いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
57基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
2011年11月
だいぶ、ご無沙汰いたしました。すこし忙しくなりまして、なかなか落ち着いて原稿を書く時間が取れませんでした。また、気づいたことをすこしずつ、皆様と考えてみたいと思います。
 今回は、一番多くの方が行っているインスリン注射法である頻回注射法について、再度考えてみます。
基本的な4回注射法
基本的な4回注射法と書いたのは、基本的には、ということです。
 実際には、1型糖尿病の方はその日によって4回であったり、5回であったりしますので、基本的には4回法であることが多いので、と書きました。

外来で、1型糖尿病のプロ級の方に「何回注射しているの?」と聞いても、「その場に行ってみないとわからない」といわれてしまいます。血糖コントロールの上手な方は、ほとんどそうです。

単位数についても、「今何単位くらい注射しているの」と聞いても、「さあ、行ってみないとわからない」と言われてしまいます。
 ですから、きっと、血糖コントロールの上手な方は、今回書くようなことはすでに解決済みのことでしょう。

食事と食事のインターバルが6時間から7時間の場合
基本的4回注射といえば、毎食前と寝る前ないし朝の4回注射でしょう。
 この方法は、それまでの混合2回注射や混合製剤や速効型製剤を使用した3回法より、画期的に血糖コントロールしやすい方法であることには、何の疑問もありません。

ただし、食事と食事の間が6時間や7時間くらいの場合という条件の下でのみ、疑問の余地がないほどに良い方法、なのですね。

つまり、食前の超速効型や速効型インスリンが切れるころまでに次の食事をするようにすれば、うまくいくわけです。もちろん、その食事前にインスリン注射をします。

食事と食事のインターバルが8時間とか9時間、それ以上の場合
インターバルの時間があけばあくほど、次の食事前の血糖値が上昇してきます。
 1型糖尿病の方は自分のインスリンがほとんどないのでもちろん、2型糖尿病の方も自分のインスリン分泌能が低下しているほど、食前血糖値は上昇します。
 特に、夕食が遅くなるほうが、昼食が遅くなるより血糖値が上昇しがちです。

また、超速効型製剤のほうが速効型製剤より早く切れるため、インスリン抵抗性気味の思春期や20代の1型糖尿病の若者で、特にはっきりと血糖が上昇してくるのがわかります。

どうすればいい?
持続型溶解インスリンないし中間型インスリン製剤を、朝と夕の2回、朝と寝る前の2回注射する場合もあるでしょう。昼と寝る前の2回に、注射している方もいるでしょう。
 このように、どうしてもうまくいかない場合は、基礎インスリンを2回注射することも行います。これでは、基本的4回注射法ではなく、5回注射法になりますね。

昼食前にミックス50製剤とか、70ミックス製剤を使用してみるのも一考です。この場合、比率を考え、超速効型や速効型製剤のインスリン量より単位数を多くします

夕食が遅いのなら、18、19時ごろに軽く食べることも一考です。そして、追加インスリンを2から4単位くらい注射する。ないし、食べなくても速効型インスリンを2単位くらい注射しておいて、帰宅する、などといった方法も、いいと思います。


©2011 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史