資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
「糖尿病と保険」エッセイ受賞者発表
2012年12月10日

 糖尿病または歯周病をもっている人向けの保険商品を扱っているエクセルエイド少額短期保険は、「糖尿病と保険」をテーマにしたエッセイを募集、3日に受賞者を発表した。当初は大賞1名、佳作3名と定めていたが、予想を超える応募が寄せられ優れた作品が多かったため、佳作を7名に増やした。
保険は心の杖 もしものときの備え
 エッセイの応募者は1型糖尿病患者が多数を占めた。1型糖尿病は、その治療が長期間にわたり、医療費の負担も比較的高額となる。治療方法の確立と普及をはかり、あわせて患者家庭の医療費の負担を軽減することが望ましい。

 そのため、18歳未満(引き続き治療が必要であると認められるときは20歳未満)の場合は、「小児慢性特定疾患」と認定され、公的補助が受けられる。

 しかし、成人した後や、成人してから1型糖尿病と診断された場合は、そうした公的補助は残念ながらない。公的医療保険が適用される以外は、医療費は自己負担が原則となる。

 糖尿病は、一度かかってしまうと、生涯付き合い続けることになる病気。短期間で治癒する病気の通院であれば、医療費は数回分で済む。しかし、生涯に治療を続けることが必要な糖尿病などの慢性疾患では、医療費の負担は大きくなる。一生付き合わなければならない病気だからこそ、それに対する充実した制度が求められている。

 大賞を受賞したかんなさんは「保険は、私と家族にとって、突然の手術や急な入院に安心してできる、心の杖です」とコメントを寄せた。

エクセルエイド大賞
かんな【千葉県船橋市】
佳作
小山祐美【神奈川県】 井口裕子【兵庫県】
川めぐみ【福井県南条郡】 仲野景子【京都府京都市】
八木知子【愛媛県松山市】 匿名希望【香川県高松市】
匿名希望【福岡県福岡市】

エクセルエイド少額短期保険

[ DM-NET ]
カテゴリー :1型糖尿病  2012年  世界糖尿病デー  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!