いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
36日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
2008年06月
 この連載の第6回で、日本糖尿病協会のお話をしました。今回は、協会のひとつの委員会、「小児糖尿病対策委員会」のことをお話しします。そして、この委員会の活動も含め、日本糖尿病協会が小児ヤングの糖尿病のみなさんに向けて、どういった活動をしているか、委員の1人としてみなさんにお話したいと思います。
日本糖尿病協会の月刊誌「さかえ」を知っていますか
月刊糖尿病ライフ「さかえ」

糖尿病のことがなんでもわかる月刊誌です。
編集・発行:社団法人日本糖尿病協会
http://www.nittokyo.or.jp/
写真は2008年1月号(第48巻・第1号)
 もし、日本糖尿病協会とか、「さかえ」という雑誌を知らない方は、この連載の第6回を読み、また日本糖尿病協会のホームページをみてください。

 日本糖尿病協会の月刊誌「さかえ」の購読をおすすめします。いま一番新しいこと、それから糖尿病について知っていてほしいことが、毎月満載されています。1型糖尿病のことも、2型糖尿病のこともでています。いま、毎月8万部を超える部数が全国の患者さんに読まれています。

 ところが新しく受診される方に、「さかえ」という雑誌や日本糖尿病協会を知っているかとお聞きしますと、「知らない。それはなに?」という方ばかりです。

 病院に毎月かかっているからそんな雑誌は必要ないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。でも、みなさんの主治医が短い診察時間の中で、糖尿病について全部をお話しすることはまず無理でしょう。知らなかった情報が、「さかえ」の中にいっぱいあるはずです。また、新しい情報も主治医より先に知ることもできる?可能性も大いにあります。
小児糖尿病サマーキャンプを知っていますか
 全国のサマーキャンプのことを統括しているのは日本糖尿病協会で、実際にはその下の組織、「小児糖尿病対策委員会」です。サマーキャンプを開催する団体への助成金は、日本財団からの助成金とあわせて協会から出しています。

 どこでどんなサマーキャンプが開催されるか、「さかえ」の5月に掲載されます。キャンプ参加は、全国のどこのキャンプでもできます。たとえば、東京に住んでいるお子さんが、おかあさんの実家の福岡のサマーキャンプに参加するといったこともできます。

 この5月に東京で開催された日本糖尿病学会年次学術集会にあわせていつものように日本糖尿病協会総会が開催されましたが、今回は、はじめて全国レベルでのサマーキャンプ主催者集会が開催されました。全国各地で開催される協会主催のサマーキャンプの内容がどんなものか、どんなことに苦労しているか、こんなことはうまくやっていますなど、お互いに知り合うためです。

 5月24日に開催されたサマーキャンプカンファランスでは、36団体から約100名が参加。25団体が自分たちのキャンプ内容をポスター展示しました。
「ヤングカンファランス」を知っていますか
 毎年夏や秋に、このようなカンファランスが開催されていることを知っていますか。「さかえ」を読んでいる方は、もちろんご存知ですね。

 サマーキャンプを卒業した方々、またヤングになってから糖尿病になった方々のために、最新の情報とお互いに交流する機会をもとうというのが主な主旨です。これも、日本糖尿病協会主催で、前身の「ヤングセミナー」や「全国小児糖尿病ジャンボリー」も含めると、もうずいぶん長い歴史をもって開催されています。

 「ヤングカンファランス」は今年で7回目の開催となります。愛知県名古屋市にて、11月1日〜2日の日程で開かれます。800人規模の会議になりそうです。
日本の小児ヤングに対するどんな研究がいま協会主催で進んでいますか?
 日本糖尿病協会は糖尿病の啓発活動が中心ですが、調査研究にも力をいれています。小児・ヤング糖尿病関連の受託調査研究として、25歳未満の方を対象に昨年から「ドーンユース(DAWN Youth)・鈴木(万平糖尿病学国際交流)財団調査」が行なわれています。みなさんの中には、もうこの調査に協力された方も多いでしょう。

 世界糖尿病財団、国際糖尿病連合、および国際小児思春期糖尿病研究会との協力、日本糖尿病学会後援のもとに実施しています。

 この研究の目的は、糖尿病が世界各国の若い糖尿病患者さんやその周囲の人達に対してどのような影響を与えているかを明らかにするために行なっています。日々抱えている問題や負担、糖尿病があるがためにおこってくる日常生活上の問題点などを明らかにし、これらの負担をできるだけ減らすための取り組みをしたいと考えているからです。

*(社)日本糖尿病協会
http://www.nittokyo.or.jp/
「DAWN YOUTH・鈴木万平財団調査研究」について下記のページに掲載されています。
日糖協の調査研究
「小児糖尿病サマーキャンプ」について下記のページにも掲載されています。
日糖協 小児糖尿病生活指導講習会 サマーキャンプ開催のお知らせ
 結果の一部は、日本糖尿病協会のホームページ*にも掲載されていますのでごらんください。このように、みなさんに協力いただいた調査研究ですから、逐一ホームページでお知らせするようになっています。この調査結果は、日本糖尿病協会が糖尿病ケアについて厚生労働省に働きかけるとき、また日本から海外に糖尿病ケアについて発信するときの重要な資料にもなります。

 5月23日の夕方、このDAWN Youth (ドーンユース) 鈴木財団調査結果報告会が都内のホテルで行われました。詳細は後日報告できると思います。世間は若い方の糖尿病について理解してくれないと言う前に、きちんと情報を提供することがいかに大切であるかということ、これを痛感いたしました。記者の皆さんとの意見交換から、そのようなことを感じました。

 「ドーンユース・鈴木財団調査」は、2008年に入ってから、医療従事者の方々を対象に小児ヤング糖尿病患者さんをどのようにケアしているかを調査しています。

 このように、日本糖尿病協会および小児糖尿病対策委員会は、講演会などの啓発活動とともに、みなさんの協力を得て調査研究も行い、日本の医療をよりよいものにして、胸を張って世界に発信していきたいと考えています。

関連ページ
IDF青少年憲章できあがる
©2008 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史