資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
血糖コントロールを少し改善しただけで糖尿病合併症を予防できる
2016年02月12日

 通院治療を続けている糖尿病患者の多くが、たとえ血糖コントロール目標を達成できない場合でも、糖尿病合併症を防ぎながら健康に生きられることが明らかになった。
糖尿病の治療を続ければ合併症を予防できる
 「英国糖尿病学会(Diabetes UK)や国際若年糖尿病研究財団(JDRF)などが中心となり、英国の主要な医療機関を対象に「IMPACT 2」という大規模研究が行われている。Diabetes UKとJDRFは「IMPACT 2」の最新の結果を発表した。

 研究では、通院治療を続けている糖尿病患者の多くが、たとえ血糖コントロール目標を達成できない場合でも、糖尿病合併症を防ぎながら健康に生きられることが明らかになった。

 英国の糖尿病有病者数は350万人。そのうちおよそ100万人が糖尿病網膜症による失明や、糖尿病性壊疽による下肢切断、糖尿病性腎症による腎不全などの合併症の脅威にされされている。

 糖尿病の治療を続けていれば、今後25年にわたり合併症を予防でき、9,500億円(55億ポンド)の医療費を削減できるという。

 英国の糖尿病の医療費のほとんどは、国営の医療保険である国民保健サービス(NHS)が負担している。糖尿病治療を続けていれば25年間で、2型糖尿病では87万人の患者の合併症を予防でき、7,700億円(45億ポンド)の医療費を削減できる。1型糖尿病では8万8,000人の患者の合併症を予防し、1,700億円(10億ポンド)の医療費を削減できる。
治療目標を達成できなくてもあきらめるべきではない
 英国の国立医療技術評価機構(NICE)は、糖尿病患者の血糖コントロールの目標としてHbA1c7.5%、可能であれば7.0%を目指すよう定めている。厳格な血糖コントロールには低血糖が伴うことが多いので、特に高齢の患者では低血糖を防ぐ必要がある。

 「IMPACT 2」研究の対象となった患者のおよそ3分の2は、血糖コントロール目標を達成できていなかった。しかし目標を達成できない場合でも血糖値を少し改善するだけでも、合併症を予防するために大きな効果をもたらすという。

 「糖尿病の治療を受けている人は、治療目標を達成できないとしても、決して治療をあきらめるべきではありません。たとえ医師に伝えられた血糖コントロールの数値を達成できないとしても、治療を続けることで深刻な合併症の多くを予防できます。治療の中断はもっとも避けなければならないことです」と、英国糖尿病学会のクリス アスキュー氏は言う。

 「血糖コントロールを少し改善しただけでも、2万3,000人の腎不全、16万人の下腿潰瘍と切断、5万人の視力障害を防ぐことができます。大切なのは治療を続けることが大きな成果をうみだすということです」と強調している。
合併症を予防すれば医療費の8割を削減できる
 英国の糖尿病の医療費は毎年1兆7,000億円(100億ポンド)に上り、1時間に1億7,000万円の医療費が費やされている。これはNHSの予算のおよそ10%に相当する。糖尿病の医療費の80%は糖尿病合併症の治療費で、血糖コントロールを含めた糖尿病のより良いマネージメントによって削減できると考えられている。

 課題となっているのは、治療を受けていない糖尿病患者が多いことや、治療を中断する患者が少なくないことだ。350万人糖尿病有病者数のうち54万9,000人は糖尿病の検査を受けておらず、治療を行っていないという。

 「糖尿病の治療は早期に開始することで成果をもたらします。そのためにすべての人は糖尿病の検査を受け、異常がみつかればただちに生活習慣を改善し、治療を開始するべきです。このことを糖尿病療養に携わるすべての人がプライオリティとして心にとめる必要があります」と、アスキュー氏は指摘する。

 「英国の2型糖尿病患者さんがインスリン療法を開始するのは、HbA1cが平均して9.8%に上昇したときだと分かりました。これは他の先進国の中でも高い数値です。もっと早い時期にインスリン療法を始めるべきです。また、1型糖尿病の患者さんは、2型糖尿病の患者さんに比べ、血糖コントロールが悪い傾向が示されました」と、国際若年性糖尿病研究財団のカレン アディントン氏は言う。

 「血糖コントロールを改善すれば深刻な糖尿病合併症を予防でき、医療費を削減できます。国が負担できる医療費には限界があります。糖尿病とともに生きる人たちが長期にわたって生活の質を向上できるように、社会がより良いサポートとケアを提供し、より良い健康アウトカムを得られるよう努力するべきです」と、スウォンジー大学のスティーブ ベイン教授は強調している。

Even small improvements in blood glucose levels can result in huge benefits(英国糖尿病学会 2016年2月2日)
Estimating the impact of better management of glycaemic control in adults with Type 1 and Type 2 diabetes on the number of clinical complications, and the associated financial benefit(Diabetic Medicine 2016年1月16日)
[ Terahata ]
カテゴリー :  糖尿病合併症    医薬品/インスリン  運動療法  食事療法  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!