資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
2016年、南米エクアドルでの支援活動(1) 国際糖尿病支援基金
2016年10月31日
カテゴリー:1型糖尿病   

 オーストラリアで途上国の糖尿病患者を支援する、インスリン・フォー・ライフ(IFL)オーストラリアのニール・ドナラン氏が、アイルランドのエリザベス・トリムブレ医師とともに南米エクアドルを訪れ、現地で糖尿病患者さんを支援するFUVIDA(Fundacion aprendido Vivir con Diabetes)とともに支援活動を行いました。

 国際糖尿病支援基金はこの活動に賛同し、インスリン・フォー・ライフ(IFL)、ならびにFUVIDAを支援しています。

ニール・ドナラン氏
(Insulin for Life(IFL)オーストラリア)

 2016年4月16日(現地時間)、南米エクアドルでマグニチュード7.8の地震が発生しました。 現地で糖尿病患者さんを支援するFUVIDAでは、毎年、小児糖尿病患者と医療従事者を対象とした「糖尿病サマーキャンプ」を実施していますが、今年は地震の影響により、例年のようなかたちで開催をすることができませんでした。

 そのため、FUVIDAのスタッフやアイルランドのエリザベス・トリムブレ医師とともに、主に被災地の糖尿病患者さんへの支援活動を行うために、私は7月24日にエクアドル・グアヤキルに到着しました。

 FUVIDAが持っていたインスリン等の在庫は、既に被災者救援時に使用したため殆ど枯渇状態でした。そのため、私は、大きなスーツケース一杯に、インスリンとともにオーストラリア・シドニーに拠点を置くAlere社がHbA1cを測定する携帯用の器機を寄付してくださいましたので、その測定器数台とテストチップ150回分など、糖尿病治療に必要な機材を詰めて当地に運びました。

我々はFUVIDAの診療所にて糖尿病患者へのHbA1c測定を行いました。

レポートの続きはこちら...
国際糖尿病支援基金へ ▶

関連情報

2016年南米エクアドルでの支援活動について(1)(IFLレポート)
2016年南米エクアドルでの支援活動について(2)(IFLレポート)
2016年エクアドルで発生した地震について
Fundacion Vivir con Diabetes(FUVIDA)(エクアドル)
インスリン・フォー・ライフ(IFL)(オーストラリア)
国際糖尿病支援基金

国際糖尿病支援基金は、インスリン・フォー・ライフ(IFL)オーストラリアを通じて、2008年よりFUVIDAの活動を支援しています。

 FUVIDAの活動にご賛同いただき、御参加いただける方は、下記口座(郵便局)までお振込み頂きますようお願い申し上げます。

 御協力頂きました方は、支援者として国際糖尿病支援基金の「支援者名」のコーナーでお名前を発表させて頂きますが、本名での発表をご希望でない方は、振替用紙(郵便局)の通信欄にご希望のお名前をご記入ください。

振込口座(郵便局):
口座番号:00160−3−82542
加入者名:国際糖尿病支援基金口
※通信欄へ「FUVIDA支援」とお書き頂きますようお願い致します。

[ DM-NET ]
カテゴリー :1型糖尿病      

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!