DMオピニオン
facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
インスリンとの歩き方
遠藤 伸司

第20回 一生続く不安と、どう向き合えばいいのか

2017年10月

第20回 一生続く不安と、どう向き合えばいいのか

 「つまりね、1型糖尿病である、あなたの人生は、健常者の人生に比べると不安がひとつ多いのよ」

 恵比寿の飲み屋で酒を飲みながら、「彼女」ではない友人の女の子が僕に言った。気の強い子で、その日はその子の引越しを手伝わされた。駅から徒歩3分の3LDK、壁紙の白い部屋で、ブラウン管の巨大なテレビを設置したり重い家具を運んだり、と散々こき使われた。

 そのお返しに、その子のおごりで、僕らは食事をしていた。僕は車で来ていたので、向こうだけが酒を飲んでいた。

 「僕の人生を要約すれば、確かにそうかもしれない。ただね、その糖尿病の不安が、また別の不安、たとえば合併症への不安や寿命への不安も生むから、僕はいつも不安だらけなんだよな…」

 率直にネガティブな意見を返してみたが、彼女の反応はなかった。まあ、いいや。僕はうまそうな赤身の鮪をしょうゆにつけて、ペロリと食べた。僕の横では、無表情の彼女がぐいっと日本酒を飲んだ。

 僕は、もう一度、彼女にくらいつく。

 「じゃあ、君の言うひとつ多い不安と闘うために、僕はどうしたらいい?」

不安との接し方

 笑いながら彼女は言う。

 「不安は闘うだけが全てじゃないの。時には避けたり、忘れたりしたっていいのよ。昔から、あなたって何かがあれば真正面からぶつかるのが好きだけれど、真正面からぶつかるだけが能じゃないのよ。不安との向き合い方は、今後のあなたの人生に与えられた課題だと私は思う」

 同い年の女の子にこうも簡単に、僕の人生を要約され、課題まで与えられるなんて、なんだか腹がたった。

 おまえに分かるか、1型糖尿病の辛さが、と僕は心の中で呟いた。

 その女の子とは、学生時代に知り合いになった。そして、今や、その子は医師免許を取得して、ドクターになろうとしていた。

 いつも僕がネガティブになっているときに、なぜか、その子は僕を呼んでは何かを手伝わせた。ドライブに連れてけ、とか、ゴルフの練習をしているから迎えに来い、など、ありとあらゆることを理由にして僕を呼び出した。そして、最後には、いつもこうした1型糖尿病との議論に発展した。

 1型糖尿病を患っている僕は、好きな女性を本当に守っていけるのか。とか、

 低血糖を自覚できなくなる症状があるって話は本当なのか。

 誰もいないところで、低血糖昏睡が起きたらどうしたらいいのか。

 HbA1cが最近、ずっと8.5%(JDS値)を超えているけど、大丈夫なのか。

など、普段の病院の診察では話しにくい僕の未来への暗澹たる不安を、僕はいつも、その子へ話した。

 その女の子は医大を卒業したあと、耳鼻科に進む予定らしかった。なんで糖尿病内科じゃないの?と僕は反論しそうになったけれど、論戦にまた火をつけるのはやめておいた。ただ、何度もこうした議論を重ねるうちにいつしか

 健康な人より、ひとつだけ不安の多い人生なのかな、

と僕は素直に感じることができた。

車を売るための手段

 束の間の休息も終わると、また、仕事、仕事の連続だった。その上、時間がない、という強迫観念にかられていたので、本当に短時間で、たくさんの車を売らねばならなかった。だから、たくさんのお客さんに接触してみたけれど、こういう精神状態では車はもちろん売れるはずもなかった。 ある日僕は1日中バスに乗り続けて、車窓からの景色を見ながら、いろいろと営業について考えてみた。

 車の営業は、とにもかくにも、顔と名前をお客さんに覚えてもらわなければならない。そのためには、お客さんと会っているか、話している間に、いかにインパクトのある言葉を残せるか、が重要なのだ。それも、嘘をつかずに。だから、顔の黒い〇〇です、とか、会社で一番ノッポな○○です、など自分の外見をセールストークにしている先輩や同僚もたくさんいた。見栄も外聞もかなぐり捨ててのセールストークは、なかなか切れ味が鋭い。そして、そういう営業マンは、実際に車も売っていた。

1型糖尿病は武器になるのだろうか

 もしかしたら、1型糖尿病だって、使えるはずだ、と僕は閃めいた。

 初めまして、1型糖尿病の遠藤でございます。

 よし、敬語も悪くない。

 そして、僕は、このセリフを300名近いお客さんに伝えてみた。けれども、残念なことに、お客さんの心に届くようなセリフではなかったらしい。なぜなら、たいていのお客さんは、

 「あなた糖尿病なの、痩せているのに…」

 こういう反応になってしまうのだ(笑)。あまりに希少な1型糖尿病。そして、糖尿病と言われれば、僕は1型です、と必ず反論したくなるのが僕の1型糖尿病のサガ。ただ、ここで、1型と2型を躍起になって説明すれば、それこそ自動車を売ることからはますます遠ざかってしまうし、本末顛倒になるのが目に見えていた。

 その上、僕のお客さんには整形外科のドクターもいたし、開業している内科医もいた。そういうドクター達でさえ、1型糖尿病という言葉に関心をよせることはなかった。

 ただ、これを機に、使えるものがあれば、何でも使って車を売ろう!と僕は考えた。バスの中で、ボーッと流れる雲を見ながら、仕事のことをアレコレ考えているうちに、変な不安は遠ざかっていった。

 よし、もう少しがんばってみよう、そう思いながらバスのステップを降りた。夕暮れどきだったので、カラスがカーカーと鳴いていた。今日は仕事をサボってしまったという懺悔の念を抱えながら、僕は歩いて会社に戻った。

2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した
「NGSP値」で表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。

Copyright ©1996-2017 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲
このコーナーの
TOPへ ▶