資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
2017年ドリームトラスト(インド)の活動報告 国際糖尿病支援基金
2017年11月22日
カテゴリー:1型糖尿病   糖尿病合併症 

2017年ドリームトラスト(インド)の活動報告
 インドで現地の糖尿病患者さんを支援しているドリームトラストより、近況を報告するレポート届きましたので、ご紹介します。
 国際糖尿病支援基金はこの活動に賛同し、ドリームトラストを支援しています。
 また、当基金では皆様からの ご支援をお待ちいたしております。
糖尿病患者のインティラさんについて

 現在25歳のインディラさんは、2016年に1型糖尿病と診断され、両親と一緒に生活し ています。
経済的な事情から、インスリン治療が十分に受けられないために、両眼に急性の白内障を発症し、失明状態となってしまいました。

 そこで、ドリームトラスト代表のペンデセイ医師が、同じく糖尿病患者さんを支援する 国際糖尿病連合(IDF)のLife for Childとともにインディラさんを支援し、インスリンの強化療法を開始しました。彼女の血糖値が安定したため、白内障の手術(眼内レンズ埋め込み手術)を受けたところ、視力が完全に回復しました。

糖尿病患者のインティラさん

 視力が回復したインディラさんは、その後、ドリームトラストの就職支援プログラムにより、縫製の技術の訓練を受け技術を習得し、ミシンを与えられることとなりました。現在の彼女は、仕事を順調にこなし、自分の力でお金を稼ぐことで、家族の生活まで支えています。

糖尿病患者のインティラさん

 インドでは経済的な事情などにより、糖尿病の治療を受けることができず、悲惨な生涯を送る人たちがたくさんいます。
ドリームトラストでは、インドで一人でも多くの小児糖尿病患者さんの命を救うべく、支援活動を行っています。
国際糖尿病支援基金では、皆様からの ご支援をお待ちいたしております。


2017年 ドリームトラストの世界糖尿病デー

 11月14日の世界糖尿病デーにおいて、ドリームトラストでは、主に小児糖尿病患者とその家族を対象とした糖 尿病教育プログラムが行われ、医療従事者とのディスカッションなどが行われました。

 インド・ナグプールの教育の近代化に尽くしているNeeru夫人もこのイベントに参加し、彼女は参加者に対して、「糖尿病の子供たちが人生の目標を達成するために支障を抱くことはないのです。」と語りました。

2017年 ドリームトラストの世界糖尿病デー

関連サイト

2017年ドリームトラスト(インド)の活動報告(1)
ドリームトラスト(インド)
国際糖尿病支援基金が支援するインドの糖尿病患者さん
国際糖尿病支援基金

 ドリームトラストの活動にご賛同いただき、御参加いただける方は、下記口座(郵便局)までお振込み頂きますようお願い申し上げます。

 御協力頂きました方は、支援者としてこのホームページ上の「支援者名」のコーナーでお名前を発表させて頂きますが、本名での発表をご希望でない方は、振替用紙(郵便局)の通信欄にご希望のお名前をご記入ください。

振込口座(郵便局):
口座番号:00160−3−82542
加入者名:国際糖尿病支援基金口

[ DM-NET ]
カテゴリー :1型糖尿病      糖尿病合併症  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!