糖尿病の医療費 海外の調査・統計
世界の糖尿病の医療費は年90兆円、日本は8兆円で世界第7位
Lancet Vol. 387, No. 10027, p1513–1530, 2016

 世界の糖尿病の医療費は年間に90兆円に増え、日本は8兆円に上るという調査結果を国際的な研究チームが発表した。

■糖尿病の医療費

  • 中国:18.5兆円(1,700億ドル)
  • 米国:11.4兆円(1,050億ドル)
  • インド:8兆円(730億ドル)
  • 日本:8兆円(730億ドル)

●詳細はこちら→日本の糖尿病の医療費は8兆円 世界第7位の糖尿病大国に

世界の糖尿病有病数は2億8500万人、経済負担は3760億米ドル(約34兆円)
IDF:国際糖尿病連合
 国際糖尿病連合(IDF)は、糖尿病の経済的な負担は世界全体で2010年に3760億米ドル(約34兆円)に達し、さらに数千億ドルの負担が生じると予想している。世界保健機関(WHO)は、インドと中国では糖尿病と心疾患により2005年から2015年にかけて9000億米ドル(約81兆円)の国民所得を失うと予測。

●詳細はこちら→糖尿病の脅威は途上国にも拡大 国際糖尿病連合

米国の20歳以上の糖尿病有病数は2,080万人、経済損失は15兆3,120億円
National Diabetes Fact Sheet(CDC:米国疾病予防管理センター)
  • 米国の 2005年度の糖尿病有病数は2,080万人で、全人口に対する有病率は7%と推定
  • この中で治療を受けている人は1,460万人で、未治療の人が 620万人
  • 20歳以上の成人での糖尿病有病数は2,060万人、有病率は9.6%に上り、2005年度には新たに150万人が糖尿病と診断された。成人男性の有病率は10.5%、成人女性の有病率は8.8%。
  • 60歳以上の成人での糖尿病有病数は1,030万人で、有病率は20.9%に上る。
  • 20歳以下での糖尿病有病数は17万6,500人で、有病率は0.22%に上る。若年層では、特にアメリカインディアン、アフリカ系アメリカ人、およびラテン-アメリカ系アメリカ人で2型糖尿病が増えている。
  • 糖尿病に関連する経済的な損失は1,320億ドル(15兆3,120億円/1ドル=116円)で、その中で合併症の医療費を含む直接的な損失は920億ドル(10兆6,720億円)、間接的な損失は400億ドル(4兆6,400億円)に上る(米国糖尿病学会の調査研究を基に推計)
●詳細はこちら→米国の糖尿病による経済損失は15兆3,120億円
National Diabetes Fact Sheet
糖尿病の医療費は1530億ドル 2025年には3,960億ドルに膨張し、医療費全体の13%を占める国も
IDF:国際糖尿病連合
 IDF(国際糖尿病連合)が2003年に発表した全世界の成人の糖尿病の医療費は1,530億ドル。2025年には2,130億から3,960億ドルに増加すると試算。

●詳細はこちら→世界の糖尿病の医療費は1530億ドル

糖尿病の生涯医療費は1人あたり830万円、合併症によるものが半分以上
米国全国健康・栄養調査(NHANES)

 2型糖尿病患者1人あたりの生涯医療費の平均は約830万円(8万5,000ドル)で、このうち半分以上(53%)は糖尿病合併症によることが、米国で行われた調査であきらかになった。

 調査は、米国全国健康・栄養調査(NHANES)の2009〜2010年のデータをもとに、2型糖尿病患者1人あたりの生涯の直接医療費を、年齢や性別、糖尿病合併症などの観点からシュミレートし算出したもの。

 さらに、2012年の糖尿病による直接医療費は17兆2,480億円(1,760億ドル)で、医療費以外の経済的な損失は6兆7,620億円(690億ドル)。

 また、1人あたりの糖尿病の生涯医療費は、540万円(5万5,000ドル)〜1,270万円(13万ドル)まで幅広く分布している。

●詳細はこちら→糖尿病の生涯医療費は1人あたり830万円 米調査

米国の糖尿病合併症に関わる医療費は年間229億ドル(2兆2900億円)、自己負担額は1600ドル(16万円)
The State of Diabetes Complications in America(AACE:米国臨床内分泌学会)
  • 米国の糖尿病合併症に関わる直接的な医療費は、2006年は229億ドル(2兆2900億円)
  • 糖尿病合併症のある2型糖尿病患者では、糖尿病のない平均的なアメリカ人に比べ、毎年の医療費がおよそ3倍に増加
  • 心筋梗塞、脳卒中、網膜症、腎症、足の障害などの糖尿病合併症の年間医療費は、患者1人あたり平均1万ドル(100万円)。患者の自己負担額はおよそ1600ドル(16万円)に上る
  • 2型糖尿病患者の5人に3人は、疾患に関連する深刻な健康上の問題の少なくともひとつを抱えている
  • 米国厚生省疾病管理・予防センター(CDC)が実施した「国民健康調査(NHIS)」では、2005年の時点で糖尿病の成人患者の40%は年間収入が3万5000ドル(350万円)未満と報告された。多くの米国人にとって、糖尿病の医療費の負担は深刻
●詳細はこちら→糖尿病合併症を抑制:米国のインスリンポンプ普及の背景
死因の44%は心臓病、糖尿病、肺疾患、がんなど。今後10年で約3億8,800万人が生活習慣病で亡くなると予測
Grand challenges in chronic non-communicable diseases(Nature.com)
 英国や米国、インドなどの研究者らによる研究グループは、世界の死亡原因の44%は心臓病、糖尿病、肺疾患、がんなどが原因となっており、これはすべての感染病を合わせた割合の2倍に上ると発表。今後10年で約3億8,800万人が生活習慣病で亡くなると予測している。

●詳細はこちら→3,600万人の命を生活習慣病から救おう 大いなる挑戦

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!