糖尿病食事療法用宅配食で自宅入院 トップページへ メールマガジン無料登録
いつ宅配食を使う?宅配食への要望は?
2008年04月

2007年末に糖尿病ネットワーク上でおこなった、「宅配食アンケート」の集計結果を大野誠先生(日本体育大学大学院教授)のコメントともにご紹介します。

同じ悩みや不安を持つ人は、宅配食をどう考えているのか…そんなことが見えてくるアンケート結果です。今後、宅配食を利用するのかしないのか、その判断材料にもご活用ください。

(回答総数:352)

糖尿病患者用宅配食、カロリー調整宅配食を利用している、あるいは利用したことがある人(81人)への質問への回答です。

Q1.宅配食を利用している、あるいは利用したことがある方にお聞きします。宅配食でない食事はどうされていましたか?

A(自由回答)
・朝食は家族と同じ食事で、昼食は外食
・朝食は自炊で、昼食はスーパーの惣菜
・外食が弁当
・自分で調理
・夜の宅配食以外すべて外食
・朝食はパン食、昼は日替わりの弁当
・朝、夕は宅配食で、昼は「中食」
・朝食と夕食が宅配食で、昼は宅配食についてくるメニュー表を見て自
・昼、夕が宅配食で、朝は自炊
・平日は宅配食を使い、土、日は普通の食事
・朝食はパンで、昼食は宅配食と家庭料理との組み合わせ
・メニュー二カロリー表示のある外食店を利

その他


Q2.以前宅配食を利用していた方にお聞きします。利用をやめた理由は何ですか?

A . 食事療法のコツを身に付けたから16%
経済的に負担を感じたから43%
味に満足できなかったから41%

自由回答(一部) ・注文が面倒くさい
・メニューが単調で飽きた
・単身赴任から自宅通勤に変わったから
・食材の産地が不明で不安を感じたから
・メニュー内容と料金の差を強く感じたから

グラフ1

Q3.どのような宅配食があればよいと思いますか?

A(自由回答) .
・一品一品自分で選べるもの
・自分で献立を決められるようにして欲しい
・おかずの種類を増やして欲しい
・行事用の献立があると嬉しい
・気が向いたときにスーパーやコンビニで買いたい
・値段設定が複数あるとよい
・食材の産地もきちんと表示して欲し
・野菜をもっと増やしたメニューにして欲しい
・もっと料金を下げて欲しい
・急なスケジュール変更にも対応して欲しい
・甘いものが食べたいので、カロリーオフのデザートが欲しい
・レトルトや冷凍ではなく、弁当屋のような自家製に近いものがあればよい
・1人前以外にも、2、3人前のものもあったら家族で利用できる
・希望の時間に暖かいものが届けられると嬉しい
・見た目も味もさっぱりとしたもの
・エネルギー量の違う種類のものが、複数種類欲しい

その他


[Q1]から、宅配食の利用は「夕食のみ」で、朝は自炊、昼は外食またはお弁当という人が多いようです。「外食時にはメニューにカロリー表示がるお店を使う」、「惣菜や弁当を買うときもカロリー表示を確認する」といった工夫をされているようです。

以前宅配食を利用していた人たちへの質問では、宅配食の利用をやめた理由として「料金」と「味」をあげる人が多いようです。また、注文方法への不満や食材の産地への不安を上げる意見もありました。

一方、今後宅配食に希望することについても、全体の約27%の意見が「料金を下げて欲しい」というものでした。次に多かった意見は、メニューについてでした。「種類を増やして欲しい」「自分で選べるようにして欲しい」というものが多く、長期で利用するには現在のメニューの種類では不満を抱いている人が多いようです。


大野先生のコメント
宅配食は味やメニューの面で今一という意見が多いようですが、企業努力によって最近では味付けも改良され、メニューもかなりふえてきています。もちろん治療食ですから味付けには自ずと限度がありますが、決して満足できないということはありません。それでも不満な場合には、主食を減らして、その分サラダや野菜などを追加するという方法で調整することも可能です



※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わされるようになりました。過去のコンテンツの一部にはこの変更に未対応の部分があります。

 1日1200-1600kcalを基準にしたエネルギーコントロール食。エネルギーコントロールの必要な食事療法用に設計・開発されました。
 夕食50品目は厚生労働省・食事療法用宅配食品等栄養指針に基づいています。
詳しくはこちら
タイヘイ(株) フリーコール0120-911-030
ホームページへ(インターネットでの注文可)
 カロリーと栄養バランスを調整し塩分を制限した調理済み宅配食。 冷蔵(チルド)食品と冷凍惣菜が選べます。配送地域は関東一円と静岡県、愛知県、山梨県、福島県、宮城県の1都11県です。
 HACCPの衛生方式を用いた自社工場で製造しており、安全性にも配慮し、減農薬栽培・減科学肥料栽培による野菜を使用しています。関東を中心に毎日1万食を製造、配達しています。
詳しくはこちら
(株)武蔵野フーズ ムサシノ食品健康宅配本部
フリーダイヤル0120-016-113
ホームページへ(インターネットでの注文可)
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。