HealthDayNews トップページへ メールマガジン無料登録
たった20分の適度な運動に炎症を抑える効果
2017年01月
 適度な運動をたった20分間行うだけで炎症を抑えられる可能性が、新しい研究で報告された。この知見は、「健康によい運動は、必ずしも高強度である必要はないことを示唆している」と、研究著者である米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)准教授のSuzi Hong氏は述べている。

 この研究は、身体の「炎症」に焦点を当てたもの。傷や異物から身体を守るために免疫系が急反応すると炎症が引き起こされるが、この炎症が長く続くと糖尿病をはじめとする慢性疾患の発症につながると考えられている。たとえば、肥満では高レベルの炎症が生じ、また、炎症による動脈の傷害は心疾患の発症に関与すると、同氏は説明している。

 これまでの研究で、定期的に運動を行うと炎症が抑えられることが示唆されていたが、この詳細な機序は明らかにされていなかった。

 今回の研究で、同氏らは、健康なボランティアの成人男女47人を対象に、中強度運動として20分間のトレッドミル運動を行ってもらい、その前後で血液検査を行った。対象者のほとんどが白人で、このうち26人が男性、平均年齢は41歳であった。

 その結果、トレッドミル運動後には、炎症に関連する免疫細胞が5%減少していることがわかった。この知見が個人の健康にどういった意味をもつのか、その因果関係は明らかではないが、同氏は、「この結果は確実かつ有意な向上だ」と述べている。

 米アパラチアン州立大学(ノースカロライナ州)ヒューマンパフォーマンス研究所所長のDavid Nieman氏によると、この知見は、運動などの生活習慣と炎症について既に分かっていることを確認したものだが、「炎症はすべての慢性疾患の発症や進展に関与するため、炎症をできるだけ抑えることが重要であり、その最も有効な手段は体重管理だ」と述べている。

 また、Hong氏は、運動が身体にどういった影響を与えているのかを正確に理解することが今後の研究には不可欠だとし、「運動することで免疫や細胞レベルに変化が生じることを一般の人々にも伝えたい」と付け加えている。

 この研究は、「Brain, Behavior, and Immunity」オンライン版に2016年12月21日掲載された。

Short Stretches of Exercise May Have Anti-Inflammatory Effect

[2017年1月18日/HealthDayNews] Copyright© 2017 HealthDay. All rights reserved.

HealthDay
 「世界の糖尿病最前線」では米国で配信されている医療関連情報HealthDay Newsの中から糖尿病に関連したニュース記事を厳選し、日本語に翻訳・要約しお届けします。
HealthDay Newsの詳細へ

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶