DMオピニオン
facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
インスリンとの歩き方
遠藤 伸司

第15回 低血糖との戦い

2017年02月

第15回 低血糖との戦い

 僕が100万円以下で買った左ハンドルのマニュアル車には、いつも炭酸入りの清涼飲料水が積んである。僕のずさんな性格からすれば、清涼飲料水は積んであるというよりも、ごちゃごちゃした愛車のどこかに転がっているというのが正しい。

 その飲み物は、もちろん喉の渇きを満たすためのものではない。運転中に、冷や汗や手の震え、はたまた意識が集中できない、いわゆる低血糖の自覚症状が出たとき用の低血糖対策である。この緊急避難用の飲料は、長いこと車に載せっぱなしになっているので、いざ飲むときにはずいぶん古くなっている。だから、炭酸は抜けているし、味も少々変わってきていて、とてもまずくなっていた。とはいえ、炭酸が抜けているので、緊急の際には、一気に飲めるというメリットはあるわけだ。

ある事件

 さて、僕は自動車のセールスをしているので、顧客の自宅や、これからお客さんになって欲しいと目論んでいる人の家や、売れた車の登録などのために、とにかく毎日車に乗る。だいたい3万kmを1年間で走行する。多い年には、5万km走り、赤道を一周したこともあった。まあ、1日あたり、100kmは固い。

 あの事件は確か夏だった。当時の愛車には、ボタンでロックを解除するような装備はついていなかったので、鍵穴に鍵を突っ込んでドアを開けて、いつものようにシートに体を滑り込ませた。すると、何か変な臭いがするのだ。見回すと、運転席と助手席の間にあるアームレストが少し汚れていた。「車上荒らしか!?」と緊張が走った。学生時代、アメリカのモーテルで、財布もパスポートも命綱のインシュリンまでが盗まれた記憶が蘇る。

 しかし、それにしてはヘンだ……。車内には荒らされた形跡はなく、肘掛が濡れ、フロントガラスも、内側から汚れていたのだった。

 何が起こったのだ……僕の車の中で……。

 僕は、脳みそが溶けそうになるくらい猛スピードであらゆる推理を巡らせた。この車には屋根の一部が開くサンルーフが付いていたので、初めは雨漏りでもしたのだろうか、と疑った。というのも、以前、僕のお客さんが、サンルーフを開けっぱなしで車を停めていたために、室内が水浸しになったことがあったのを思い出したからだ。ちなみにそのお客さんは、修理に50万円以上かかった。

 けれど、僕の場合は、サンルーフもきっちり閉まっていたし、シートまで濡れていなかった。それに上から水が垂れてきたにしては、フロントガラスについた汚れの説明がつかなかった。

 僕はおそるおそる、肘掛やフロントガラスについた汚れを手で触ってみた。ネバネバしていて、そのネバネバはかなり固着していた。フロントガラスについたネバネバの色は、こげ茶色だった。

 ある予感がした……。

 僕は、ゆっくりと首を廻し、ソーッと後部座席に目をやった。そして信じられない光景を目の当たりにした。

 なんと後部座席に置いてあった低血糖対策用の新品の500 mLのペットボトルの中身が半分以下になっていたのだ。飲み口がフロントガラス側に向けて置かれていたコーラは、車内の暑さで中の液体が膨張し、まるで爆発したようにキャップを吹き飛ばしたらしい。噴射した液体は、フロントガラスや肘掛だけでなく、オーディオやエアコンのパネルまで飛び散って、汚していた。

 以前、「車内にインスリンを置いておかないように」という警告がメーカーからあったのを思い出した。「インスリンを打つ糖尿病患者にとっては、低血糖対策用飲料の保管も、十分注意が必要である……」と僕は自虐的に自分に向かってつぶやいた。

深夜の低血糖

 当時は、いつ起こるかわからないのが低血糖だった。今のように、血糖値をリアルタイムで、点ではなく線で表示してくれるCGMやFGMなどの医療機器がない時代だった。まだ、目が覚めているときに低血糖に襲われたとするならば、冷や汗なり空腹感なりいろいろな前ぶれがあるので、僕はそのサインが出るたびに、糖質の多いものを食べたり、清涼飲料水を飲んだりして低血糖を回避することができた。

 しかし、眠ってからの低血糖だと、そうはいかない。

 深夜の低血糖に記憶がない場合、僕は翌朝、こんなふうなことに遭遇する。

 朝起きる。ベッドサイドのテーブルには、引きちぎられたチョコレートの銀紙が散らばっている。まるで、戦場で打った銃の薬莢がバラバラと飛び散っているように、必死で食べたチョコレートの包装紙があちこちに点在しているのである。

 僕は唖然とする。たしかに口の中もチョコレートの匂いがかすかに残っているし、おまけにベットのシーツにもチョコレート色の汚れがついている。たぶん・・・いや、間違いなく、無意識にベットにまでチョコレートを持ち込んで、寝ながらムシャムシャ食べたのだ。チョコレートの銀紙は、昨日の夜に低血糖を起こしたことを証明していた。

 この状況をみるたびに、「ああ、また、やっちまった」とため息をつく。

 まあ、そこまで熟睡していなかったときは、微かな記憶がある。わずかに意識がある場合は、チョコレートの銀紙を綺麗に剥いてチョコを食べて、銀紙はきちんとゴミ箱に捨ててから寝るらしい。そして、次の日の朝も何事もなかったように、ベッドサイドは整然としているのである。

 不思議なことに、寝ているときには低血糖昏睡を起こしたことはない。いつも日中、目覚めているときに低血糖昏睡は起こる。夢中でパソコンに向かって仕事をしているときだったり、徹夜で麻雀をした次の日だったり、とにかく血糖値を測るのも忘れ、「我も」忘れるくらい何かに熱中しているときに、僕は突然倒れるのだった。

 ただ、夜中に低血糖を起こすと、翌朝に体がだるいと感じることが多い。記憶があるなしにかかわらず、深夜に低血糖状態に陥ると、かなりの体力を消耗しているのだ。しかし、そんな状態でも簡単に会社を休むわけにはいかなかった。せっかく彼女もできたので、僕はナイスで、イケてて、ブランド腕時計の似合う、多忙な高級車のセールスマンでいなければならなかった。

2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した
「NGSP値」で表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。

Copyright ©1996-2017 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲
このコーナーの
TOPへ ▶