糖尿病と妊娠に関するQ&A 日本糖尿病・妊娠学会
●産後の注意点
Qマーク 3. お産後の日常生活で気をつけることがありますか?
Aマーク  授乳後に低血糖をおこすことがあります。授乳100mLで約80kcal消費するといわれており、1日の授乳量から計算して産後の1日の摂取カロリーを450kcal程度増やしますが、それでも低血糖になる場合はインスリン注射量を減らしたり、授乳前に補食をします。お母さんは産後育児で忙しいのですが、血糖自己測定(SMBG)は適宜行い、重症低血糖や高血糖を起こさないようにしましょう。
 食事内容については、カルシウムや鉄、ビタミンが不足しないようにするのは妊娠中と同じですが、さらに野菜・水分をよく摂るようにしましょう。根菜類や水分摂取で乳汁分泌が促進され、菜っ葉類は乳汁をサラサラにします。また、飽和脂肪酸(動物性脂肪)は控えめにしましょう。飽和脂肪酸はコレステロールを増やし、乳汁が濃くなり乳管が詰まりやすく、乳腺炎にもなりやすいです。
 出産後、血糖コントロールが不良になってしまうお母さんが多いようです。それは、妊娠中頑張りすぎた反動であったり、妊娠中の緊張がなくなったためと、子育ての忙しさのために自分の血糖コントロールを気にする余裕がなくなることも関係しているのかもしれません。新しい生活に慣れてきたら、もう一度ご自身の血糖コントロールや体重が、妊娠前のレベルに戻ったかどうかを確かめてみてください。
(大阪府立母子センター 和栗雅子)
2007年11月

●一般的概念 Q1. 妊娠糖尿病とは?
Q2. 妊娠中の明らかな糖尿病(overt diabetes in pregnancy)とは?
Q3. 妊娠糖尿病になりやすい人はどのような人ですか?

●妊娠前に注意すること Q1. いま糖尿病の治療を受けていますが妊娠できますか?
Q2. 糖尿病があれば赤ちゃんに奇形ができると聞いて心配なのですが?
Q3. ピルをつかっていますが大丈夫ですか?
Q4. 糖尿病の女性は月経不順になりやすいですか?

●妊娠中の注意点 Q1. 妊娠糖尿病はどれくらいの頻度であるのですか?
Q2. 妊娠糖尿病はどのようにして診断するのですか?
Q3. 糖尿病があって妊娠したら自分自身にどんな合併症が起こりますか?
Q4. 妊娠中の血糖値はどれくらいがいいのですか?
Q5. 食事療法について教えてください。
Q6. 妊娠中の体重増加はどの程度がよいのか教えてください。
Q7. インスリン治療について教えてください。
Q8. 妊娠高血圧症候群といわれたのですが大丈夫ですか?
Q9. 糖尿病ケトアシドーシスとはどんな病気ですか?
Q10. 劇症1型糖尿病という怖い病気があると聞いたのですが。
Q11. 糖尿病合併妊娠のときは何か特別な胎児管理が必要ですか?

●分娩時の注意点 Q1. お産は経腟分娩できますか?
Q2. 糖尿病があったら陣痛が始まる前にお産をするのですか?
Q3. お産のときにも合併症が起きるのですか?
Q4. 赤ちゃんが巨大児といわれたのですが大丈夫ですか?
Q5. 生まれた赤ちゃんにはどのような合併症が起こるのですか?

●産後の注意点 Q1. お産がすんでも妊娠中と同じ治療が必要なのですか?
Q2. 妊娠糖尿病の人はお産後も定期的な健診が必要といわれましたが本当に必要なのですか?
Q3. お産後の日常生活で気をつけることがありますか?
Q4. 育児の上で気をつけることがありますか?
Q5. 母乳を飲ませてもいいのですか?
Q6. 1回目に妊娠糖尿病だったら2回目の妊娠でも妊娠糖尿病になりますか?


色ケイ線
        日本イーライリリー
色ケイ線
2007 All copylight by The Japanese Society of Dibetes and Pregnancy
このページへのお問い合せ、ご意見はjsdp@mhlab.jpまでお寄せください。