資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病と腎症 糖尿病腎症による透析患者数は10万人超
2012年10月30日
カテゴリー:2012年   糖尿病合併症 

●日本で糖尿病腎症が原因で透析療法を受けている数は10万7,985人
●人工透析の費用は患者1人当り年間約500万円
●適切な治療を受けないと、発症してから20〜30年で腎不全まで進行するケースが多い
糖尿病患者の3分の1が糖尿病腎症を発症
 糖尿病腎症は、糖尿病の三大合併症のひとつで、腎臓の機能が少しずつ低下する病気だ。腎臓は、血液中の老廃物をろ過し、尿として排泄する臓器。適切な治療を行わず腎症が進行すると、やがて腎臓がほとんど働かない腎不全になり、人工透析療法が必要となる。

 腎臓は糸球体とよばれる細小血管塊が集まった組織で、この糸球体の一つひとつで、血液中の老廃物がろ過される仕組みになっている。糖尿病腎症は、高血糖が原因となり、糸球体の細小血管に障害が起こり発症する。

 糖尿病腎症は自覚症状のないまま、じわじわと進行していく。尿タンパク検査で陽性反応が出たときには、かなり腎症が進んだ状態になっている。早期の腎症を発見するために、尿検査で微量のタンパク質(アルブミン)と、血液検査でクレアチニンを調べるのが有効だ。

  • 国際糖尿病連合(IDF)によると、糖尿病とともに生きる人のうち、病期が軽度のものを含め、およそ3分の1が糖尿病腎症を発症している。

  • 糖尿病の適切な治療を受けていないと、発症してから20〜30年で透析が必要な腎不全まで進行するケースが多い。

  • 人工透析療法の費用は高価で、患者1人当り年間約500万円が必要となる(日本では医療費の公的助成制度が確立しているので、患者の自己負担額は少ない)。

  • 腎症は心疾患の危険因子となる。検査で微量アルブミン尿が認められる早期の腎症であっても、心疾患を発症する危険性は2〜3倍に上昇する。

  • たばこは腎症の危険因子となる。禁煙しただけで腎症の進行を30%減らすことができる。
糖尿病腎症の治療を早期に開始
 糖尿病腎症を早期発見し治療を開始すれば、透析導入まで進行するのを避けられる。そのためには適切な治療が必要だ。

血糖コントロール
 糖尿病腎症の最大の原因は高血糖。血糖コントロールを良好に保つことは、腎症の予防のうえでも大切となる。

血圧コントロール
 厳格な血圧コントロールが腎症の進行を抑えるのに効果的。具体的には、130/80mmHg以下が目標となる。蛋白尿が出ている場合には、さらに低い125/75mmHg未満が目標となる。  降圧薬の種類については、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬が、腎症の進行を抑えるのに有効であることが確かめられている。その他に利尿薬、Ca(カルシウム)拮抗薬、β遮断薬、α1遮断薬といった降圧薬が使われている。

 その他に低蛋白食、禁煙、コレステロールなど脂質のコントロール、減量、適度な運動、節酒なども有効な治療法だ。

糖尿病腎症で透析を受けている患者数は年々増加
 日本では、糖尿病腎症が原因となり透析を開始する患者数が、急速に増えている。

 日本透析医学会の調査によると、最新の透析患者数(2011年12月末現在の数値)は、前年から6,340人増え30万4,592人となり、はじめて30万人を超えた。

 一方、昨年1年間の導入患者(新たに透析を導入した患者)数は3万8,893人で前年度より1,381人増加した。導入患者数は2009年、2010年と2年間続けて減少していたが、今年度は増加に転じた。

 新たに透析を導入した患者のうち、原疾患(透析導入の原因となった病気)が糖尿病腎症だった割合は44.2%(前年比0.6%増加)で全体の第1位だった。第2位は慢性糸球体腎炎で20.4%(前年比0.6%減少)、第3位は腎硬化症で11.7%(前年と同じ)となっている。

 糖尿病腎症は、原疾患については1998年に慢性糸球体腎炎との間で首位の座が入れ替わってた。患者数は年々増加しており、糖尿病腎症が原疾患で透析療法を受けている総数は10万7,985人(36.6%)に上る。腎症は治療の開始時期が遅れると進行しやすいので、早期診断・治療は非常に重要となっている。

国際糖尿病連合(IDF)
一般社団法人日本透析医学会

糖尿病腎症の詳しい情報は
糖尿病セミナー(14) 糖尿病による腎臓の病気
糖尿病セミナー(26) 食事療法のコツ 腎症のある人の食事

[ Terahata ]
カテゴリー :2012年      糖尿病合併症  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
更新情報配信中!