34. 糖尿病とストレス
うつとの関連、QOLの障害

2002年3月 作成

監修
東北大学名誉教授 後藤由夫先生

編集
東北大学名誉教授 本郷道夫先生


今は、誰も体験したことのないストレス社会

 日本は今、社会構造の急な変化が続いています。昨日まであたり前だったことが今日はもう通用しない、といったことは日常茶飯事です。人々はつねに感覚を研ぎ澄ませ、状況の変化に対応し続ける必要に迫られています。これは強い精神的ストレスとなります。
 このようなことは糖尿病であるかないかにかかわらず、誰も同じです。ただし、糖尿病の人はストレスについて、少し詳しく知っておいたほうがよいようです。なぜならストレスは、いろいろな意味で糖尿病に影響し、また、糖尿病の人では、さまざまなストレスから、うつになる人が多いからです。

【ひとことアドバイス】考えごとは日中に。
 夕方や夜は、考えが湿りがちなものです。考えごとは、天気のよい日の明るいうちにしましょう。


ストレスが糖尿病に及ぼす影響

ストレスで血糖値が高くなる

 からだや心にストレスがかかると、血糖値を上げるホルモンが分泌〈ぶんぴつ〉される一方で、インスリン抵抗性が強くなります。このため血糖値が上がります。
    ※インスリン抵抗性:インスリン(血糖値を下げるホルモン)に対する感受性が低下した状態。インスリンはたくさん分泌されていても、血糖値が下がりにくくなります。

ストレス解消のための食べすぎで、血糖コントロールが乱れる

 ストレス解消の手段として、過食に走ることはよくあることです。お酒を飲む人なら、その量も増えるでしょう。また、イライラしていたり精神的に不安定なときには、空腹でなくても、つい手近にあるものを口に運んでしまいます。このようなことが、血糖コントロールの悪化につながります。

ストレスが原因でうつになることも

 ストレスが長引くと、誰でも気が滅入ってきます。その度がすぎて、からだも心も疲れ果てると「うつ」になります。
 糖尿病の人の多くは、家庭でも実社会でもストレスの多い生活を強いられる年齢なので、うつになりやすい状況にあります。さらに、糖尿病によるさまざまな心配や苦痛(将来に対する漠然とした不安、合併症や糖尿病の治療に伴うQOL障害〈次項参照〉など)が重なります。
 糖尿病の人の2〜3割はうつを併発しており、糖尿病以外の病気でのうつの併発(約1割といわれています)より、頻度が高いといわれています。
    ※QOL:Quality Of Life。クオリティー・オブ・ライフ。生活の質、生活の満足度、幸福度。

うつ状態では心とからだが互いに影響しあい、状況をさらに悪くする

 うつにより、ホルモンの分泌や自律神経のバランスに影響が出ます(合併症の神経障害とは異なります)。その症状は一般に「自律神経失調症」といわれるようなものです。それらの不快な症状が新たなストレスとなり、うつがよりひどくなるという悪循環が起こります。
 また、このような身体症状は、検査をしても患者さんの訴えの強さに相当するほどの原因は大抵見つかりません。このため周囲からは「気のせい」「大げさ」「怠けている」と見られがちで、その誤解が患者さんをさらに苦しめてしまいます。
 それらの結果、糖尿病の治療意欲がなくなったり、インスリン抵抗性が続くことで、血糖コントロールはより悪化してしまうことがあります。
     

    ストレスで血糖値が上がるのは大昔〈おおむかし〉の記憶?

     ストレスを受けたときに血糖値が上がるのは、かつてはそれがヒトの生存に適していたためと考えられています。
     人類の長い歴史の大半は、狩猟をしたり、猛獣に襲われ闘わなければならない危険が多い生活でした。そのような場面では、神経を張りつめ筋肉を最大限に働かせるため、エネルギー源となるブドウ糖が大量に必要です。からだは血糖値を上げるホルモンを分泌し、危険に対処します。
     また血糖値以外にも、筋肉に血液を集中させるため血圧を上げたり、怪我をした際の出血を少なくするため血液を固まりやすくしたりします。このような反応のおかげで、人類は生き残ってきたのです。
     現在では生命の危険に遭遇することはまずありませんが、逆に精神的ストレスには絶えずさらされています。ヒトのからだに組み込まれた大昔の記憶のなごりが、さまざまな現代病の誘因になっていると考えられます。
【ひとことアドバイス】不安を感じること自体は正常なことです。
 不安は状況の変化から身を守る防御反応の現れ。強い不安が長く続くときは適切な対処が必要ですが、不安に思うこと自体を隠すのは間違いです。


糖尿病3分間ラーニング 関連動画

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
  1. 糖尿病とは「基礎編」
  2. 食事療法のコツ(1) 基礎
  3. 運動療法のコツ(1) 基礎
  4. 高齢者の糖尿病
  5. インスリン療法(2型糖尿病)
  6. 血糖自己測定とは
  7. 肥満と糖尿病
  8. 小児の糖尿病(1) 基礎
  9. 薬物療法(経口薬)
  10. 糖尿病生活Q&A
  11. 糖尿病用語辞典(より簡潔に)
  12. 病気になった時の対策 シックデイ・ルール
  13. 結婚から、妊娠・出産
  14. 糖尿病による腎臓の病気
  15. 糖尿病による失明・網膜症
  16. 糖尿病と脳梗塞・心筋梗塞
  17. 足の手入れ
  18. 糖尿病による神経障害
  19. 糖尿病の検査
  20. 低血糖
  21. 食事療法のコツ(2) 外食
  22. 糖尿病の人の性
  23. 口の中の健康
  24. 動脈硬化と糖尿病 メタボリック シンドローム(内臓脂肪症候群)
  25. 糖尿病と感染症
  26. 食事療法のコツ(3) 腎症のある人の食事
  27. 糖尿病と高血圧
  28. 小児の糖尿病(2) 日常生活Q&A
  29. 運動療法のコツ(2) 合併症のある人の運動
  30. 骨を丈夫に保つには
  31. 痛風・高尿酸血症と糖尿病
  32. 糖尿病予備群
  33. 小児2型糖尿病
  34. 糖尿病とストレス うつとの関連、QOLの障害
更新情報配信中!