DMオピニオン
facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
インスリンとの歩き方
遠藤 伸司

第18回 糖尿病とカンセン

2017年06月

第18回 糖尿病とカンセン

 その日の体調は、だいたい朝起きたときにわかるものだ。カゼを引いたときは、家中の埃を全部吸って吐き出すような乾いた咳がゴホゴホとでるし、熱があれば体はだるい。

 そういうときには、すぐに会社を休んだ。持病をあらかじめ申告して就職した会社だったので、突然の休みでも

「1日、ゆっくり休んでいなさい」と上司は了承してくれた。

 ただ、僕の主な仕事は車のセールスだから、車を買いそうなお客さんとの面談がある場合には、カゼでもシックディでも、いやたとえ高熱を出したとしても出社はした。そして、悲しいことにカゼをひいているとインスリンを打てども打てども、僕の血糖値は200mg/dLを切ることがなかった。

湿 疹

 そんな僕には、直径2cmぐらいの赤い湿疹がよくできた。ひとつは後頭部の右下にある襟足ぐらいのところの髪の生え際と、もうひとつは、かなり恥ずかしいところではあるけど、陰毛の左上部のところだった。なんというか、この湿疹は、毛の生え際を好むように生息していた。まあ、湿疹ごときでは死にやしないから、気にしないようにはしていた。

 ただ、この湿疹、たまらないのは、風呂に入って、患部を洗って乾燥すると、ものすごく痒くなることだ。そして、掻けばフケのようなものがボロボロと落ちたし、掻けば掻くほどさらに痒くなった。まるでノミに刺されたような痒みだった。

 あるとき、湿疹をあまりに長いこと放置していたため、痒みが治まらくなった。僕はとうとう白い巨塔の皮膚科へ行った。初診だった。

「遠藤さん、どうぞ」

 最悪にも診察室から呼ばれた声は、女性の声だった。僕は思わず、身構えた。陰毛の奥にできた湿疹を、彼女でもない女性に見せるのかと思うと、卒倒しそうになった。そんな自分を悟られぬよう、僕はできるだけ作り笑いとわからないような作り笑いを浮かべて診察室に入った。

 髪の毛はボブぐらいの長さで、白衣がなんとも似合っている、綺麗な先生だった。

「今日はどうされましたか?」

 僕は、まず頭にできた湿疹について告白をした。
 「フケがすごく出て、痒いんです」僕はつぶやくように先生に伝えた。

 先生は僕の後頭部の髪をかきあげて、「あー、これですね」と言った。

「他にも痒いところはありますか?」

 まさに、僕の陰毛にも湿疹ができていることを知っているかのように女医の先生は尋ねる。

「あそこの毛にも……」

「えっ、なんておっしゃいましたか」

「いや、大事な部分の毛のところにも……」

「はあ?」

 会話を重ねるたびに、僕はしどろもどろになってしまって、おまけに声まで 小さくなった。まるで親から怒られすぎて、本当のことを言えなくなった子供みたいだった。

 かわいい白衣を着た先生は、机の上に置いてあった使い捨てビニールの手袋をはめた。そして僕は、ズボンをゆっくり脱いで、陰毛は見えて陰部が見えない程度にパンツを下ろす。

 1型糖尿病の人生が終わるまでに、僕は何回、こんなショックを経験するのか。いつもの言葉が僕の頭の中でこだました。

 女医先生は僕の陰毛をまさぐって湿疹を見た。そして、陰毛から手を放して、僕に言った。

「薬を出しておきますので、これを塗ってみてください」

「何か悪い病気にでもなったのでしょうか」

「おそらくカンセンの一種だと思います」

 カンセンが観戦ではないことぐらいわかったけれど、感染でもないだろう、と自問自答した。そうすると、どのカンセンなのか、僕はいろいろ想像しながら、パンツを上げて、そしてズボンも上げながら、チャックとベルトを閉めた。

炎 症

 頭のほうの湿疹はまだしも、陰毛の生え際の皮膚に宿った湿疹は本当にひどい湿疹だった。この状態でセックスをしようものなら、湿疹はもっと赤くなっていき、さらに痒みも増した。乾癬(カンセン)ではなく、何かに感染しているんじゃないか、と疑念は度々浮かんだ。

 だから僕は、湿疹がひどくなれば処方された薬を患部に塗った。放っておけば、あまりのかゆさに血が出るくらい掻いてしまうからだ。そして、一時的に薬が奏功して、湿疹はなくなった。ただ、本当に一時的だった。また1カ月後くらいには再発して、ものすごく痒くなった。そして、薬を塗る。これが延々と続いた。

 ただ、全身の皮膚に少しでも異変があれば、たとえそれが恥ずかしいところでも、皮膚科の医師へ相談することを僕は厭わなくなった。1型の糖尿病だけでなく、2型の糖尿病の患者さんも、皮膚の炎症には十分注意すべきである。なぜなら、皮膚の炎症には、糖尿病とも密接に関連しているものがあるのだ。糖尿病になれば、免疫力が低下するので、いろいろな細菌に感染しやすくなるし、高血糖が原因で脱水にもなりやすい。そうすると皮膚が乾燥しやすくなって、皮膚の炎症も起きやすくなるのだ。

 僕の、この皮膚トラブル(今後、違う皮膚トラブルにも襲われる)は、20年近く続いた。悪化すれば、皮膚科で貰ったステロイドの塗り薬を塗ってはいた。もちろん、薬を塗ればすぐに炎症は治ったけれど、また再発。その繰り返しだった。最後はHbA1cがよくなるにつれて、この炎症は落ち着いたように思う。

 皮膚のトラブルがあった場合には、ぜひ、ためらわずに、皮膚科へ行きましょう!

2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した
「NGSP値」で表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。

Copyright ©1996-2017 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
このページの
TOPへ ▲
このコーナーの
TOPへ ▶