法などが推奨されます。インスリンには作用発現時間および効果持続時間の差により多くの種類がありますので、血糖自己測定の結果を参照して適切な組み合わせを決めてもらいましょう。

 妊娠中は、インスリン抵抗性といってインスリンが効きにくい状態になるため、妊娠末期のインスリン必要量は妊娠前あるいは妊娠初期のおよそ2倍に達することもあります。しかし,赤ちゃんの異常を予防するためには必要であり、産後には減量あるいは不要になるためあまり心配し ないようにしましょう。

 使用するインスリンはこれまで、妊娠時使用の安全性に関する米国食品医薬品局(FDA )の分類に基づいて使用していました。しかしFDAは2014年12月にこの薬剤胎児危険度のカテゴリー分類を廃止し、各インスリンについて妊娠に関する記述型の添付文書を義務づけるようになりましたが、ほとんどのインスリンは世界中で妊娠中も安全に使用されていますので心配いりま せん。もし、血糖管理のためにどうしても安全性の確認していないインスリンを使用する必要がある場合には、医師から説明がありますので良く話を聞いてどうするか決めましょう。

2016年9月改訂
(岡山大学 平松 祐司)
2013年05月

●一般的概念 Q1. 妊娠糖尿病とは?
Q2. 妊娠中の明らかな糖尿病(overt diabetes in pregnancy)とは?
Q3. 妊娠糖尿病になりやすい人はどのような人ですか?

●妊娠前に注意すること Q1. いま糖尿病の治療を受けていますが妊娠できますか?
Q2. 糖尿病があれば赤ちゃんに奇形ができると聞いて心配なのですが?
Q3. ピルをつかっていますが大丈夫ですか?
Q4. 糖尿病の女性は月経不順になりやすいですか?

●妊娠中の注意点 Q1. 妊娠糖尿病はどれくらいの頻度であるのですか?
Q2. 妊娠糖尿病はどのようにして診断するのですか?
Q3. 糖尿病があって妊娠したら自分自身にどんな合併症が起こりますか?
Q4. 妊娠中の血糖値はどれくらいがいいのですか?
Q5. 食事療法について教えてください。
Q6. 妊娠中の体重増加はどの程度がよいのか教えてください。
Q7. インスリン治療について教えてください。
Q8. 妊娠高血圧症候群といわれたのですが大丈夫ですか?
Q9. 糖尿病ケトアシドーシスとはどんな病気ですか?
Q10. 劇症1型糖尿病という怖い病気があると聞いたのですが。
Q11. 糖尿病合併妊娠のときは何か特別な胎児管理が必要ですか?

●分娩時の注意点 Q1. お産は経腟分娩できますか?
Q2. 糖尿病があったら陣痛が始まる前にお産をするのですか?
Q3. お産のときにも合併症が起きるのですか?
Q4. 赤ちゃんが巨大児といわれたのですが大丈夫ですか?
Q5. 生まれた赤ちゃんにはどのような合併症が起こるのですか?

●産後の注意点 Q1. お産がすんでも妊娠中と同じ治療が必要なのですか?
Q2. 妊娠糖尿病の人はお産後も定期的な健診が必要といわれましたが本当に必要なのですか?
Q3. お産後の日常生活で気をつけることがありますか?
Q4. 育児の上で気をつけることがありますか?
Q5. 母乳を飲ませてもいいのですか?
Q6. 1回目に妊娠糖尿病だったら2回目の妊娠でも妊娠糖尿病になりますか?


色ケイ線
        日本イーライリリー
色ケイ線
2007 All copylight by The Japanese Society of Dibetes and Pregnancy
このページへのお問い合せ、ご意見はjsdp@mhlab.jpまでお寄せください。