いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
22運動後に血糖が上昇する?
2007年05月
 インスリン治療している皆さんは、運動したあと血糖が返って上がってしまった、という経験はありませんか。
 そんなことはまったくない、下がることばっかりで、低血糖にもなってたいへんだった、という方が多くいらっしゃるでしょう。しかし、「スポーツクラブ終了した後、かえって血糖がいつも上がってしまうのだ、不思議だ」という方がいらっしゃいます。
 どう違うのでしょう。なにかが違うのでしょうか。

インスリン分泌がまだ残っている人なら

 こんなことも考えてみましょう。運動すれば血糖が下がるから、インスリン注射しなくてもいいのではないか、と考えたことはないですか。
 経口血糖降下薬に追加してインスリン注射している2型糖尿病の方やインスリン注射量が少ない2型糖尿病の方は、また自分のインスリン分泌能力がそれなりに存在しますので、運動するとき、たとえばゴルフの時にインスリン注射量をグーッと減らしたり、単位数を半分にしたりすることはよくあります。

インスリン分泌がもう枯渇した人では

 でも、インスリン注射をしっかり1日に数回注射している1型糖尿病の方で、インスリン注射量を極端に減らして運動したら逆に血糖が上がってしまって、さらに気持ちが悪くなって病院に行った、そうしたら尿ケトン体も陽性になってしまった、という方はいませんか。そこまでいかなくても、しっかり運動しているのに、いっこうにHbA1c値が良好化しなかった、という経験はありませんか。  自分の膵臓のインスリン産生能がほぼ枯渇している1型糖尿病の方は、運動するとしても、インスリンがしっかり必要なのです。

脂肪の分解、血糖値の上昇

 インスリンがなければ、運動で消費されるエネルギーを調達するために必要な血糖を、血管から細胞の中にと取り込むことができにくくなります。体は逆に脂肪を分解してエネルギーを得ようとします。インスリンがなければ血糖は血管の中に滞ったまま、かつ使用(消費)されないので、血糖値はだんだん上昇していくことになります。
 これは、1型糖尿病を発症した時と同じ状況ですね。また、現在の貴方がインスリン注射を2回ほど忘れた時に起こる現象と同じですね。
 運動している時は血糖をエネルギーとして細胞が早くほしがるのですが、血中に血糖が十分にあっても(たぶん肝臓から糖分が溶け出しはじめることも起こっていると思われますので血糖値は上昇する方向に傾く)、これが細胞内へ調達できないので、すばやく脂肪を燃やしていくことになるので、早くケトーシスの方向に体が傾いていくとも考えることができます。

運動とインスリン注射量

 運動したあとに血糖が上がってしまう1型糖尿病の方は、運動し終わるころには血中に注射したインスリンがなくなってきているといえましょう。  運動する時のインスリン注射量の減らし方は、その人その人で異なるでしょう。自分でどの程度減らせばいいか、血糖測定しながら決めていきましょう。運動後に血糖値が上がるようなら、「減らしすぎ」であるとわかりますね。

©2007 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史