資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
サンクリストバル島で唯一人の1型糖尿病の少女 FUVIDAレポート
2017年06月22日
カテゴリー:1型糖尿病  

 南米エクアドルで糖尿病患者さんを支援する Fundacion aprendido Vivir con Diabetes(FUVIDA)より、ガラパゴス諸島・サンクリストバル島に住む1型糖尿病患者さんのレポートが届きましたので、ご紹介します。

 国際糖尿病支援基金はFUVIDAの活動に賛同し、インスリン・フォー・ライフ(IFL)を通じて支援しています。

FUVIDA(Fundacion aprendido Vivir con Diabetes)エクアドル
Aracely Basurto Calderon
アラセリー・バスルト・カルデロン氏



 ある日、FUVIDAのフェイスブックを通して、ダルレニスさんという名の少女が私たちに支援を求めるメッセージを送ってきました。ダルレニスさんはガラパゴス諸島のサンクリストバル島で、たった1人の1型糖尿病の患者さんです。

 ガラパゴス諸島は、東太平洋上の赤道下にあるエクアドル領の島々で、ユネスコ世界自然遺産にも登録されています。主には火山灰や礫に覆われており、草木もなく海鳥やヨウガントカゲのような小型生物しかいない島もあれば、ゾウガメ、イグアナ、アシカが沢山住んでいる島もあります。

 殆どの島は独自の生態系を守るため人の出入りが厳しく管理されていますが、一部は人々が生活できる島もあります。

 私はメッセージを受け取ったあとすぐに、ダルレニスさんとその家族を訪問するための資金調達に努めました。

 ダルレニスさんの生活は、エクアドルの他の小児1型糖尿病の患者さんと変わりはありません。ダルレニスさんは、ガラパゴス諸島にあるサンクリストバル島に住んでいます。島内にある保健所で診療を受けていますが、そこには糖尿病の専門医がいないため、年に一度、専門医の診察を受けるために、エクアドルのグアヤキル市に行かなければなりません。しかし、ガラパゴス諸島からの旅費はダルレニスさん一家にとって大きな経済的負担です。

続きを読む▶▶

関連記事

2017年エクアドルの糖尿病サマーキャンプへのご支援をお願いします
2016年南米エクアドルでの支援活動について(IFLレポート)
エクアドルの糖尿病キャンプ「Fundación Aprendiendo a Vivir con Diabetes FUVIDA)」発足と経緯
国際糖尿病支援基金

[ DM-NET ]
カテゴリー :1型糖尿病    

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!